忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/25 15:45 |
[Review] 20世紀少年 最終章 - ぼくらの旗-
20世紀少年 最終章 - ぼくらの旗-子供の頃受けた、ほんのささいないたずら心のいじめ。大人になれば、それは些細なこととして片付けられたとしても、当時の繊細な心であれば、その傷の深さは幾許か知れない。やがてその傷は大きく増長し、歪んだ世界観を形成していく。そしてその世界観は、『自分を傷付けるものは全て拒絶する』、『自分を中心とした、自分に忠誠を誓う者しか相容れない』世界となっていく。
けれどそれは、全てを拒絶する世界となっていることに気付いていないのだろうか。いや、本当は気付いているのだろう。でも、そうだと知っても、止めようとはしない。『自分』という『殻』に閉じこもった世界でしか生きられないから、その『殻』を作ったからには、維持し続けるしか、もう術を知らない。その他の方法など、知ろうともしないのだ。彼の、『ともだち』の強大な影響力を目の当たりにした人たちには、彼の考え方に同意出来ない者も多いだろう。でも、何故それを止めないのか。彼の強大さに恐れ慄いたのか。彼の考え方のあまりにも稚拙さに、あきれ果てたのか。
いや、彼らは知っているのだ。『ともだち』を止めなければならない、と。でも、止めようとしない。誰かに止めて欲しいのだ。一度、『ともだち』から受けた恩恵に酔いしれてしまったから。酔いしれてしまった責任を、自分で負いたくないのだ。

色んな人が、それぞれ考え方は違っていても、目的は一つ。「『ともだち』を止めなければ」。そんな中で、一度は自分の無力さに嘆き、もがき、悲しみにくれながらも、自分のやり方で『ともだち』を止めようとする男がいた。その男も、「『ともだち』を止めなければ」という考えを持つ者だった。
でも、彼が他の人とは違う考え方を持っていた、それは、「始めたものは終わらせなければならない」。それがどんなに些細なことでも、子供じみた遊びでも、いつかは終わる。いつかは終わらせる。『ともだち』は、自分の作った殻に永遠というほどの時間に閉じこもることを望んでいる。それでも、終わらせなければならない。その後に、どんな結末が待ち受けていようとも     


で、感想ですが……

2作目に続いてやっぱりですかというのがどうしても。。。 orz

2作目に続き、展開はあまりにも早すぎて中途半端感は否めず、何か知らない間にラストに行ってしまったような、そんな印象を受けました。印象に残ったところはどこか、というと、やっぱりラストの部分かなー、という感じで。2作目と異なり、主人公級の人物が色々なところを行ったり来たりすることは少なくなりましたけれど。
そんなこともあって、この映画が公開される前に「原作とは異なる展開!」とありつつも、その恩恵があまり受けられず。ここまで書くと踏んだり蹴ったりなのでこのへんまで。

ただ、映画の中と分かっていながらも、演出だと知りながらも、やっぱり『歌の力』というのは人をこんなにも元気づけてくれるんだな、と思いました。「人類を、未来を救う」だなんて御大層なごたくを並べなくても、悪に対抗するだけの絶大な力を身につけなくても、人を感動させる、人を引き付ける力を身につけることができる。そんなことを思う作品だと思います。
エンドロールで、神木隆之介君が書いてありまして、「あれ? 彼登場してたっけ?」とこれまでの映像を回顧していましたが、確かに登場しましたね。最後の最後で、ですが。。。

拍手

PR

2009/09/05 17:36 | Comments(1) | TrackBack(7) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
あらすじともだち復活から2年後の、ともだち暦3年こと西暦2017年、東京を囲む壁の向こう側にギターを抱えた男が現れ・・・。感想ヨーロッパ最大の漫画賞と言われるアングレー...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...| 2010/10/13 07:49
あらすじ 世界大統領」となった“ともだち”が、世界を支配する“ともだち
青いblog| 2010/08/28 13:52
原作漫画は未見です。 でもこの映画のシリーズは全部観ました。 “ともだち歴3年”の2019年、 世界大統領として世界は“ともだち”に支配されていた。 殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断され、 都民の行動は完全に制限されていた。 そんな中、ヨシツネ率いる反政府
映画、言いたい放題!| 2010/05/07 13:07
原作漫画は未見です。 でもこの映画のシリーズは全部観ました。 “ともだち歴3年”の2019年、 世界大統領として世界は“ともだち”に支配されていた。 殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断され、 都民の行動は完全に制限されていた。 そんな中、ヨシツネ率いる反政府
映画、言いたい放題!| 2010/04/16 00:24
最近の邦画の中でもかなり大掛かりなプロジェクトである「20世紀少年」、いよいよ最
はらやんの映画徒然草| 2009/11/02 20:31
いよいよ『20世紀少年』も最終章―“ともだち”の正体は誰なのか、、、楽しみ〜【story】“ともだち歴3年”の2017年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスが蔓延する東京は壁で分断され、都民の行動は完全に制限されていた。そして、“ともだち”は「8月20日正午、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じる者だけが救われる。」と説いた。そんな中、カンナ(平愛梨)は反政府組織として武装蜂起する一方、“血の大みそか”以降、行方がわからなくなっていたケンヂ(唐沢寿明)が突然現われる―    ...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2009/10/19 19:32
 『もうひとつの 結末。 もうひとりの ともだち。』  コチラの「20世紀少年 最終章 ぼくらの旗」は、浦沢直樹によるベストセラーコミックを3部作構成で実写映画化し、昨年夏に公開された「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」、今年初めに公開された「「20世紀少年 第...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2009/10/13 04:20

コメント

突然で申しわけありません。現在2009年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/14(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です。
posted by 日本インターネット映画大賞URLat 2009/12/19 00:01 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<その未来は、本当に美しいか? | HOME | [富士山] 天の頂きに登って>>
忍者ブログ[PR]