忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/25 16:43 |
[Review] Vフォー・ヴェンデッタ
Vフォー・ヴェンデッタこれまた衝撃的な映画ですね。一部のマニアックな鑑賞者うけするような、好き嫌いが分かれそうな映画ですが、物語の筋は通っているので、僕は割りと好きな方です。もちろん、ナタリー・ポートマン好きにもお勧め。坊主にされるシーンを凝視できればの話ですが(笑)


また、同時にこの映画には答えが無く、正解も無く、考えさせられる映画でもあります。
舞台は近未来のイギリス。様々な策略によってイギリス国民が仕組まれ、半ば洗脳作戦の如く独裁社会へと発展していく。平和を維持する統治とは裏腹に、暴力と絶対権力によって人々を粛清していくが、そういった『国家の陰謀』に立ち向かっていく存在"V"が、やがて人々の心を揺さぶり、人々の本来の望む方向性へと導いていきます。

が。
結局のところ、その"V"も、事の発端は『国家の陰謀』に対する復讐であり、その手法が暴力であること。正義を唱える言葉の力を声高に掲げながらも、自己満足の為に復讐劇を繰り広げ、ロンドンの市街地を血の海にしたこと。
暴力における独裁社会に対抗するのには、結局のところ『暴力』でしか成し得ないのか。
『DEATH NOTE』のような、世の中の悪を鎮めるために、凶悪犯を次々に殺していくのと同じように。

けれど、"V"は決して「自分について来い」とは一言も言わなかった。ただ、自分の主張の正当性を唱えたものの、絶対に同意させるようなことはしなかった。
きっと、自分の行動が『独裁社会』のそれと何ら変わらないのは、"V"自体も分かっていたのでしょう。けれど、独裁者と『同じ』にならないために、独裁者のような『堕ちた人間』にならないように、というのが、せめてもの彼の復讐劇に対する流儀なのかもしれません。


もう一つ、この映画で主張したいメッセージとすれば、『恐怖』に対抗できる『力』。
それも『暴力』の意味ではなく、『意思』の力として。

『政治』も『象徴』も、ただそこにあるだけでは何の意味もないし役にも立たない。それに平伏す、もしくは崇める国民が存在する事で、初めて『政治』も『象徴』も意味を為すんだと思います。僕は、これまで意味づけ論的な授業を受けたりとか、論文を読んだりとかしたことがありませんが、本来無意味なものに意味をつけるためには、無意味なものを見る『眼』が必要なんだと、この映画では感じました。
その手段として、恐怖政治だったり、独裁だったりしますが、それは『政治』や『象徴』を無意味にしないための手段でもあり、それらを行使する独裁者達は、『無意味化』を恐れて行使しているんだと思います。
この映画のキャッチコピーで言う、「人々が政治を恐れるのではない、政治が人々を恐れるのだ」とは、正に言いえて妙ですね。

ナタリー・ポートマンの役どころは、そういう『現代社会』にも通用する、『恐怖』に対抗する『力』を演じている、そして、本当の『自由』を手に入れるためには、国民一人一人が、その『力』を身に着けていかなければならない、ということを投げかけている、そういう風に思えます。

拍手

PR

2006/04/22 23:03 | Comments(0) | TrackBack(3) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
あらすじ第3次世界大戦後、独裁国家と化した近未来の英国。テレビ局で働くイヴィー(ナタリー・ポートマン)は絶体絶命の危機に見舞われたところを”V”と名乗る仮面の男(ヒューゴ・ウィーヴィング)に命を救われた。”V”は、恐怖政治に抑圧された市民を暴君の手から解放...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2008/02/17 23:36
 『自由を! 永遠に!』  4/22公開のコチラの映画の試写会に行って来ましたぁ〜♪ナタリー・ポートマンがスキン・ヘッドにしちゃったり、ヒューゴ・ウィーヴィングが徹頭徹尾仮面を着けての出演、ウォシャウスキー兄弟の最新作など話題も盛りだくさんの映画ですね。 ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/12/25 21:34
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ま~たアメコミ映画かぁ・・・とか、何かよく分からない格好悪い仮面着けてる なぁ~・・・とか思って、あまり期待もせずに観たのですが・・・ いやいやいや、アメコミと言っても、どー観ても子供向きではないんですけど。 日本で言えば「週刊少年ジャンプ」じゃなくて「ヤングジャンプ」向け、みたいな? 全体的にダークで内容的にも政治色の強い作品でした。 で、これが中々面白いんですよね~。 やたら仰々しかったり、遠回しだったり、哲学的だったりする台詞の...
ぶっちゃけ…独り言?| 2006/09/10 05:34

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<遠く 遠く | HOME | [Review] リバティーン>>
忍者ブログ[PR]