忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/21 15:44 |
[Review] 手紙

手紙     もし犯罪者が君の大切な人を殺したら、どうする?

許さない。絶対に許さない。

     殺したいくらい?

そうだね。殺したいくらい憎らしい。

     じゃあ、もし本当に実際に被害者になったら、犯人を殺す?

……………分からない。

     なぜ? 殺したいくらい憎らしいんじゃないの?

出来るものなら。でも     

     でも?

もし本当に殺してしまったら、きっと僕の家族を苦痛に追いやってしまう。
僕に親しくしてくれた人に、悲しい思いをさせてしまう。
映画『手紙』の主人公と同じように。この先生きていくことすら辛く感じてしまうくらい。


     そうだね。
     『人殺し』のレッテルは、きっと死ぬまで消えない。いや、多分死んでも消えない。
     その家族も、『人殺しと親しい者』として、この先ずっと白い眼を向けられて生きていく。


被害者の苦しみは、被害者でしか分からない。
同時に、加害者と親しい人が受ける苦しみは、その人にしか分からない。


     けれど恐ろしいことに、周りが被害者の苦しみを理解している『振り』をしていることだよ。
     まるで自分達も被害者であるかのように振舞っている。


もし、加害者を憎んでいい権利があるんだとしたら、それは被害者だけだ。
『何もされていない』人たちが、まるで自分達も『何かをされた』かのように、加害者を蔑んでいい
理由はないと思う。


     じゃあ、君はもし傍観者の立場だったら、犯罪者を受け入れられる?

……………分からない。

     すぐには受け入れられないの? なぜ?

………怖いから。

     何が『怖い』の? 自分も被害者と同じように殺されることが?

それもそうだけど、………周りが。

     周りの『何』が怖いの?

白い目で見られるのが。「犯罪者と親しい人なんだ」と思われるのが。

     それって、結局は自分のためなんだね。
     どんなに理想を挙げ連ねても、最後はわが身可愛さに走ってしまうんだよね。
     でも、それが『人間』だよね。


……………。

     いじめや談合、責任転嫁といった、様々な社会問題と一緒。
     わが身可愛さに、自分が被害者にならないように、見て見ぬ振りをしてるだけ。
     そういう『受け入れることの出来ない』体質が、更に犯罪や自殺を増長させているのに。


犯罪者にとってみればたった一回の過ちが、こうも負の連鎖を繋げているんだね。

     そうだね。
     でも、その負の財産しか生まない体制を『変えられる』のも、人間しかいない。
     確かに、過ぎた罪を無かったことにするなんてことは出来ない。
     一度殺した人を、生き返らせることなんて絶対に出来ない。
     でも未来は、何物にも染まっていない未来は、いくらでも変えることが出来る。


きっとこの先も、辛く苦しい未来が続くのかもしれない。
でも誰も受け入れてくれなければ、きっとまた負の遺産を生み続けるだけなんだ。
ほんの少しでも受け入れる気持ちがあれば、もしかしたら変えられるかもしれない。
言うは易しするは難し。でも、映画『手紙』に登場する人物のように、心の暖かい人が周囲にいれば、きっと変えられるかもしれない。

色々な人が号泣したと絶賛する映画です。
僕は号泣まではいきませんでしたが、でも心がじんわりと温まりました。

罪を犯した者は、この先決して逃げられない。
罪を犯した者と近しい者も、その偏見から逃げることはできない。
あまりにも重過ぎるハンデを負いながらも、それでも生きていかなければならないのが彼らの宿命。

ならば、僕達ができることは?
一度罪を犯した者を受け入れることは、難しいかもしれない。
それもきっとすぐにはできない。何日も、何年も時間を積み重ねるかもしれない。
映画『手紙』の被害者も、本当に受け入れがたい事実だった。
でも、最後の最後でその温かい心で受け入れることが出来た。たとえ犯罪者を許すことはできなくても。


『受け入れられない』ことほど、人間、辛く苦しいことはないと思います。差別のように。いじめのように。
『受け入れられない』ことの連鎖が、結局は人間の愚かさを繰り返すことになるのでしょう。
ほんの少し前に一歩進めれば、何かを変えられるかもしれない。
そして、その積み重ねが、世界を大きく変えられるかもしれない。

人間の世界を変えられるのは『神』ではありません。紛れも無く、『人間』だけです。

拍手

PR

2006/11/19 00:11 | Comments(0) | TrackBack(4) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
[手紙] ブログ村キーワード手紙(原題:The Letter)キャッチコピー:兄貴、元気ですか?これが最後の手紙です。製作国:日本製作年:2006年配給:ギャガ・コミュニケーションズジャンル:...
映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評| 2010/01/27 17:40
身寄りの無い兄弟、塀の中と外に分かれた二人をつなぐもの・・それは手紙、それは安らぎ、癒し、生きる希望でもあるけど、過去の罪の苦しみを引きずる・・ 武島直貴(山田孝之)の兄武島剛志(玉山鉄二)は、弟の大学費用を工面するため盗みに入り家人を殺してしまって無期懲
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~| 2007/12/09 02:58
 『兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。』  コチラの「手紙」は、11/3公開になる東野圭吾さんの同名ベストセラー小説の映画化なんですが、試写会で観て来ました♪この映画の感想を冷静に書くことなんて、とてもじゃないけど無理。途中でおすぎが憑依しちゃいそ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/11/09 21:14
言の葉を 重ね合わせる 合掌かな   いや、別に沢尻エリカが出演するからといって観に行ったわけではありませぬ。もし、そうなれば、おそらくプロダクションが「今が売れ時、売り込み時」と判断して、特に、この2006年などは、「間宮兄弟」「シュガー&スパイス~
空想俳人日記| 2007/01/04 13:46

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] トゥモロー・ワールド | HOME | 誰がために鐘は鳴る>>
忍者ブログ[PR]