忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/23 20:46 |
[Review] 硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙「御国の為に戦え」と人は言う。「御国の為にこの命を捧げる」と戦友は言う。けれど本心は、もっと奥深い思いは、果たして一体何なのだろうか。
本当に気がかりなのは、我が家族。我が親友。そう。『国』という得体の知れない、想像だにつかないものに比べれば、身近で、きっとちっぽけにしか思えないものかもしれない。でも、だからこそ何よりもいとおしく、だからこそ何ものにもまして守りたい。

俺達は、もう帰れない。二度と故郷を目にすることはない。それを知っていて、何故この島を守るのか。毎日が蒸し暑く、羽虫が飛び交い、決して生活に向いている島とは思えない。この島が日本国領でなくったって、アメリカに引き渡したところで、何か損害など発生するのだろうか。
違う。この島が日本国領で無くなったら、次に狙われるのは、本土だ。俺達が本当に守りたいものまで侵されてしまう。
だから守るのだ。この島を。貴方のためになるのなら。一日でも長く。長く。長く。

俺達にとって本当の『正義』とは、本当に『正しい』と思えることを為すこと。そして、他の何ものにも替えることが出来ない貴方のために生き、そして戦うことだ。



クリント・イーストウッド監督が、日本側の視点で描いた硫黄島の戦い、『硫黄島からの手紙』。
あまりにも辛く、あまりにも過酷な運命の中で戦い、死んでいった兵士達。眼前に繰り広げられる戦闘と、劈くような銃声と爆撃の応酬。そこにあるものは、全て目を背けたいものばかり。それでも、刮目して見届けなければならないと思いました。
圧倒的な物量と人数で襲い掛かる米軍。援軍も無く、勝てる見込みは0に近い。全員死ぬかもしれない状況下の中で、それでも彼らは戦い続けたのですから。彼らの望むもののために。

既に20世紀最大の大戦が終了して60年を越えました。今この時にも、戦争を知る方々は一人、また一人と天寿を全うし、本当の意味での『戦時』を知る人は、徐々に少なくなっていきます。あともう数年、数十年すれば、『戦時』のありのままを知る人は、誰もいなくなります。
それでも、伝えたいことがある。たとえどんな形であろうとも。
硫黄島という、日本の本土から遠く離れた孤島で、自らの信じる道を全うするために、戦い続けた者達がいる、ということを。
それが、彼らが戦場でしたためた、一通一通の『手紙』。

この映画で、渡辺謙が扮する栗林忠道中将や、二宮和也が扮する西郷は勿論の事、一番強く印象に残ったのは、伊原剛志が扮する西竹一中佐の一つ一つの言葉。
それは、この作品を前に観た『父親たちの星条旗』の言葉と重なります。「最善を尽くせ」。そして、「己の信じる道を進むことが、本当の正義だ」。

気がついた時には、ボロボロと涙がこぼれていました。とても人に顔を見せることができないくらいに。


現在、硫黄島には、まだ13000体に及ぶ遺骨が未だに回収されていない、と聞きます。
60年以上も経過し、既に土へ還り、または風となり大気となっていったのでしょう。
それでも尚、彼らの御霊は、硫黄島を守り続けているに違いありません。

『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』を総括して。


この映画では色々なメッセージがこめられています。
反戦の意味や、硫黄島の戦いのありのままの真実は勿論ですが、それ以上に伝えようとしていることは、日本兵にしてもアメリカ兵にしても、英雄など一人もいない、臆病で弱々しい、『ただの人間』だということ、だと思います。
何一つ特別な力を持たない、ただの人間であろうとも、己のやるべきことがあり、己の信じる道がある。漫画や小説に出てくるような、颯爽とした格好のいい姿などどこにもなく、死に物狂いで、時には這い蹲るように、でも、一歩一歩確実に歩んでいく。

弱い人間である、それでも強さと誇りを持って生きていきたい。双方の作品とも、そんな姿を描いているのではないかと思います。

出演している俳優さんたちは、どちらの作品とも有名な方々ばかりですが、どちらの作品とも、「ただの人間であるかのように撮ろう」とはしていない、「ただの人間を撮る」という意気込みが感じられます。


多かれ少なかれ、戦争は誰かを傷つけ、誰かを不幸に陥れる。
己の手を血に染め、二度と元の生活に戻る事のできない修羅の奈落に落とされる。
それでも、それを知っていても。
『ただの人間』である彼らが、何を守りたいと考え、何のために戦い、何のために散っていったか。それを知ってほしい。同じ、『ただの人間』であるからこそ。

拍手

PR

2006/12/10 00:04 | Comments(3) | TrackBack(30) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
[硫黄島からの手紙] ブログ村キーワード硫黄島からの手紙(原題:LETTERS FROM IWO JIMA)キャッチコピー:世界が忘れてはいけない島がある。日本から見た「硫黄島」製作国:アメリカ製作年:...
映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評| 2010/01/30 18:32
この記事のサブタイトルは「父親たちの星条旗」の記事の続きという意味で“…俄かイーストウッドファンなピロEK(その2)”とするはずでしたが、他に思い浮かんだのでやめました(で、上記タイトルに変更){/ase/} さて、先ずは近況報告から。 今週の夜勤は昨日の金曜日以外ずっと残業{/face_hekomu/} 仕事量がピークなのにプラスして担当の機械が不調{/face_naki/}{/ase/}…そんな感じで先々週頃からずっと忙しくてお疲れ気味です{/face_hekomu/}。そんな夜勤明けの今日は疲...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2009/12/29 11:20
硫黄島からの手紙はクリント・イーストウッドが日米の事を硫黄島を題材に 監督して2作をつくり日本の方を鑑賞したが少し長かったが満足したよ 俺は戦争映画を鑑賞する度に生まれるの遅くて良かったと思うばかりだが アメリカ人の監督やけど日本の戦争映画よりも思ってたより
別館ヒガシ日記| 2008/01/20 20:21
 『アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―』  コチラの「硫黄島からの手紙」は、「父親たちの星条旗」に続く「硫黄島」2部作の第2弾、日本側の視点で硫黄島の戦いを描いた作品です。  決して届く事のない手紙をこの島で戦った日本兵たちが、家族に宛てて書き....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/11/05 22:20
「父親たちの星条旗 」と同時期に作られ、同時期に公開された クリント・イーストウッド監督の作品。 DVDで鑑賞。 2006年、硫黄島の地中から発見された数百通もの手紙。 それは61年前、この島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。 戦況が悪化の一途をたどる
映画、言いたい放題!| 2007/06/16 01:40
世界が忘れてはいけない島がある   ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  『硫黄島からの手紙』  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。 アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林(渡辺 謙)が硫黄島に降り立った。 着任早々、栗原は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げる。 そんな栗原の...
京の昼寝~♪| 2007/02/23 13:00
 『硫黄島からの手紙』※舞台挨拶付試写会 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 伊原剛志 二宮和也 加瀬亮 公式サイト ◇渡辺謙さん・伊原剛志さん 舞台挨拶 「戦争物」と「ホラー」は映画館で観ないようにしてるん....
Cold in Summer| 2007/01/26 14:25
公開中の映画「硫黄島からの手紙」を観賞。監督・製作:クリント・イーストウッド。製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ、製作総指揮・共同原案:ポール・ハギス。脚本:アイリス・ヤマシタ。出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童ほか戦況が
やまたくの音吐朗々Diary| 2007/01/24 23:17
公開中の映画「硫黄島からの手紙 」を観賞。 監督・製作:クリント・イーストウッド。製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ、製作総指揮・共同原案:ポール・ハギス。脚本:アイリス・ヤマシタ。出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅
やまたくの音吐朗々Diary| 2007/01/21 02:22
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 評価:72点 公式サイト (ネタバレあります) 何が凄いって、これだけ日本人がワラワラと出てくる映画が洋画であって、監督がクリント・イースト....
デコ親父はいつも減量中| 2007/01/20 00:38
アメリカで公開された「父親たちの星条旗」に対して,日本で公開されたのが,この「硫黄島からの手紙」 日本とアメリカ,それぞれから見た,第二次世界大戦での硫黄島の戦いを描いている. ----(PR)---------- リンクサービスのお知らせ オレメデアに,あなたのブログ(ホー...
オレメデア| 2007/01/12 15:21
「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土に向かうことになる 日本の最後の生命線を舞台に イーストウッド監督が...
soramove| 2007/01/05 20:02
自分の敬愛するクリント・イーストウッド監督の両作品です。 今話題の真っ只中ですが、無事に2本とも、連続して鑑賞できました! 「ミリオンダラー~」 でおもいっきりやられちまった監督の作品だけに、相当期待して観てきました。 で、結論。 こんな世界の、こんな時
ネオ・ビジョンかわら板| 2006/12/28 17:32
硫黄島からの手紙公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価  ☆
シネマ de ぽん!| 2006/12/28 13:25
「父親たちの星条旗」と2本で一つの映画。 勝手にそう思っていましたが、 そう、言うわけでもなかったんですね。 映画としては、「父親多たち〜」のほうが 優れていたと思いますが、 アメリカ映画で、これだけ日本を リアルに描いた作品が作られたことにまずは乾杯!
着物アロハ・茅kaya日記| 2006/12/28 09:50
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ| 2006/12/27 09:50
 この作品を観てつくづく感じさせられたことは、自分はクリント・イーストウッドのよき観客にはとうてい成り得ないことでした。  この名優にして老
シネクリシェ| 2006/12/26 03:26
イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親
はらやんの映画徒然草| 2006/12/23 21:41
「硫黄島からの手紙」を観てきました〜♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も変更する・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押せば、壮絶な攻防戦が・・・
観たよ〜ん〜| 2006/12/22 21:03
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~| 2006/12/22 01:15
DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 戦況が悪化の一途をたどる1...
CINEMA DEPOT's BLOG| 2006/12/21 22:15
余は常に諸氏の先頭にある。
悠雅的生活| 2006/12/19 00:19
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
Akira's VOICE| 2006/12/17 17:03
 この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。
よしなしごと| 2006/12/17 14:35
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。
ひらりん的映画ブログ| 2006/12/16 02:53
「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土に向かうことになる 日本の最後の生命線を舞台に イーストウッド監督が...
soramove| 2006/12/15 17:22
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2006/12/14 22:27
省みても 繰り返す 人類史   もちろん、忘れ去られつつある太平洋戦争を第1部「父親たちの星条旗」と第2部「硫黄島からの手紙」、双方から描くことで、各々の立場とそれを超えた共通性を示しながら、改めて歴史観を今の人々に伝え、戦争の悲劇を伝えたいということはあ
空想俳人日記| 2006/12/12 12:31
国民の 首をすぐ切る 愛国心   そして硫黄島第2弾。あの「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点から描く2部作の第2弾だ。初めから、両方作る予定だったかど
空想俳人日記| 2006/12/12 12:26
奇しくも真珠湾攻撃の日と同じ12月9日・・・。映画「硫黄島からの手紙」が公開されました! チラシ画像はクリックで拡大。裏面はコチラ
気まぐれ961部隊!| 2006/12/11 07:55

コメント

TBありがとうございました。
戦争を知らない世代ばかりになって、こうして、映像で見てあらためて、そう言う時代に生きてきた親や祖父母の時代を思う。ほんとうに大切だと思いました。
posted by kayamariyonURLat 2006/12/28 23:07 [ コメントを修正する ]
Re:戦後世代
ご来訪・コメント有難うございます。

たとえリアルな戦争映画を何度も何度も観たとしても、彼らが負った本当の傷、本当の苦しみは、戦争を知らない僕たちには決して分からないと思います。
でも、ここで全てではなくても何か少しも知ろうしなければ、きっと人間はこれからも同じ過ちを繰り返し続ける。だからこそ、こういった映画を少しでも観て、考えてほしい。そう思いました。

>TBありがとうございました。
>戦争を知らない世代ばかりになって、こうして、映像で見てあらためて、そう言う時代に生きてきた親や祖父母の時代を思う。ほんとうに大切だと思いました。
2006/12/30 11:04
そうですよね。すべては家族も愛する人もいる「ただの人」。

で、あの当時、「鬼畜米英」は人にあらず、とされていた時代だからこそ、渡米経験のある二人の将校の存在が重要なのですね。自分は現在も進行するイラク戦争(未解決な)や対テロ戦争を、遂行しているアメリカ人の多くは、彼らを「人」ではなく単純な「敵」としてしか捕らえていないのでは、と思います。
直接の知人が一人でもいれば・・また優れたイラン映画など、中東の文化を知る人が多ければ・・短絡的な「敵視政策」はできないはずなのですが・・

自分はだからこそ、世界中の映画を観ていきたいな、と思っています。
posted by おかぽんURLat 2006/12/29 12:38 [ コメントを修正する ]
Re:「ただの人」
ご来訪・コメント有難うございます。

『父親たちの星条旗』で、見えざる敵とどうやって戦う、といった類の台詞がありますが、この部分、『同じ人間』だからこそ見えざるところがあったのかもしれません(考えすぎかもしれませんが…)。

向かってくるのは、自分と同じ血の通っている人間。善も悪も、そこには無い。だから、明確な『敵』が見えない。分からない。
でも、ここで何もしなければ、自分が死ぬ。親友が死ぬ。ひいては家族が死ぬ。だから、必死で『敵』を追い求めて、戦い、死に追いやる。
戦争が如何に兵士の精神を削ぎ落とし、狂わせるか、よく分かります。

>そうですよね。すべては家族も愛する人もいる「ただの人」。
>
>で、あの当時、「鬼畜米英」は人にあらず、とされていた時代だからこそ、渡米経験のある二人の将校の存在が重要なのですね。自分は現在も進行するイラク戦争(未解決な)や対テロ戦争を、遂行しているアメリカ人の多くは、彼らを「人」ではなく単純な「敵」としてしか捕らえていないのでは、と思います。
>直接の知人が一人でもいれば・・また優れたイラン映画など、中東の文化を知る人が多ければ・・短絡的な「敵視政策」はできないはずなのですが・・
>
>自分はだからこそ、世界中の映画を観ていきたいな、と思っています。
2006/12/30 11:02
TBありがとうございました。
ひとくくりにするのはできませんが、日本ではなかなかできない映画ですね。
最近、「マイドッグスキップ」を、もう一度見直したんですが、同じ時代の同じ戦争をしていた国とはおもえませんでした。この時代のアメリカを知っている、栗原中将は本当に苦しかったのでしょうね。
posted by kayamariyonURLat 2006/12/29 23:53 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] エラゴン 遺志を継ぐ者 | HOME | 結婚祝賀パーティー>>
忍者ブログ[PR]