忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/30 21:43 |
[Review] 闇の子供たち
闇の子供たち微笑みの国、タイ     

その国の未来を担うはずの子供たちに、微笑みは、無い。
子供たちの微笑を奪っているのは、欲にまみれた罪深い大人達。性奴隷として踏み躙るその目と身体は、もはや人間ではなく、化け物。化け物がいなくならない限り、子供たちに微笑みは取り戻せないのだろうか     


原作の小説があまりにも残酷な描写が多く、そんな作品が映像としてどのように描写されるのか、心配でもあり、且つ恐ろしくもありました。
写真は勿論挿絵も無い文字だけの小説でさえ、文面に広がる光景はあまりにもおぞましく、読むたびに目をそらしてしまいました。それが映像としてスクリーンに広がる。見てはいられなかった。まだ10にも満たない少年、少女。痩せ細り、頬はこけ、抱き上げたらまるで羽根でも抱えているんじゃないかと思えてしまうような軽さ、小ささ。そして、その瞳には、光は全く射していない。顔には笑みが無い、生気が無い。そんな彼らを覆うかのような、欲望と穢れの象徴。性処理道具として、愛玩具として扱われる彼等の表情は、苦痛と、仕込まれ歪んだ愛想笑顔。いつ終わるか分からない、恐怖と諦観。

こんなことを書くと非常識と思われるかもしれませんが、誤解を恐れずに書けば、この作品は原作に比べゆるめです。だからと言って過激に表現していい、というわけではなく、あくまで、分別をわきまえ、原作を既に読んだ『大人』が鑑賞する上では、という意味。グロテスクな描写も、おぞましい描写もあまり多くありません。
そう、むしろこの作品は、どちらかというと『子供』に見て欲しい作品ではないかと思いました。流石に原作そのままでは、いくら何でも気を狂わせてしまいそうですから。それでも、日本という比較的安定して、教育も十分に受けられる環境である子供たちが、同い年で同じ立場であるにも関わらず、方や異国ではこんな仕打ちに合っている、ということを知って欲しい、と願うために作られたと思います。ですので、原作とはかなりアレンジを含めた、小説とは別の『オリジナル作品』として捉えても差し支えない作品であると思います。

しかし、本来であればこの作品を通じて、世界の児童虐待や売春、児童売買など、いかに大人のエゴによって残虐なことが繰り広げられているか、というのを知るきっかけになるべきなのに、僕個人としては、あまりにも中途半端なように感じました。やはりこれは、原作の残虐さを知っているからなのでしょうか?
小説を忠実に、というより、「正に今現実に起こっている出来事」というドキュメンタリー映画の位置づけで描くべき作品であると思います。しかし、原作が小説であること、ターゲットが「同い年の子供たち」であることが、焦点を絞りきれず、あやふやな状態にしてしまったのではないのでしょうか。現に、現実味と感じた箇所がほとんど無く、強いて言えば、宮崎あおいがゴミのように捨てられた少女を救うためにゴミ収集車を必死になって追いかけたところでしょう。それだけに少々残念に思います。


それでも、この残酷な現実は、より多くの人が知るべき事。できることは少なく、一つ芽をつぶしても他の芽が増える一方。僕達に出来ることは一体何なのか、子供たちにとって、考え、行動にうつすきっかけとなればと思う作品です。

拍手

PR

2008/08/07 22:29 | Comments(1) | TrackBack(23) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
あらすじ日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者の南部は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得るが・・・。感想山周賞作家の梁石日の小説の...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...| 2010/10/04 22:30
WOWOWで鑑賞―【story】日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。同じ頃、恵子(宮崎あおい)はボランティアとしてバンコクの社会福祉センターに到着する。彼女は所長から、最近顔を見せなくなったスラム街出身の少女の話を聞くが、実は彼女は父親に児童性愛者相手の売春宿に売り飛ばされており―     監督 : 阪本順治 『亡国のイージス』     原作 : 梁石日【comment】ずっしりと重い映画で、最後まで目が離せなかった。評判には聞いていたが、予想を...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2009/08/25 16:54
梁石日原作の小説を「亡国のイージス」などの阪本順治監督が映画化。 阪本順治監督の「顔 」という作品が大好きです。(^^) でもこの監督、作品の色のギャップが激しいのです。 この作品は「顔 」とはうって変わってテーマが重い作品です。 日本新聞社バンコク支局で
映画、言いたい放題!| 2009/05/29 21:18
「闇の子供たち」のDVDを見ました〜♪ この映画も、劇場公開してるときに観に行きたい!って思ってたんですけど、観にいけなかったんですよね・・・(^_^;)  この映画の内容が、100%事実だとは思わないけど・・・こんな事もあっても不思議じゃないなぁって思った。 自分の子供が移植を必要する大病だったら、あの親みたいな反応になるのかもしれないけど、自分の子供の命を救うために他人の命を奪うのは、やっぱり犯罪だよね・・・  ラストがなんか後味悪かった・・・ 南郷ってそんな趣味持ってたんです...
観たよ〜ん〜| 2009/04/09 20:38
渋谷、シネマライズにて PG12ということですが、地上波は無理かも・・・ 値札のついた命 タイ駐在の新聞記者、南部浩行が、若いフリーカメ...
単館系| 2009/04/08 22:55
★★★☆  タイでの少年・少女の人身売買・売春・内臓の密売の実体に迫る梁石日の原作を、『亡国のイージス』の阪本順治監督が映画化した衝撃作品である。当然のことながら、タイでは上映禁止になってしまったという。 本作はフィクションのはずであるが、映像の創り方がド
ケントのたそがれ劇場| 2009/04/07 23:03
以前見た、「ヒューマン・トラフィック」を思い出しました・・
心の栄養♪映画と英語のジョーク| 2009/03/06 09:37
真実のどん底 【Story】 日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。同じころ、...
Memoirs_of_dai| 2008/12/28 03:24
闇の子供たち’08:日本 ◆監督:阪本順治「カメレオン」「魂萌え!」◆出演: 江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市、鈴木砂羽 ◆STORY◆ 日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得....
C'est Joli| 2008/10/24 21:23
この映画はまず作られただけでも評価に値するというべきであろう。いわゆる社会派であるが、決して正義というものが勝つという結末ではない。また、勝つまでの道筋も見えてこない。それは「ダーウィンの悪夢」や「いのちの食べ方」を見たときの感想と同じである。この映画...
映画と出会う・世界が変わる| 2008/10/24 08:43
▼動機 観ておかないと後悔しそうな映画だったので ▼感想 連鎖を断ち切る勇気はいったい誰が持つべきなのか ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。同じころ、恵子(宮崎あおい)はボランティアとしてバンコクの社会福祉センターに到着する。彼女は所長から、最近顔を見せなくなったスラム街出身の少女の話を聞くが、実は彼女は父親に児童性愛者相手の売春宿に売り飛ばされていた。 ▼コメント ”映画化...
新!やさぐれ日記| 2008/10/21 21:23
日本を代表するスタッフ・キャストらが、すべてをかけて伝えたかったこと。 幼児売買売春、臓器密売の知られざる“闇”が今、明らかになる__。 これは、決して遠い国のできごとではない。タイでは今も、お金では買えないはずの子供の命が現実に売買されている。人身売...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ| 2008/09/25 23:29
 映画を観終わって、こんなに重い気分になったのは久々ではないでしょうか?「闇の子供たち」(ゴー・シネマ)。『悲しい』とか、『泣ける』とか言う類の言葉では括れない。トンでもない“問題作”です。  日本新聞社バンコク支局の記者・南部(江口洋介)は、東京の本社から『近々日本人の子供が、タイの闇ルートを使って、心臓移植手術を受ける』という情報を入手し、そのネタの調査を依頼される。知人に金を握らせ、臓器密売の元仲介者に接触した南部は、提供者の幼児は、生きたまま臓器をえぐり取られるという衝撃の事実を知る。...
シネマ親父の“日々是妄言”| 2008/09/05 13:42
「闇の子供たち」★★★☆ 江口洋介 、宮崎あおい 、妻夫木聡 主演 阪本順治 監督、2008年、138分 日本新聞社バンコク支局で働く主人公は、 幼児人身売買を取材するうちに、 日本人の臓器移植手術のために、 タイの子供が生きたまま臓器をえぐり取られるとい...
soramove| 2008/09/03 08:15
大分前に発表になってますので、ご存知の方もいるでしょう。阪本順治監督がメガホンをとった『闇の子供たち』が8月2日、全国順次ロードショー開始です。これは阪本順治監督が梁石日(ヤン・ソギル)の長編小説を映画化したもので、キャストには江口洋介、宮崎あおい、妻夫...
タイまで5,750,000歩| 2008/09/02 13:42
 久々に重い映画を・・・。闇の子供たちを観てきました。
よしなしごと| 2008/09/01 02:07
人気ブログランキングの順位は? これは、「闇」に隠された真実の物語 値札のついた命
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/08/30 02:52
    アジアの現実を直視することが、今の私たちには必要なことではないか?   8月23日、京都シネマにて鑑賞。実はこの日は、キム・キドク監督の「ブレス」だけ鑑賞する予定だった。この日の京都シネマはいつになく、物々しさを感じた。人が多いのも一つあったが、明らかに「ブレス」を鑑賞する人たちではない。実は観客の多くは、「闇の子供たち」を鑑賞する人だった。初めは何で?と・・・・・。そうだ!この映画初日に監督、阪本順治さんの舞台挨拶があることを思い出した。そうなれば絶対鑑賞せねば!と思...
銅版画制作の日々| 2008/08/26 16:11
日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得る。知人に金を握らせ、臓器密売の元仲介者に接触した南部は、提供者の幼児は、生きたまま臓器をえぐり取られるという衝撃の事実を知る。取材を続
映画な日々。読書な日々。| 2008/08/21 23:38
□作品オフィシャルサイト 「闇の子供たち」□監督・脚本 阪本順治 □原作 梁石日 □キャスト 江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、プライマー・ラッチャタ、プラパドン・スワンバン 、佐藤浩市、鈴木砂羽、豊原功補、塩見三省、三浦誠己■鑑賞日 8月10日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  タイで横行している幼児売春や人身売買、更に日本を含む臓器密売等、硬派の阪本監督の鋭い切り口が期待できる作品と前評判で聞いていた。 しかしながら、人身売買や臓器売買と...
京の昼寝〜♪| 2008/08/17 17:32
「闇の子供たち」のティーチイン試写会でパルテノン多摩に行って来ました。 といっても、行ったのは2ヶ月程前になります。 どうしてまたこんな場所でやるのかと思ったら、恵泉女学園大学の齋藤百合子先生がこの映画のアドバイザーという事で、基本的には学生達の為の試写会だったのです。 江口洋介の大ファンの妻は、「遂に江口君に会えるのね♪♪」と興奮気味でした。 座席は、ほぼ中央付近でそこから前は学生達でした。 映画を観るにはベストな席だったけれど、妻の目的は江口洋介を見る事だったので、ちょっと残...
アートの片隅で| 2008/08/10 12:02
映画「闇の子供たち」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、プライマー・ラッチャタ、プラパドン・スワンバン、佐藤浩市、他 *監督:阪本順治 *原作:梁石日 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログから..
映画レビュー トラックバックセンター| 2008/08/10 08:10
 『値札のついた命』  コチラの「闇の子供たち」は、「月はどっちに出ている」や「血と骨」の原作者梁石日の同名小説を「顔」や「カメレオン」の阪本順治監督が脚本も手掛けた8/2公開の衝撃作なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪阪本監督の舞台挨拶もあったのですが、...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/08/10 00:13

コメント

どうして子どもが、こんなに傷つけられなければならないのか・・
どうにかして、この問題を解決できる力がほしいです。
『誰も目をそらしてはいけない』
その通りだと思います。
posted by byakkoat 2008/09/21 21:26 [ コメントを修正する ]
Re:無題
ご来訪・コメント有難うございます。

今回の映画は、同名の小説が元となっているのですが、小説の方は分をわきまえた大人でさえ目を背けてしまうほど、子供に対して残酷な仕打ちが描写されていて、「本当にこれが同じ地球上で起こっていることなのか!」と疑ってしまうほどでした。
この映画は、どちらかというと「この現実を今の日本の子供にも知ってほしい!」という気持ちで、割りとゆるめに製作されたんだと思いますが、それでもそのショックの大きさは計り知れないものですね……

このような社会が早くなくなるよう、出来うる限りのことをしようと思います。

>どうして子どもが、こんなに傷つけられなければならないのか・・
>どうにかして、この問題を解決できる力がほしいです。
>『誰も目をそらしてはいけない』
>その通りだと思います。
2008/10/11 10:30

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[山梨] 真夏の楽園 | HOME | [神奈川] 神仏の拠所>>
忍者ブログ[PR]