忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/18 10:04 |
[Review] L - change the WorLd -
L - change the WorLd -何か違うのよねー。私が思い描いていたLとは。

と仰ったのは、2006年に公開された映画『デスノート(前編/後編)』を観賞した時の先輩(♀)の言。僕と同様に原作をこよなく愛していらっしゃるので、映画化に際しては、一抹の不安は拭いきれてはいなかったようです。先輩(♀)曰く、思っていたよりイメージに近いLらしかったのですが、2時間30分という短い枠内で演じる、というのがやはり無理だったのか、上記のような発言が出たのかもしれません。
僕としては、『デスノート(前編/後編)』の松山ケンイチ演じるLは、割と良かったと思います。やはりどこかで人ならざる匂いを醸し出しているキャラクターを演じる、というのは、ものすごく難しかったんだと思いますけれど、彼は彼なりのイメージを以ってLを演じ、十分それが伝わりました。「原作に忠実に」というより、「映画ならでは、松山ケンイチが演じるならではのL」というイメージでしょうか。これはこれでアリだと思いました。

が。
今回の映画は、物語は別として、僕の中のLのイメージを根底から崩された感が否めません……

アクションを演じるLはLじゃないっっ!!

確かに「映画ならでは、松山ケンイチが演じるならではのL」なんですけど、原作からかなりかけ離れているような気が…
先輩(♀)の言も、あながち理解できないわけではないと思ったのです。

まず、正義感出しすぎの熱血すぎ。そりゃ、これまでのアクション・ヒーローからすればかなり脱力系ですが、おおよそLらしくない熱血振りを発揮しています。
そもそも、Lの興味の矛先は、これから死ぬかもしれない人を救うより、その根源となる悪を潰す事。人の生命が最優先とはいえ、Lは何よりもその根源を如何に消すか、つまりはその根源とどのような勝負を仕掛け、そしてその手で捕まえるかに専念します。傍から見れば、本当に正義の味方なのか、もしかしたら悪なんじゃないか、と思ってしまうような、『偏りがほとんど見られない』ところに、Lらしさがあるんだと思うのです。
今作では、早々に犯人の一味が分かってしまったということもありますが、人の生命に第一優先して行動しています。やはりキラ事件で、自分の勝負ポリシー云々より、人命の尊さに目覚めたのでしょうか。

次いで、自分で動きすぎ。
Lの手法といえば、モニター越しで顔を見せず声を変えて指揮を執る。実際の現場で事件を解決するのは、Lの指揮の下で動く法執行機関の捜査官でした。しかし、状況が状況だからか(ワタリは『デスノート』の後編で死んだし、今回の事件の首謀者は、Lを良く知る人だからなのかも)、Lが自分で動くことに。
『あまり動かないL』というイメージが強い人には、後半の方で繰り広げられるLの行動のシーンには、しばし唖然とする方もいらっしゃるのでは。原作にはない、映画なんだから、と、自分に無理矢理納得させようとしますが、やはりどうも難しかったみたいです。


というわけで。
今作は、『デスノート』のイメージを全部(でなくてもいいですけど、でも大半は)捨てて、全くのオリジナルの映画として鑑賞されることをお勧めします。勿論、『スピンオフ』という概念も無くして、です。物語の展開自体はそんなに悪くはありませんので(無理はありまくりですが)。
ただ、少々スプラッター・ホラー要素が入っておりますので、その部分はご注意を。あと、悪役(の脇役)の演技があまりにもベタだということに、一部戸惑いがあるかもしれません。

何より、Lとしての最後の仕事が、自分で考え、自分で指揮するのではなく、多くの人の力を借りて成し遂げた、ということ。広義の意味で『人の力を借りる』といえば、原作でもそうなのですが、今作の映画では、それぞれのキャラクターがLと平行の立ち位置で問題解決を試みようとしています。原作にはほとんど見られなかった、「皆と協力して解決していく、世界を変えていく」という姿勢が見られた、という意味では、良かったと思います。

拍手

PR

2008/02/11 11:50 | Comments(0) | TrackBack(31) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 実写版のデスノートは面白かった ▼感想 実写版デスノートファンへのプレゼントであって・・・ ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ 名前を書かれた人間は必ず死に至る“デスノート”を駆使して犯罪者を粛清、新世界の神になろうとした“キラ”こと夜神月の野望を阻止するため、天才的な頭脳で応戦したL(松山ケンイチ)だったが、キラ事件の解決には、Lにとって多くの代償が伴った。そんなLの前に、彼自身が解決しなくてはならない難事件が立ちはだかった。 ▼コ...
新!やさぐれ日記| 2009/06/10 07:53
あらすじキラ事件解決の代償として唯一無二のパートナーワタリを失い、自らもデスノートによる究極の選択をしたLの下に、突如消滅したタイの村でただ1人生き残った幼い少年がワタリへのメッセージを携えて送られてくる。そしてもう1人、亡き父親からあるものを託された...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/01/20 07:08
2008年:日本 原作:大場つぐみ/小畑健 監督:中田秀夫 出演:松山ケンイチ、工藤夕貴、福田麻由子、南原清隆、福田響志、佐藤めぐみ、平泉成、鶴見辰吾、高嶋政伸、金井勇太、石橋蓮司、藤村俊二 キラとの壮絶な頭脳戦の末に倒れたLの「最期の23日間」。最も信頼す....
mama| 2008/07/17 15:18
 DEATH NOTEがとてもおもしろかったので、期待大のL Change the WorLdを観に行くことにしました。
よしなしごと| 2008/03/05 22:16
久々に映画を見る時間が取れたので見てきました~撚 はい鍊 よかったです烈 (デスノートの主役(だよね?)藤原竜也より目立っちゃったね) タイの子供・うさぎの甥っ子に激似。。。嶺 所々。。。う~ん。。。𕾮と思..
ちわわぱらだいす| 2008/03/05 02:18
こんにちは〜。久々に熱を出してしまい、月曜火曜とお仕事休んでしまいました><※弱音のところは、非公開日記の方へ移しました〜^^;映画「LchangetheWorLd」について書いてみようと思います^^「感想は、ホント人によって分かれそうだな〜」と感じました。・「DEATH...
quroer'sROOM| 2008/03/04 20:56
『DEATH NOTE前編』『DEATH NOTE the Last name』
犬も歩けばBohにあたる!| 2008/03/02 21:42
L change the WorLd OFFICIAL MOVIE GUIDE (ジャンプコミックス)大場つぐみ・小畑健 ジャンプ・コミック出版編集部 編集英社このアイテムの詳細を見る ようやく観て参りました→L change the WorLd みなさんのウェブ上の反応がイマイチだったので正直あまり期待していなかったんですが・・・結論から申し上げますと、普通に「面白かった」です◎ 【残された時間】 スピンオフということで、やはり本編を見ていないと「なんのこっちゃ?」な導入部ですね。瀬戸さんカッコいい...
ブルー・カフェ| 2008/03/01 12:26
現在放送中の、「ロス:タイム:ライフ」というドラマがありますが、 この作品も、「L」のロス:タイムという感じでした。 ただ、ドラマも映画も、サッカーのロスタイムと違い、 「逆転」「勝ち越し」がなく、「結果」の決ってるところが、 非常に残念、というか切ない。 Lの人間らしい側面が、見えれば見えるほど、その切なさが 募りました。 Lは、キラ事件に決着をつける為、究極の選択をします。 そのLに残された時間は、「23日間」。 これは、『デスノートで操れる「死の時間」は、人間界の23日間以内』 という、ルール...
「ボブ吉」デビューへの道。| 2008/02/23 19:10
「DEATH NOTE  デスノート」“L”を主役にしたスピンオフムービー。 予備知識として前編をだけ観てから鑑賞したが、 あまりにヒドイ出来で呆れてしまった。 中学生以上にはかなりツライ。 アクション、サスペンスともに幼稚。 “L”最期の23日間を描いているが、 カウント
わたしの見た(モノ)| 2008/02/23 16:14
人気ブログランキングの順位は? <キラ事件>結末の後── 彼を待っていたのは 全く新しい<死神> <それ>の覚醒は── ある小さな村の消滅から始まった 誰も知らない <L>最期の23日間 限りある僅かな時間 究極の選択の果てに── <死神>との対...
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/02/23 00:11
「L change the WorLd」★★★ 松山ケンイチ主演 中田秀夫監督、2008年 大ヒット作、「デス・ノート」から生まれた もう一つの物語、 こんな安い企画やってるようじゃーなーと、 思いつつも劇場へ。 しかし、 面白かった、これが。 もちろん、「デス・...
soramove| 2008/02/22 20:45
L change the WorLdは18日の月曜の午前にに今年の劇場鑑賞4作目し 午前9時半に開始で客15人ほどだが内容は期待し過ぎて消化不良だ 内容としてはでウィルス発生で唯一の生き残りあるがワタリ訪ね は博士の娘マキ&とウィルスで人類削減を狙う達から逃げ
別館ヒガシ日記| 2008/02/22 20:19
まだ、映画館で観てないよって方は、公式サイトの右下の“ひょっとこ”を押すとゲームが楽しめますので、それをある程度やってから観にいくといいですよ。 (なお、「デスノート検定」というのがありますが、映画からの出題もあり、一度しか受験できませんので、映画を観て....
週刊少年ジャンプの感想| 2008/02/22 13:33
映画「L change the WorLd」を観ました。 以下があらすじ(公式サイトより引用)です。 「ワタリ、日本へ向かう手配をしてください」 キラ事件を解決するために、ロサンゼルスから日本へと旅立ったL(松山ケンイチ)。そのとき彼を捉えていたのは、97%の確率でキラは日本に..
弱肩ブログ| 2008/02/21 13:46
『LchangetheWorLd』観て来ました!!TV主導で、何かと横槍やら条件やら厳しかったろうなという雰囲気はあるものの、きっちりと娯楽としてまとめていた中田秀夫監督の手腕はさすがでした。(この監督の「ラストシーン」には、それを皮肉たっぷりに描いているのに、それ...
帰ってきた二次元に愛をこめて☆| 2008/02/18 15:58
{amazon}  2月10日(日)東久留米に引越して来て早3年、 最早映画館なら行きつけと化した練馬区は 大泉学園駅から徒歩15分ほどのT・ジョイ大泉 にて嫁と『L change the worl
悩み事解決コラム| 2008/02/15 22:08
評価☆☆☆☆ 言わずと知れたデスノート前後編の名探偵「L」を主役にしたスピンオフ作品。でもデスノートとは完全に別物として見たほうが良いでしょう。(多少の絡みはありますが最初の方だけで本編にはまるで関係ありませんw)この作品はこんなのデスノートじゃないとい..
豪の気ままな日記| 2008/02/14 18:48
なんか先々週、先週と金曜日に「デスノート」の前後編をTVでやってましたね~。 「L change the WorLd」というデスノートのスピンオフ映画が9日から公開の為だったみたいですが。 実は私、デスノート観てなかったので(ちょっと前に
欧風| 2008/02/14 18:48
あらゆる事件をモニター越しに解決してきた名探偵L。彼はキラの野望を阻止するために
映画細胞~CinemaCell| 2008/02/14 13:07
満 足 度:★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:中田秀夫 キャスト:松山ケンイチ       工藤夕貴       福田麻由子       南原清隆       平泉成       福田響志、他 ■ストーリー■  デスノートを
★試写会中毒★| 2008/02/14 09:14
この映画に期待したのは、映画としての完成度ではない。先週「デスノート」について語ったので、どのように決着がついたのか一応確かめておきたかっただけ。よって、確認しておきたいことは以下の三つだけだった。この映画でL(エル)は、デスノートを使うか。前作でデス...
再出発日記| 2008/02/13 23:25
 L 最期の23日間。 ウィルス兵器開発により、罪もないタイの村人たちが死に、捜査官Fは子供をワタリに託して逃がしたあと、過激な環境保護団体の悪人たちに殺された。 >> Lが串にさして、バーベキューのようなお菓子を=もらって食べたかった(^^) やっぱり...
江戸川心歩・傑作娯楽小説全集| 2008/02/13 20:52
「L change the WorLd」を観ました〜♪ キラ事件を解決したL(松山ケンイチ)、しかしパートナーのワタリを失ってしまう。或る日、ワタリを訪ねて、タイから少年がやってくる。そして同じようにワタリを訪ねて、追っ手から真希(福田麻由子)が逃げ込んでくる・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、あのスイーツを串刺しにできるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪
観たよ〜ん〜| 2008/02/13 07:43
映画「L change the WorLd」を観てきました!! 「DEATH NOTE」の前、後編を観てすっかりはまってしまったので、このスピンオフムービーはずっと楽しみにしてたんですよ。 こんな内容です。 ↓↓↓ 『キラ事件解決の代償として唯一無二のパートナー、ワタリを失い、自....
Thanksgiving Day| 2008/02/13 00:39
「LchangetheWorLd」を鑑賞してきました前後編で興行収入80億円を記録した「DEATHNOTE」の探偵、Lを主人公にしたスピンオフ。「DEATHNOTEtheLastname」で、”2冊以上のデスノートに同じ名が書かれた場合、先に記されたものが優先される”というルールを利用し、夜神月...
日々“是”精進!| 2008/02/12 18:44
L change the WorLd(シネマイクスピアリ) 「目の前の命をあきらめたくありません」 やはり期待しすぎてましたわ。 走るL、ママチャリに乗るL、猫背を直そうとするL・・・予告でもいくつか映像をみてましたが、違和感はぬぐいきれませんでした。 それにしてもスト
駒吉の日記| 2008/02/12 17:41
L,無駄使い。
Akira's VOICE| 2008/02/12 17:07
公開日 2008/2/9監督:中田秀夫 「ザ・リング2」出演:松山ケンイチ/工藤夕貴/福田麻由子/南原清隆/佐藤めぐみ/鶴見辰吾/高嶋政伸 他【あらすじ】キラと呼ばれ、デスノートを使って犯罪者なき新世界の神になろうとした夜神月と、キラの正体を突き止め、事件を終わらせ...
Good job M| 2008/02/12 11:54
映画「L change the WorLd」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松山ケンイチ、工藤夕貴、福田麻由子、南原清隆、福田響志、佐藤めぐみ、平泉成、鶴見辰吾、高嶋政伸、他 *監督:中田秀夫 *原作:大場つぐみ、小畑健 感想・評価・批評 等、レビュ..
映画レビュー トラックバックセンター| 2008/02/12 06:51
映画『DEATH NOTE デスノート』のLが大好きなので、スピンオフを楽しみにしていたが・・・予告を観て不安になった。これってもしかして・・・ヤバイかも【story】名前を書かれた人間は必ず死に至る“デスノート”を駆使して犯罪者を粛清、新世界の神になろうとした“キラ”こと夜神月の野望を阻止するため、天才的な頭脳で応戦したL(松山ケンイチ)。しかし、キラ事件の解決には、Lにとって多くの代償が伴った。そんなLの前に、彼自身が解決しなくてはならない難事件が立ちはだかった―     監督 : 中田秀夫  『怪談...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2008/02/11 21:40

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] エリザベス:ゴールデン・エイジ | HOME | [秋田] みちのく小京都の雪の煌めき>>
忍者ブログ[PR]