忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/23 20:44 |
[Review] 戦国自衛隊1549
戦国自衛隊1549この映画ほどコンセプトをストレートに出してるのもないかもしれません。観ているこっちが凄いこっ恥ずかしかった……
話の流れ的に『沈黙の艦隊』っぽいのを想像して、まさしくその通りになった、というのは今更言うに及びませんが、
ところどころに散りばめられた予期せぬ展開は、面白かったと思います。豊臣秀吉の誕生秘話とか。

まあ、僕も僕で最近の邦画はこういうのしか見ていないような…
『ローレライ』もしかり。『戦国自衛隊1549』もしかり。行く先々は『亡国のイージス』も観てしまう勢いだったりします。


どちらかというと『ローレライ』の方が面白かったかな、と思ったのは、物語が進行するにつれて、物語が訴えようとしている『コンセプト』が、登場人物に徐々に浸透していっている、というところでしょうか。
決してストレートではなく、登場人物ごとに浸透の具合が異なりますが。

まあ、こういった映画にはやはりお約束の『クサい台詞』もあるわけで。観ている最中に何度(別に自分が演じているわけではないのに)恥ずかしい思いをしたことか。

拍手

PR

2005/07/03 10:13 | Comments(0) | TrackBack(0) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] 鋼の錬金術師 | HOME | [Review] 宇宙戦争>>
忍者ブログ[PR]