忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/26 15:49 |
[Review] ライフ -いのちをつなぐ物語-
ライフ -いのちをつなぐ物語-生命とは、生きることとは     

連綿と続くこと。親から子へ、またその子へ。紡がれていく系譜。守り、慈しみ、共に歩む。
知恵と勇気を振り絞ること。立ち止まれば、たちまち捕食される。立ち止まれば、獲物を取り逃がす。未来への活力のために、出来る限りの力を懸命に出し尽くす。
時に残酷であること。甘い香りは獲物をおびき寄せるため。自分の子孫を残すための、勝ち残りを賭けた戦い。油断は己の身を破滅に追いやることもある。

そんな、微笑ましくて、優しくて、残酷で、厳しくて、でも気高く躍動感溢れる。そんな、何百万通りの物語が、これまで、今日も、そしてこれからも、地球上で綴られている。本作は、そんな作品です。


『デープ・ブルー』や『オーシャンズ』、『earth』など、ネイチャー系の作品はこれまでにも多く公開されております。これまでの作品は、地球上に生きる生き物の生態や行動を、ダイナミックに撮影したものが多かったと見受けられました。逆に(ちょっと穿った視点で)申し上げると、そのダイナミックな撮影が、生き物のダイナミックさを『感動の押し売り』のように感じられる部分もあります。生き物の生態や行動というのは、その全てが躍動感溢れるわけではありませんから。

その点で本作は、『懸命に生きる』ということを前面に打ち出した作品であると思います。生きるためには、食べること。食べるということは、獲物を狩るということ。狩られる方も生きたいから、懸命に逃げる。知恵を出し合い、出し抜き、巧みに攻め、巧みに躱し、巧みに操り、時に罠にはめる。それもまた、『懸命に生きる』が故。
同時に、『懸命に生きる』ことへの生命の本能は、繁殖すること。自分の遺伝子を、分身を、血を、後世まで持続していくこと。そのために、愛し、戦い、勝ち得、子供を産み、そして育てる。捕食だけではなく、繁殖でも、世界は弱肉強食。種として、より強い個を後々までに残していくために、今日も世界のどこかで仁義なき戦いが繰り広げられる。一見、美しい舞いやほのぼのとした様子も、戦いや駆け引きの一つ。決して、人間の世界だけのシステムではないことを知らされる瞬間です。


そんな作品だからなのかもしれませんが、他のネイチャー作品と比較して、音楽面でも同じことが言えるのではと思いますが、割と淡々としており、ダイナミックさはそれほど感じられません。その代り、動物の視点で、目線で、マクロの撮影が多用されています。特に、虫のドアップや捕食のシーンが多くありますので、苦手な方はご用心を。
また、日本版として、ナレーションに、松本幸四郎、松たか子親子が起用されているのも、『生命の連綿とした系譜』をテーマとしているからなのかもしれません。こと、ネイチャー系の映画は、人間の所業に対する反省と持続可能な世界の形成を、さも黙示録の流布のごとく説かれていることがありますが、思ったほど説教臭くなかったと思いました。淡々としていますが、両者とも柔らかな口調と声ですし、個人的には好きです。
少々、お子様には残酷なシーンもありますが、人間以外の生物の、動物園では見られない懸命に生きる姿を観る上では、格好の題材ではないかと思います。

拍手

PR

2011/09/01 22:26 | Comments(0) | TrackBack(12) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
内容が気になったので見ることにしました。 2011年位イギリスで作られた生き物のドキュメンタリー ナレーションは松本幸四郎・松たか子 二人が交代で進めてく形でした。 全大陸にわたる十八カ国・二...
単館系| 2011/09/17 21:59
ライフ―いのちをつなぐ物語― ★★★★☆(★4つ) 初の東京独女スタイルさんからの招待で行ってきました!ありがとうございます! 動物苦手なくせに、何だかんだで、「アース」や「オーシャンズ」も劇場で見てて、今回も大スクリーンで鑑賞です。 ちなみにホラーは苦手だけど、生き物の弱肉強食の殺し合いは大丈夫です。 毎回落ちちゃいそうになるのですが(苦笑)今回は、驚きのあまりあっという間の90分でしたとなりのおばちゃんも関心してた!! どうやって生き延びるか、子孫を残すか・・・。ほんとよく考えている。そ...
食はすべての源なり。| 2011/09/16 10:03
映画「ライフ -いのちをつなぐ物語-」観に行ってきました。イギリスのBBCが製作したドキュメンタリー映画作品。この映画は、世界各国で生息している様々な動物の変わった生態...
タナウツネット雑記ブログ| 2011/09/15 08:54
「ライフ -いのちをつなぐ物語」★★★☆ マイケル・ガントン、マーサ・ホームズ製作 松本幸四郎&松たか子による“父娘”ナレーション 88分、2011年9月1日公開 2011,イギリス,エイベックス・エンタテインメント (原作:原題:ONE LIFE) →  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 9/4付け最新ランキングでは「ライフ -いのちをつなぐ物語」は 初登場1位を獲得、公開4日で30万人の動員を記録した。 最終的に20億円くらいの興業成績となりそう。 今また改めて...
soramove| 2011/09/14 07:24
『ディープ・ブルー』や『アース』同様、BBC製作のネイチャードキュメンタリー映画です。 製作期間6年、総製作費35億円、撮影されたフィルムは3000時間分、という気の遠くなるような規模で作られていますが、最初はTVシリーズとして放送し、それを再編集して劇場用映画に仕立てるというやり方も過去のネイチャードキュメンタリー映画と同じです。 最初のうちは珍しい映像が見られる、という興味で喜んで見に行っていたのですが、ネイチャードキュメンタリーもこう毎年のように新作が公開されると有難みが薄れ、やや食傷気味。...
【徒然なるままに・・・】| 2011/09/13 21:42
ミスチルの「蘇生」聞くと脳内でコイツが走る。(笑) もともと、映画館で予告を見るたびに見たいみたいと思ってたんだけどね。 あの映像はどうやって撮影したのかってのを 小出しに小出しに「とくダネ」で見てしまってたもんで 実は新鮮味がなかったのな。 逆に撮影秘...
ペパーミントの魔術師| 2011/09/12 11:57
□作品オフィシャルサイト 「ライフ いのちをつなぐ物語」□監督 マイケル・ガントン、マーサ・ホームズ □ナレーション ダニエル・クレイグ □日本語版ナレーション 松本幸四郎、松たか子■鑑賞日 9月1日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆...
京の昼寝〜♪| 2011/09/12 08:09
大自然の中で生きるために生きている生き物達のありのままの姿に感動した。知っていたことも、初めて知ったことも、すべての映像が興味深くて引きこまれ、昔で言うなら(昔でなくても)「文部省推薦」なんて宣伝文句
たいむのひとりごと| 2011/09/11 21:40
超ハイスピードカメラを駆使して撮影された、地球に生を受けたさまざまな動物たちの生きざまに迫る驚異のドキュメンタリー。アザラシやチーターなどの動物をはじめ、ハネジネズミやカイツブリなどの珍しい生き物たちが必死に知恵を絞って命をつなぐ姿を追い掛ける。イギリ...
だらだら無気力ブログ!| 2011/09/11 19:31
いろいろあって映画など観に行く気分ではなかったのですけれど、じっと丸まっててもネ
はらやんの映画徒然草| 2011/09/10 20:33
スケールの大きいネイチャー・ドキュメンタリーの秀作。人間もまた大自然の一部なのだと改めて教えられ、謙虚な気持ちになる。「ディープ・ブルー」や「アース」などを手がけたB ...
映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評| 2011/09/10 19:31
そう製作費35億円で地球規模のロケを敢行、撮影日数のべ3000日という脅威のドキュメンタリーフィルムだ。地球上に生を受けた動物・植物全ての生きとし生けるものが命を繋ぐ姿に密着している。超ハイスピードカメラで撮影された映像は驚嘆の一語だ。日本版ナレーションを松本幸四郎と松たか子父娘が担当している。
LOVE Cinemas 調布| 2011/09/10 10:15

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] はやぶさ/HAYABUSA | HOME | [沖縄] 南国の強さとしなやかさ - 後編>>
忍者ブログ[PR]