忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/23 21:38 |
[Review] 宇宙戦争
宇宙戦争敢えて声を大にして申し上げますが、スティーヴン・スピルバーグとトム・クルーズコンビの映画では、『マイノリティ・リポート』断っっ然に面白かったです。

いや、あのね。確かに面白かったの。まぎれもなく超大スペクタクル映画だし。
ただ、僕が悪かったのかのかも知れないけれど、昨今のCG技術の進歩で、『ただの超大スペクタクル』ではないんだろうなー、なんて、勝手に想像してたのね。
事実、CMでも、『娘を命懸けで守る父の愛』っぽいことが描写されてたし。

ただ、その『超スペクタクル』だけでは終わらせない+αの部分が、ちょっと薄く感じたし、
何よりあのトホホなラストは何!?
『A.I.』と同レベルじゃん。
というか、まだ『A.I.』の方が話の関連性があるから分かるものの、『宇宙戦争』に至っては………。。。


というわけで。
ラストがお粗末だったため、やはり『ただの超大スペクタクル映画』で終始してしまうのでした。。。
まあでも、宇宙人が人間を虐げる様子は、体が固まって凝視してしまうくらい凄かったけどネ。

これは後日談なのですが、トム・クルーズとスティーヴン・スピルバーグが連絡を取り合った際、『Mission : Impossible III』の、J.Jエイブラムス監督の調整の折がつかなかったので、『Mission : Impossible III』の撮影を延期させる代わりに、スティーヴン・スピルバーグも『ミュンヘン』を延期させて、この『宇宙戦争』を撮ろう、という話になっていたそうです。

はぁ。なるほど。

つまり、この二人にとってこの作品は、単なる中継ぎの位置づけでしかない、と。


結局、映像美だけを見せるような、いや、どんなに映像美『だけ』を強調したいとは言うものの、あれだけトホホなラストを見せられれば、折角の映像美も急激に台無しに……

拍手

PR

2005/07/02 00:55 | Comments(0) | TrackBack(5) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
彼らは、すでに地球(ここ)にいる
Addict allcinema おすすめ映画レビュー| 2011/01/23 14:09
先日原作の小説も読んだし、本作主演のトム・クルーズの「ワルキューレ」を観たし、本
はらやんの映画徒然草| 2010/12/28 13:19
H・G・ウェルズの人気小説をスティーヴン・スピルバーグ監督がトム・クルーズ主演で映画化したSF超大作。その他キャストはダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン、ミランダ・オットー他。 <あらすじ> アメリカのある町である日のこと、突然、稲光が何度も地上にまで達するという異変が起きていた。レイ(トム・クルーズ)は、黙って外出した息子のロビー(ジャスティン・チャットウィン)を探しにいくため、娘のレイチェル(ダコタ・ファニング)に留守番をするよういいつける……。(シネマトゥデイ) ...
Yuhiの読書日記+α| 2009/06/16 23:29
WAR OF THE WORLDS 2005年:アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ジャスティン・チャットウィン、ミランダ・オットー アメリカ東部のニュージャージーに暮らすレイは労働者階級のごく平凡な男。別れた妻との間には...
mama| 2008/03/02 09:01
 コチラの「宇宙戦争」は、スティーヴン・スピルバーグ監督&トム・クルーズ主演で、H・G・ウェルズの同名小説を映画化した2005年全米映画年間3位の興行成績を収めた大ヒットSFスペクタクルです。  宇宙人が地球への侵略をすると言ういかにもな設定の映画なので、いかに...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/02/27 21:10

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] 戦国自衛隊1549 | HOME | [Review] レオン>>
忍者ブログ[PR]