忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/20 06:35 |
[Review] There Will Be Blood
There Will Be Blood『神をも恐れぬ人間の傲慢』     

子供の頃、何らかの悪さをすると、「お天道様が見ているよ!」とよく祖父母に叱られたことがあります。お天道様とは、所謂神様であり、悪い行いは全て神様はお見通し、その悪さに対する罰が下される、というこを意味します。また同時に地元のコミュニティが見ている、ということを意味します。近所付き合いが密で、お互いが助け合っているコミュニティの中では尚更の事、悪事をしても見張られ、するにも出来ません。
しかし、その悪事の規模や残酷さによっては、近所付き合いなど脆くも崩れ去ってしまうこともあります。恐ろしくて手が出せない。恐怖心を植えつけた張本人は、さぞかし有頂天な気持ちになるでしょう。かつて悪事をすれば、誰かが見ていて、誰かが叱った。しかし、そんな者はどこにもいない。どんなに悪事を働こうとも、罰を与える存在はどこにもいない!

膨張した人間の傲慢が行く末は、一体何なのか。この作品も、根底の底は同じような感想を持ちました。
しかし結局のところ、人の傲慢による『業』を成した見返りは、決して全て良いものではない。事業も拡大し、順風満帆な生活を送っているかに見えても、本人には一切の笑みは無く、どこか怯えた表情で毎日を過ごす。それまでに失ったものも数多くあるでしょうに、それが掛け替えの無いものとは気づかないのか、それとも気づいている振りをして無視しているのか、自分の『利』となるものの前では、全てが塵芥と化す。たとえそれが息子であろうとも、彼にとっては重要な働き手にすぎない。お金を生み出す道具にすぎない。

灰色に染まった心は、まるで今の物に溢れた世界に住む人々のよう。いや、今に限らず、神をも恐れぬ傲慢を持つ人間は、昔から多くいたのかもしれません。この作品は、その最たる例として取り上げた題材ではないかと思いました。だって、もうすぐ枯渇するかもしれない、代替エネルギーの開発を急がねばならない、地球環境に優しいエネルギー源を確保しなければならない、そんな風潮の世の中であるにもかかわらず、今も尚、『石油』の覇権争いは、世界規模で行われているのですから。


作風は、戦前や戦直後の画風、フィルム・ノワールというような感じでしょうか。割と淡々に進み、緩急もあまり無いので、刺激を求める方にはお勧めできない作品です。まぁ社会派ドラマですし。
それに、作品そのものから、「決して観客は、主人公をはじめとするキャラクター(ほぼ全員)とは相容れない」という感じが滲み出ています。エンターテインメントを追求する作品であれば、主人公(もしくは主人公側のキャラクター)の気持ちになって鑑賞、というのもありますが、この作品は正に真逆。決して相容れてはならない、受け入れてはならないというオーラが出ています。
そもそもが、「決して他人を信用してはならない、他人は自分の『利』の為に利用するもの」という主人公の意気込みそのものからでしょう。

拍手

PR

2008/05/23 23:53 | Comments(0) | TrackBack(6) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を観ました『マグノリア』『パンチドランク・ラブ』のポール・トーマス・アンダーソン監督の最高傑作との呼び声も高い、石油採掘によってアメリカン・ドリームをかなえた男の利権争いと血塗られた歴史を描いた社会派ドラマです>>『ゼア・...
おきらく楽天 映画生活| 2009/08/02 21:58
欲望と狂気の「石油屋」ダニエル・プレインヴュー
悠雅的生活| 2008/11/29 23:58
あらすじ石油ブームに沸く20世紀初頭のカリフォルニア。鉱山労働者のプレインビュー(ダニエル・デイ=ルイス)は石油が沸く源泉があるという情報を耳にする。息子(ディロン・フリーシャー)とともに石油採掘事業に乗り出すが・・・。感想石油屋VS宗教家勝つのはどっ...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2008/11/20 03:53
ポール・トーマス・アンダーソン監督作品の「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」を観た。 19世紀末、ゴールドラッシュに沸いたニューメキシコ州。ひとりの男が地面を掘っていた。男はひとりですべての作業をこなしていた。 ある日、坑道を墜落した男は、意識を取り戻してす...
MESCALINE DRIVE| 2008/11/04 00:51
「パンチドランク・ラブ」や「マグノリア」「ブギーナイツ」の作品で知られる米国の監督、ポール・トーマス・アンダーソン(PTA)が2007年、アプトン・シンクレアの原作「石油!」を映画化した大河ドラマ「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(=血は流れるだろう、米、158分)。本作は、PTAのこれまでの作品とは異なり、″遊び″がなく、真剣にテーマに挑んだ印象を受ける。まるで、往年の名作「ジャイアンツ」を彷彿とさせるようなオーソドックスな撮り方である。また、エンド・クレジットで彼が師事したロバート・アル...
シネマ・ワンダーランド| 2008/09/03 01:39
 『欲望と言う名の黒い血が 彼を《怪物》に変えていく…。』  コチラの「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」は、4/26公開となった欲望にとりつかれた人間の悲喜こもごもを描いたPG-12指定のヒューマン大河なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  NY、LAの批評家協会賞で...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/05/31 20:44

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] シューテム・アップ | HOME | [Review] ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛>>
忍者ブログ[PR]