忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/28 14:29 |
[沖縄] 南国の強さとしなやかさ - 前編

本日の沖縄は、晴れ、気温は30度です

というキャビン・アテンダントさんのアナウンスを聞いて、「ああ、沖縄って、東京と同じくらいかな」と油断していたのも束の間、照りつける太陽の下で思い知らされたのは、暑さよりも湿度の高さ
そう、沖縄は亜熱帯。湿度が低めのところから来た人からすれば、常時サウナ状態と言わんばかりの、不快指数たっぷりの気候なのです! 初の沖縄上陸における洗礼。お越しの際は、是非、通気性のよい服装でどうぞ。でないと汗で服がへばりつき、より一層不快になること請け合いですから。

しかし、そんな不快指数を吹き飛ばすくらい、目の前に広がるのは亜熱帯ならではの植物と真っ青な海! 本州の海岸でも、味わえるのはほんの一部という真っ青な海の魅力に、多くの人が取りつかれるのも無理はありません。中には、半年で3回も沖縄に足を運んだ人もいる、というのも頷けます。
とはいえ、今回の旅は、世界遺産『琉球王国のグスク及び関連遺産群』をはじめとする、沖縄の史跡・戦跡を見るための旅。本土では見ることが出来ない、南国ならではの独特の文化や遺産はもちろん、『南国』であるがゆえに押し付けられた凄惨な過去を、この目で見、感じることが出来たと思います。


今帰仁城跡 - 一 今帰仁城跡 - 二 今帰仁城跡 - 三



まず訪れたのが、『琉球王国のグスク及び関連遺産群』の最北端、今帰仁城跡。琉球王国に滅ぼされる前の三山時代の、北王が居城。
城を囲うように張り巡らされた堅牢な城壁のみが往時の繁栄を忍ばせ、大庭(ウーミーヤー)は、木々の根で覆われ、王の坐す主郭も、今は草で覆われていました。松尾芭蕉が、朽ち果てた平泉を見て、「夏草や 兵どもが 夢の跡」という句を詠んだのと同じように、もしここに来ていたら、同じ句を詠んだのかもしれません。
その一方で、志慶間門郭(シジマジョウカク)や御内原(ウーチバル)から臨む東シナ海の海は絶景! 茹だるような蒸し暑さを忘れさせるくらいの、真っ青な海が、眼前に広がりました。晴れていたからかもしれませんが。
そして、平郎門と大庭を結ぶ七五三の階段のには、寒緋桜が植えられていました。咲く頃合いが1月~2月ということですので、冬に訪れても、違った様相の今帰仁城跡を楽しむことが出来るかもしれません。


おきなわ郷土村 伊江島を臨む ジンベエザメ



今帰仁城跡の次は、遺跡・戦跡とは全然関係ないのですが、それでも沖縄に来たなら一度は見ないとね、ということで、『沖縄美ら海水族館』のある海洋博公園へ。今帰仁城跡から車で10分くらいのところなので、バス観光の方でもセットで訪れることができます。
当初、水族館のみが立地にあるとばかり思っていたのですが、水族館は海洋博公園の一部で、公園内には、海にまつわるエリアだけでなく、沖縄の郷土や歴史、植物を知ることも出来る、複合的な施設だったのですね。やはり単一の情報を片手にするだけでは、現地の面白さというものは分からないでしょう。

沖縄美ら海水族館』の入り口には、もはやこの水族館の代名詞にもなっている『ジンベエザメ』の銅像がお出迎え。中に入り、各スポットも確かに人気がありますが、やはり何と言ってもジンベエザメやマンタが泳ぐ大水槽が大人気。マグロなどの回遊魚と違って、大人しくゆっくり泳ぐため、たくさんの人がジンベエザメを前に、写真撮影していました。

水族館を見て回った後は、エメラルドビーチでちょっと一休み。関東近辺では滅多に見ることが出来ない海と空の青さに、心も体も癒されます。今回の旅が海水浴目的でないとはいえ、やはり僕も、沖縄の海の虜となりました。まだまだ、沖縄にはあまり人には知られていない地形や自然、かつての琉球王国の名残がそこかしこにあり、その全てを回ってみたいと思いつつも、同時に、沖縄の海をダイビングで満喫したい、と思った次第です。




『沖縄県』の写真についてはこちら

拍手

PR

2011/07/23 22:18 | Comments(1) | TrackBack(0) | Outdoors

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

写真きれいですね~~!!
僕はあまり彩度が鮮やかな写真て撮ったことなかったんですが
Cyberさんの写真見てたら、鮮やかな写真をとってみたくなりました!!

沖縄またいきたいなぁ。。。
Cyberさんもダイビングするんですか??
posted by D15at 2011/08/24 20:57 [ コメントを修正する ]
Re:イイナ。オキナワ
D15様。お久しぶりでございます。
色々なところに自由に行き来できる機会も少なくなるだろうと予見する中で、どうしても行きたいところの1つとして、沖縄を選びました。今回が初上陸なんです!

写真は編集の賜物です(汗)。コンパクト・デジカメでの撮影なのですが、最近は撮影の表現力に少々限界を感じてきました。一眼レフの購入を検討しております。

ダイビングはやったことがないのです。ただ、海の中の神秘世界にぜひ触れたいと思っていますので、ダイビングの資格を取ろうかなと画策中。ここにきて、挑戦事項が増えております。
2011/09/02 09:30

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[沖縄] 南国の強さとしなやかさ - 後編 | HOME | [Review] コクリコ坂から>>
忍者ブログ[PR]