忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/21 15:40 |
[Review] エラゴン 遺志を継ぐ者

エラゴン 遺志を継ぐ者ナルニア国物語 : 幼児・小学生向き
ハリー・ポッター : 中学・高校生の思春期向き
指輪物語 : 青年向き

ファンタジー映画を観ると、登場人物や物語・構成の複雑さ等から、それぞれの年代に合うような作品のように見受けられます(あくまで僕個人の判断)。
では、『エラゴン』はどのような位置づけか? 僕としては、小学生~中学生に対する、それもRPGのゲームに夢中の少年少女向けのファンタジー映画であると感じました。
指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)は、色々な友人から聞いた話で、「ドラクエを実写かするとあんな感じだ!」というふうに興奮気味に捲くし立てられたことがあります。確かに、最初のうちは冒険ファンタジーのような印象を色濃く感じましたが、後になってきて様々な人間の思いと感情が複雑に絡み合うシーンが多くなって、ただの『冒険ファンタジー』ではなくなっていくんですね。複雑でありながらもそこが面白いところではあるのですが。
一方で、『エラゴン』は正に混じりっけ無しの「これぞ冒険ファンタジーの実写そのもの!」と言えるような、少年少女の冒険心をくすぐるような作品であると感じました。


が。
どうやら原作は、もちょっと主人公は人間くさいところがあったんですねー。。。
何故自分が選ばれた?」「何故自分がドラゴン・ライダー?」「僕がこの国を救う希望?
迷い、戸惑い、持ち上げられて、それでも自分を守るために、戦い、傷つく人がいて、自分の存在が如何なるものなのかを悟っていく。成長していく。
原作が出版された当時の原作者クリストファー・パオリーニ氏は何と17歳ということで、どことなく青臭い感じがあるのは否めませんが、それでも、17歳としてのご自身が憧れていた人間の成長振りを描こうとしていたのでしょう。

しかし、映画でその「弱かった自分からの成長」の背景は、あまりなかったですねー……
登場したときから割りと強かったですし、早合点で空回りなところはありつつも、とてもちょっと前に自分の運命に気づいた少年の行動力とは思えないですし。。。


ちょいと中途半端で消化不良なところはありますが、ひねった部分はなく、冒険ファンタジー映画として直球ストレート勝負の作品であると思います。
あまり深く考えず、鑑賞されることをお勧めします。
また、物語としてはシンプルであるものの、展開が速いのも難点の一つです。

拍手

PR

2006/12/16 22:55 | Comments(0) | TrackBack(7) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
 『少年はドラゴンに命を与え、ドラゴンは少年に未来を与えた』  コチラの「エラゴン 遺志を継ぐ者」は、12/16公開になった最先端のVFXを駆使した壮大なスケールのファンタジー・アドベンチャーなのですが、観てきちゃいましたぁ〜♪  原作は、当時17歳のクリストファ...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/11/01 22:02
監督 シュテフェン・ファンマイアー 主演 エド・スペリーアス 2006年 アメリカ/イギリス映画 104分 ファンタジー 採点★★★ またウルトラマンメビウスの話でアレなんですが、実際最近コレばっか観てますもんで。一人を除いて全員が転校生(担任も含め)という、一種異様な..
Subterranean サブタレイニアン| 2007/05/29 15:53
今回、映画館の予告以外は全く予習無しで観に行きました。エラゴンって主人公の青年の名前だったのね。。。(~○~;)ファンタジー・アドベンチャーワタクシが最も好きなジャンルでありまするですが 何か物足りないと言う感じ。どこがどうだとか特に無いねんけど観終わった...
HAPPYMANIA| 2007/01/08 00:46
監督:シュテフェン・ファンマイアー 出演:エド・スペリーアス、レイチェル・ワイズ、ジェレミー・アイアンズ、シエンナ・ギロリー、ギャレット・ヘドランド、ジャイモン・フンスー、ジョン・マルコヴィッチ、ロバート・カーライル 評価:68点 公式....
デコ親父はいつも減量中| 2007/01/07 20:44
剣と魔法と姫とドラゴン。 ファンタジーものといったら出てくる要素をすべて盛り込ん
はらやんの映画徒然草| 2007/01/07 17:33
 お正月映画大本命のファンタジー映画エラゴン 意志を継ぐ者見てきました。
よしなしごと| 2006/12/30 00:16
いやぁー、超おひさしぶりでございます 「ミュージックファクトリーの音楽・映画情報」を書いております、maiです。 突然ですが、タイトルを変えました 今度のブログタイトルは 「日々、書く、えいが、おんがく、DTM」にしました。 というのも、ツタヤ事件があって以来、まっ
日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。| 2006/12/17 13:59

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<おもろい記事特集 14 | HOME | [Review] 硫黄島からの手紙>>
忍者ブログ[PR]