忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/01/18 02:20 |
その未来は、本当に美しいか?

こんなところを見ている人なんていないと思いますが、それでも敢えて。


お久しぶりです。皆さん。


相変わらず仕事は忙しく、肉体的にも精神的にも荒波の渦中におり、何とも抜け出せない毎日を過ごしております。具体的には明言はしません。すると齢30のくせに何グチグチ言ってんだ、と言われそうですから…。

もともと仕事ジャンキーなところもありますので、20代は、やることなすこと全てを吸収する! という意気込みで仕事をしてきまして。酸いも甘いも、得意も苦手も、この身に刻み込んできたつもりです。まだまだ不勉強なところもありますが。
そこでようやく手に入れた、自分を築く上での『軸』。しかし今、その『軸』に対し、使い方やその威力を学び、これからはその『使い道』を学ぶ転機になってきた、と考えています。

吸収するだけの時期はもう終わりを告げた。他にも色々とやりたいこと、吸収したいことはあるけれど、これからは、その吸収したことの使い道を探さなくては。
早いに越したことは無いけれど、自分を壊してまで性急な答えは見つけたくない。まだまだもがき苦しむ時期は続きますが、精一杯、力の『使い道』を探していこうと思います。



さて。
僕は今、お金と時間が許す限りですが、日本全国津々浦々を歩き回っています。そして、行きついた先の写真をパシャパシャと撮っています。

最初は、その土地に行ったという備忘録的な意味合いで写真撮影を行っていましたが、その過程で、ある想いが芽生えました。


今目にしている光景の美しさは、数十年後も同じ姿のままなのか?


『地球環境保護』とか『文化遺産保護』といえば聞こえはいいですが、あまりそこまでおこがましく、仰々しくは考えていません。ただ単に、数十年後に再度訪れた時も、同じ美しさのままそこにあるのか、という思いです。
その時の環境や情勢によって、そこにあるものは、時代に即して変わっていくのは世の常だと思います。環境を保護しよう、遺産を守っていこう、という趣旨はもちろん大事だと思いますが、今の、そして未来の生活を犠牲にしてまで環境や遺産を守ることが大事とは思わない。大切なのは今であり、未来である。そのために、環境や文化遺産を破壊する、捨てるということも、一つの選択肢であると考えています。

僕が写真に収めているのは、写真に収めた『まさにその時』の姿を切り取ったもの。これを残すか、はたまた変えるか、それは今を、これからを生きる人達の選択。
美しい、残したいと考えれば残せばいい。不便だ、変えたいと思えば変えればいい。しかし、残すも変えるも、相応のリスクを見返りが必要になる。
時には、自分が思い描いた未来そのものを代償にするような事態にも。

自分も含め、それを考えるきっかけになれたら、と思っています。
基本的に僕はアマチュアでも何でもなく、ただの趣味で撮影している下手くそ極まりない上に、これまで薄学のままで修正を施しちゃったりしていますが、よろしければ是非、ご覧ください。


Picasa Web Album

Panoramio - Photo

拍手

PR

2010/01/24 23:06 | Comments(0) | TrackBack(0) | Diary

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] サロゲート | HOME | [Review] 20世紀少年 最終章 - ぼくらの旗->>
忍者ブログ[PR]