忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/25 19:41 |
[Review] 最高の人生の見つけ方
最高の人生の見つけ方余命半年を宣告された、二人の初老。
一人は、大勢の家族に囲まれてはいるものの、与えられた境遇から、家族を養うのに精一杯。自分のことなど何一つ出来ずに老いてしまった。もう一人は、事業が成功し裕福な人生を送ってきたが、それは物質的なものであり、心はいつも孤独のまま老いてしまった。
そんな二人が病室で出会い、最初はただの他人同士だったのに、次第に惹かれあい、心を通わせ、そしてめくるめく夜のひと時へ……
     ってそんな話ではありません。

余命幾許も無い人が、死ぬまでにしたい、叶えたい願いを描く作品といえば、『死ぬまでにしたい10のこと』があります。話の本筋は同じ。では、この作品ならではの本質はというと、死ぬまでに願いを叶えたいというより、その願いを共に分かち合いたい、そうすることで自分が生きた証を、意味のある人生を送れたということを、誰かに知って欲しい、というところでしょうか。
沢山の家族に恵まれたけれど、全ては家族優先。自分が本当にしたいことはほとんど、というより何も無かった。本当に自分の人生は、このままで終わってしまうのだろうか。
経営が軌道に乗り、世界を一周できるくらいの資産がある。しかし、周囲に群がる人間どもは、自分というより自分の資産に目を向いているような気がする。本当に自分に目を向く人など皆無に等しい孤独の人生、このままで終わってしまうのだろうか。
終わりに近づいているからこそ、自分の人生をこれまで以上に輝かせる。それも勿論そうですが、何より『本当の自分』と向き合ってくれる、よき相棒を持つこと。それが、この作品で伝えたかったことではないかと思います。


こうまでいくと、ホロリと涙を誘うような物語のように思いますが、主演がジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの両氏なのだから、単なるお涙頂戴映画に留まるはずがありません。
気の利いた洒落や皮肉、ユーモアたっぷりの絶妙な演技。最後だから無理してでもドーンと花火を上げよう、というのもあるけれど、そんなのは自分の性には合っていない。最後まで本当に自分のペースで、自分の好きなままで時間を過ごす。これは、ジャック・ニコルソンが演じるエドワード、モーガン・フリーマンが演じるカーターの物語、というより、ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン両氏そのものによる、気ままな旅、といっても過言ではないでしょうか。

同じ願いを叶えるんだったら、一人より二人の方がいい。その方が、自分の生きた証が、自分の本当の姿が、どちらかの記憶に刻まれるから。
人間はいつか死ぬ。お互いの記憶にしか残らないとすれば、両方とも死ねば何も残らない。でも、「何も残さない」よりは十分マシ。誰かと分かち合うことが出来たと、満たされた心のままに、点に召されることが出来るから。
そんな気持ちで送ることが出来る人生って、本当に幸せなことではないでしょうか。

拍手

PR

2008/05/10 21:57 | Comments(0) | TrackBack(24) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
あらすじ仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)は入院先の病室で知りあった。共に余命は6か月。やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し無謀にも病院を脱出・・・。感想『死...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/06/17 08:14
昨日{/kaeru_fine/}は偏頭痛のため(もしかしたら二日酔いかも?)殆ど寝てた私。お昼過ぎまで寝た後、途中少しだけ起きて、模型屋さん{/car2_tank/}とパソコンショップ{/pc2/}と食料品の買い出し{/silver/}に行っただけで、夜も割と早めに就寝しました。…先週が割と忙しかったから疲れが出た{/face_kaze/}のかもしれませんね。 さて三連休の真ん中{/kaeru_fine/}です。 三連休といっても給料日前の我が家にはお金が無くて、どこに遊びに行くことは出来ません。昨日な...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2008/11/23 16:02
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演で描く、死を意識した初老男性2人の希望に満ちた余生を描く人間讃歌。病室で知り合った2人が意気投合し、“やりたいことリスト”に基づき、残りの人生を生き生きと駆け抜ける。感動ストーリーをさわやかなユーモアで描き切ったのは、『スタンド・バイ・ミー』の名匠ロブ・ライナー。いぶし銀の演技を見せる2人の名優の友情とすがすがしい笑顔に、思わずほろっとさせられる。[もっと詳しく] 「最高の人生なんてわかんないけどさ」と、呟きながらも、僕は・・・。 ジャック・ニコルソンと...
サーカスな日々| 2008/10/14 02:12
とってもとっても久しぶりに試写会に当たりました。 1年半振りくらい・・・? こち
はらやんの映画徒然草| 2008/06/06 21:46
ロブ・ライナー監督作品 二大オスカー俳優共演   5月27日、MOVX京都にて鑑賞。主演は大物俳優、ジャック・ニコルソン&モーガン・フリーマンという凄い顔ぶれ。そんな二人の共演作、ちょっと気になり観に行きました。 日本語タイトルは「最高の人生の見つけ方」ですが、原題は「THE BUCKET LIST」、これを訳すると“棺おけリスト”なんですね。随分ニュアンスが違うので、驚きました。原題では、この映画のイメージとマッチしないからなのか?それでも日本語タイトルもぴったりとはいえないように思いま...
銅版画制作の日々| 2008/06/05 01:26
主演はジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン。アメリカ映画の二大スター、まさに百戦錬磨、芸達者なこの二人のために作られた映画です。一人は、家族のために自分の夢を犠牲にして働いてきた実直な自動車修理工カーター(モーガン・フリーマン)、もう一人は、お
とんとん・にっき| 2008/06/02 18:59
24日、八戸フォーラムで「ランボー 最後の戦場」を観ました~。 そして2本目に観たのが、
欧風| 2008/05/31 07:57
☆まあ、数々のネット映評家さんたちが、既に多くの賛辞を送っているようなので、私は多くを語らないぞ^^; いい作品だった。 ガン末期の二人の「自由な旅」の物語だ。    ◇   ◇ その「自由な旅」がクローズアップされているが、何よりも、私は、偶然にも相部屋となった二人の、病室で、次第に友情を育んでいく様に面白さを感じた。 ロブ・ライナーは、こういった密室での会話で充分に楽しませるだけの力を持つ監督だ(例『ミザリー』^^;)。 私は、何よりも、ジャック・ニコルソンの演技の見事さに驚いた。 毒づ...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』| 2008/05/31 00:41
「最高の人生の見つけ方 」★★★☆ ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン主演 ロブ・ライナー 監督、2007年、アメリカ、96分 人は生まれた瞬間から 死ぬまでの人生を生きている。 予告を見て是非見たいと思っていた作品。 余命半年と宣告された主...
soramove| 2008/05/23 22:44
□作品オフィシャルサイト 「最高の人生の見つけ方」□監督 ロブ・ライナー□脚本 ジャスティン・ザッカム □キャスト ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ロブ・モロー■鑑賞日 5月10日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 家族のために汗と油まみれで生きてきたカーター(モーガン・フリーマン)、一方実業家で金に不自由はないエドワード(ジャック・ニコルソン)の対極的な生き方をしてきた初老の二人が余命半年と告知され、同室に入院したことから始...
京の昼寝〜♪| 2008/05/20 17:44
「最高の人生の見つけ方」を観てきました〜♪ 強引なやり口で成り上がってきた大富豪のエドワード(ジャック・ニコルソン)と家族思いで真面目な整備工カーター(モーガン・フリーマン)、偶然病室で同室となる。初対面は最悪の二人だったが、徐々に打ち解ける。そんな或る日、お互い余命があと数ヶ月という事をしり、人生でやり残した事を実行する、そんな旅に出る・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、最高の人生が見つかるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非...
観たよ〜ん〜| 2008/05/20 07:49
■動機 誘われて ■感想 日本じゃ作れない感動作だなぁ ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)は、入院先の病室で知りあった。共に余命は6か月。やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し、無謀にも病院を脱出。“やりたいことリスト”を手に、さまざまなことに挑戦する。 ■コメント 予告編で何度かみた"見たい度40%"程度の映画で、 「末期がん患者が人生の最期...
新!やさぐれ日記| 2008/05/19 21:29
監督:ロブ・ライナー 出演:ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ロブ・モロー、ビバリー・トッド 評価:90点 公式サイト さすがです。 ジャック。ニコルソンとモーガン・フリーマンという名優の競演に加えて、監督はスタンド・バ....
デコ親父はいつも減量中| 2008/05/18 23:07
【最高の人生の見つけ方 】2008年5月10日(土)公開 監督 : ロブ・ライ...
MoonDreamWorks★Fc2| 2008/05/18 10:42
人気ブログランキングの順位は? 余命6ヶ月、 一生分笑う。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/05/18 01:48
『最高の人生の見つけ方』を観ました自分本位な富豪の男と実直な自動車整備士が、ともに末期のガンで余命6ヵ月と宣告されたのをきっかけに、死ぬ前にやり残したことを実現しようと2人で病院を抜け出し冒険の旅に出る姿を描くハートフル・ストーリーです>>『最高の人生の...
おきらく楽天 映画生活| 2008/05/17 23:04
死ぬまでしたい10のことは私の好きな作品のひとつですが、ちょっぴり哀しいし、辛いんですよ…。
My Favorite Things| 2008/05/17 07:16
余命半年と宣告された二人の初老男性の物語です。
水曜日のシネマ日記| 2008/05/15 10:51
3日連続でナイトショウ観て来たのに・・・ 続けて試写会に行ってきました。。。レビューが溜まってるよーーー。 今回は虎ノ門のニッショー・ホール。 劇場での予告編は何度も観てたので、あらすじはバッチリ。 主演は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンのオーバー70のオスカー俳優コンビ。 二人は同い年。
ひらりん的映画ブログ| 2008/05/15 01:22
 昔、英語の授業中に「one」という単語を「おね」と発音した友人の顔を見て恥ずか
eclipse的な独り言 | 2008/05/14 18:44
これまでの人生で、やらなかったこと、知らなかったこと、足りなかったこと、諦めていたこと、目を背けていたこと、忘れていたこと、忘れようとしていたこと、全部やるための、これからの6ヶ月。 末期がんで、余命6ヶ月。そう宣告されたら、誰もが後はもう待つだけと思...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ| 2008/05/14 00:19
   ★★★★☆  末期ガンで余命を半年と宣告された2人の男の生きざまを 「スタンド・バイ・ミー」(1986年)のRob Reinerが監督した。 原題の「The Bucket List」は「棺桶リスト」=死ぬまでにやるべきこと=の意味。  Edward Cole (Jack Nicholson)は1代で巨額の富を築いたワンマン経営者。 末期ガンを宣告され、自分が経営する病院に入院、 同じく余命半年のCarter Chambers (Morgan Freeman )と知り合う。 性格も境遇もまったく異なる...
富久亭日乗| 2008/05/13 21:47
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン。どちらも大好きな俳優さんなので楽しみにしていました〜【story】仕事に人生を捧げた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)は入院先の病室で知りあった。共に余命は6か月。やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し、無謀にも病院を脱出。“やりたいことリスト”を手に、さまざまなことに挑戦する―     監督 : ロブ・ライナー 『スタンド・バイ・ミー』『アメリカン・プレジデント』【comment】とて...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2008/05/13 08:25
 『余命6ヶ月、 一生分笑う。』  コチラの「最高の人生の見つけ方」は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという名優2人が共演した5/10公開のヒューマン・コメディなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  監督は、「スタンド・バイ・ミー」、「ア・フ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/05/11 23:43

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] スパイダーウィックの謎 | HOME | [Review] ブラックサイト>>
忍者ブログ[PR]