忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/25 15:45 |
[Review] エリザベス:ゴールデン・エイジ
エリザベス:ゴールデン・エイジ冷たく無機質な石の鳥籠。そこが女王の住まう城。
大きく広げる翼があるのに、どこまでの飛べる翼があるのに、決してその鳥籠を出ることは出来ない。すぐそこに、見果てぬ世界がある。女王が焦がれて止まない、広い世界。しかし、求めようと手を伸ばしても、時代がそれを許さない。迫り来るのは、国を脅かす敵。「自分たちが正義」と信じて疑わず、自分たちの『正義』の名の下に、他者を圧し、平伏させる、当時のヨーロッパ最強の敵。
でも、怯えて逃げるわけにはいかない。国を統べる、女王なのだから。

そして、敵は外側からだけではない。鳥籠の中にも、女王の地位と生命を脅かす敵が、掃いて捨てるほど蠢いている。女王自身はプロテスタント。故にカトリック勢力からたびたび暗殺の危機に晒される。さらには、もう一人の王位継承権を持つ者。今は幽閉されている身だが、いつ女王の寝首をかくか分からない。カトリック勢力と結託することによって、女王を引き摺り下ろそうともしている。
そうでなくとも、かしずく臣下は、皆自分を取り入れようとおべっかばかり。変わらない言葉。退屈な言葉。でもそうそう心を開かない。心を休めない。いや、開く暇など、休める暇など無いのだ。

美しく、気高く、そして一国を統べるに相応しい翼を持つ女王。
しかしその裏には、決して人には見せられないほどの傷を負っている。
弱さを見せない女王。それ故なのだろうか、その身を委ねる伴侶がいないのは。


ケイト・ブランシェットが演じる二度目のエリザベス1世。
1998年公開の映画『エリザベス』では、異母姉のメアリー女王を幽閉から、カトリックとの対抗権力に対する粛清を描いています。今作『エリザベス:ゴールデン・エイジ』では、主軸はカトリックとの宗教対立でありますが、その相手は、当時無敵艦隊を誇った最強の国スペイン。様々な政策を打ち出し、自国が誇る戦艦や長距離大砲を駆使し、見事アルマダ海戦の勝利をもぎ取ります。勿論、それは海の荒波や嵐の助けもありますが。
彼女が、その気高い翼を存分に発揮した瞬間。大いなる羽ばたきによって、外敵を退けた瞬間。
しかしそれでも、傷ついた翼を休めることなく、そしてその傷を誰かと分かち合うこともなく、女王として、国民全てを包み込む。自身も、その身を誰かの翼に包まれたい、寄り添いたいと密かに思っているのに。

これまでも、『公人の人間性』を描いてきた作品が公開され、そして鑑賞してまいりました。
まるで鳥籠の鳥ように自由が利かない、というのは、ヘレン・ミレン主演の『クィーン』やキルスティン・ダンストの『マリー・アントワネット』でも同じ感想を持っています。質は違いますけれど。時代が全く違いますし、何より、単に年代が、というわけではなく、その時の情勢や、人々の関心の持ち方が全く違うからでしょう。
その中でも、とりわけエリザベス1世を悩ませている苦痛は、視界に入るもの全てが『敵』に思ってしまうこと。女王自身が望む望まないに関わらず。どこまでも羽ばたく大きな翼を持っているのに、迫り来る『敵』と、その『敵』から国と国民を守るという責任という名の錘が、自身の飛翔を封じている。
王は国のために、私情の全てを犠牲にするのは、何も今に始まったことではなく、これは、有史以来、どこの国でもある連綿と続いているものなんでしょう。もはや、王家に生まれた、もしくは王家に嫁いだ『呪い』とでも言うべきでしょうか。

しかし、エリザベス1世の素晴らしいは、その大いなる翼の使い道を決めた、そしてその決めた先が、国を救った、ということ。その凄まじさは、豪華絢爛さ以上に圧倒されました。ケイト・ブランシェットの演技ならではなのでしょうか。


荘厳で、気高くて、偉大で、でもところどころ傷だらけの翼を持つ女王。
女王として最後まで覚悟し、生き抜く彼女の、壮大なる生き様が描かれている、圧倒される作品です。

拍手

PR

2008/02/17 00:15 | Comments(0) | TrackBack(20) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 2007年:イギリス・フランス・ドイツ 監督:シェカール・カプール 出演:ケイト・ブランシェット、アビー・コーニッシュ、クライブ・オーウェン、リス・エヴァンス、ジェフリー・ラッシュ、サマンサ・モートン 数奇な運命を背負いながらも...
mama| 2010/02/25 00:20
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観ました『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、再びケイト・ブランシェットを主演に迎え、エリザベス女王の“黄金時代”に焦点当てた歴史大作です>>『エリザベス:ゴールデン・エイジ』関連原題: ELIZABETH:THEGOLDENAGEジ...
おきらく楽天 映画生活| 2009/03/08 22:18
あらすじ1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に新世界か...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/03/03 20:55
エリザベス1世の孤独。
悠雅的生活| 2008/11/29 08:51
29.エリザベス:ゴールデン・エイジ■原題:Elizabeth:TheGoldenAge■製作年・国:2007年、イギリス■上映時間:114分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:3月8日、新宿アカデミー(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:シェカール・カプール□脚本...
KINTYRE’SDIARY| 2008/04/14 23:42
英国と添い遂げた女性、エリザベス?世   3月3日、MOVX京都にて鑑賞。前作の「エリザベス」は1998年に公開され、ケイト・ブランシェットはこの作品で一躍注目を浴び、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、他にも数々の賞にいたそうです。前作から10年あまり経っての2作目の公開となったこの「エリザベスゴールデンエイジ」。衣装やメークそしてあのヘアスタイルに魅了されます   メークとヘアモードのリーダー   エリザベス?世は、イングランドと結婚したと語ったよ...
銅版画制作の日々| 2008/03/30 20:09
「エリザベス・ゴールデンエイジ」★★★☆ ケイト・ブランシェット主演 シェカール・カプール 監督、イギリス、フランス、114分 今、何故かつての名作の続編なのか それは映画を見たら分かるだろうと思って見たが、 その答えは分からなかった。 新大陸発見...
soramove| 2008/03/07 07:53
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)(生まれ1533年・在位:1558年~1603年)は反カトリック立場でイングランド国教会と国王の至上主義の女王としてイギリスを統治し
映画と秋葉原と日記| 2008/03/05 11:38
監督:シェカール・カプール 出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェットの存在感や演技力ばかりが目に付いた....
デコ親父はいつも減量中| 2008/02/29 23:56
歴史劇、時代劇、西部劇。私は子供の頃からこれらのジャンルが大好きでした。ひとつには父親の影響もあったのですが、古き良き時代への郷愁と、今では失われてしまったダイナミックなドラマへの渇望が根底にあるのは明白です。今もなお莫大な予算をもって史劇映画が製作されるのは、“現代では考えられない大きなスケールのドラマ”と、“現代でもなお通じる普遍性を持ったドラマ”の双方を求める観客の需要が、非常に大きいためでしょうね。 製作費と興行収入のバランスをとるのが難しいとされる史劇のジャンルは、ハリウッド映画の規模が小さく...
豆酢館| 2008/02/28 10:33
やったー?!?!。二度目のプライベート・シアター鑑賞だよーーーっ。 (一度目は「プロヴァンスの贈りもの」)。 PM11:30〜のレイトショウで、お客がひらりんだけっ。 しかも、TOHOシネマズご自慢のヘルニアスクリーン・・・いや、プレミアスクリーン。 もちろん通常料金の設定なんだけど。 ちなみにひらりん、「VIT」(ヴァーさんの粋な企み)で座席予約はしてません。 まあ、当日は昼まっから春一番が吹き荒れる強風で・・・ 夜は急に冷え込んでたから、客足は鈍かったんだろうけど。
ひらりん的映画ブログ| 2008/02/26 01:58
 映画好きの方も、当ブログの「80年代ロック・アルバム・ベスト・セレクション」に
eclipse的な独り言 | 2008/02/25 07:00
人気ブログランキングの順位は? 1587 英国(イングランド) 女王エリザベス 彼女は《ヴァージン・クイーン》 大英帝国にすべてを捧げ、 一生独身を通した女王。 敵は、外にも中にも── そして私の心にも。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/02/24 22:36
エリザベス1世の黄金時代を描いた作品です。
水曜日のシネマ日記| 2008/02/24 11:55
黄金色 時を色塗る 玉虫の   あのう、ケイト・ブランシェットのエリザベス女王1世役に対し、多くの賛辞が送られている中、こんなこと言うと爪弾きにされるかもしれませんが、私は彼女のエリザベスは、どうも・・・。どちらかというと、マーティン・スコセッシ監督レオナ
空想俳人日記| 2008/02/24 02:07
      ★★★☆☆  16世紀末ヨーロッパでイングランドを率い黄金時代を築いた Queen Elizabeth Iの歴史絵巻。 9年前の「Elizabeth」(1998年)に続き Cate BlanchettがElizabethを好演した。 原題は「Elizabeth: The Golden Age 」。  カトリック教徒も多いイングランドで プロテスタント信徒として 即位したElizabeth、 国内に反抗分子も多いうえ、 カトリックの大国スペインもイングランドを狙っていた。 Elizabeth暗殺...
富久亭日乗| 2008/02/20 08:13
映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、トム・ホランダー、エディ・レッドメイン、ジョルディ・モリャ、サマン..
映画レビュー トラックバックセンター| 2008/02/18 10:04
前作の『エリザベス』(1988年)は当時鑑賞している。10年経って制作された本作の予告編を観るだけで、ケイト・ブランシェットの迫力に圧倒され涙が滲むほどだったので・・・公開を楽しみにしていた―【story】1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)は、プロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に、新世界から戻ったばかりの冒険家ローリー卿(クライヴ・オーウェン)...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2008/02/18 07:52
 『敵は、外にも中にも── そして私の心にも。』  コチラの「エリザベス ゴールデン・エイジ」は、2/16公開となった16世紀の英国を治めたヴァージン・クィーンことエリザベス女王1世の人生を描く歴史映画の10年ぶりの続編なんですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪ ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/02/17 19:58
二人のベスのファションショー。
Akira's VOICE| 2008/02/17 17:29

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Event] 宇宙からのメッセージ 月の神秘と“かぐや”の旅 | HOME | [Review] L - change the WorLd ->>
忍者ブログ[PR]