忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/21 15:43 |
[Review] 幸せの1ページ
幸せの1ページ他人との関わり合いが怖くて、いつも一人で蹲っていた。でも、心のどこかで、変わりたいと願っていた。その思いを、自由に動かすことのできる小説の主人公に託していた。
でも、動くのは主人公であり、自分じゃない。でも、変わりたいってどうやって? 案外そのきっかけは、ほんの些細なところから始まったりして     


というのを狙った作品だと思うのですが、ほとんど伝わってまいりませんでいた。不自然な作り物が散りばめられているという印象が強いし、何よりこの作品は、誰を視点に観たらいいの? という感じです。
勿論、正式な主人公を設定せず、半ばオムニバスのように進む作品は他にもあります。が、シーンシーンで、そのシーンを動かす主人公はいるし、たとえあるシーンでは特に絡みは無くても、そのキャラクターの視点で楽しもうという観方が出来る作品もあります。ですがこの作品はそれが無い。何だかコロコロシーンが変わるだけで、誰を主体として観ようかという暇すら与えてくれない。
折角、ジョディ・フォスター、ジェラルド・バトラー等、先端を行く俳優・女優が揃っているのに、台無し感が否めません。特に何も出来ないに等しいジョディ・フォスター演じるアレクサンドラ・ローバーが、交通の便も無い島にたった一人で来た後で、たとえ微力ながらも何らかの行動を期待してしまうのですが、結局は何もしなかったに等しいとなると、少々というかかなり拍子抜けなのです。一体ジョディ・フォスターは、この役のどこに惹かれたのか、首を傾げてしまいました。
終始そんな感じの作品ですので、稀に見るジョディ・フォスターのコメディ・タッチな演技も、どこかちぐはぐな感じがしますし……

残念ながら、物語としても、視覚効果にしても、結末に関しても、特筆すべきところが見られない作品のように思いました。ハートフルな作品であるはずなのにちっともハートフルに感じないし。結末部分に、もう少し勇気溢れるような行動が少しでも垣間見ることが出来たら、良かったのかもしれませんが。
まぁでも、今まで何年も家の外に一歩でも出るのを怖がっていた人物が、たった数日で自分一人で飛行機に乗ったりボートに乗ったりするというのも、驚くべき、というか恐るべき進歩ですよね… 「ほんの少しでも変わりたい」という範疇をゆうに超えているような気が…(汗)

拍手

PR

2008/09/06 22:37 | Comments(0) | TrackBack(17) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
84.幸せの1ページ■原題:Nim'sIsland■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:96分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月4日、シネパレス(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)...
KINTYRE’SDIARY| 2011/01/02 23:14
{/kaeru_fine/} ひとつ前の記事で予告したとおり、本日2つめの記事です{/face_nika/} まずは、ここで溜まりに溜まった{/ase/}近況報告(の一つね) 先々週2009年5月10日(日曜日)、またまた「鳥栖プレミアム・アウトレット」に行ってきました。私は既に季節を過ぎた{/face_ase1/}パーカー(ティンバーランド)を購入。 息子は夏用のパーカーを、嫁も薄手のシャツを購入していました。 まぁ私やら息子やら嫁の買い物はどうでもいいわけで{/face_ase2/}…今回の主目的...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2009/05/31 19:10
ジョディ・フォスターとジェラルド・バトラーのこういった役、珍しかったです・・
心の栄養♪映画と英語のジョーク| 2009/02/26 00:14
人気ブログランキングの順位は? 人生なんて、 たった1行で変えられる。 ひきこもりの冒険作家に ドアを開けさせたのは、 南の島の少女からの SOSメールだった!
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/09/22 02:05
「幸せの1ページ」は試写会が当たっていたのに、別の試写会と日程が重なってしまったので、泣く泣くお友達に観にいってもらった作品です。 ようやく観にいってきました。 この映画、チラシのイラストがとても美人な若い姉さんとアビゲイルちゃんだったのよ。この若い姉さんは誰?と思っていたら、ナント!ジョディ姐さん! イラストの女性と映画の中の彼女とのギャップが・・・。 とはいえ、いつも隙のない化粧をしているイメージのジョディ姐さんが、顔の小じわ(大じわ)も隠さず、やけに不器用な女性を演じていて、とーって...
まぁず、なにやってんだか| 2008/09/21 22:25
ひきこもりな冒険小説作家、アレックス・ローバーの冒険物語であり、火山の島に住むニムの「ホーム・アローン」的おうちを守る物語に、家族と疑似恋愛がスパイスのハートウォーミング・コメディな映画を昨晩観ました。解説とあらすじはいつものYahoo!からのコピペで。その...
kaoritalyたる所以| 2008/09/20 02:01
□作品オフィシャルサイト 「幸せの1ページ」□監督・脚本 ジェニファー・フラケット、マーク・レヴィン □原作 ウェンディ・オアー □脚本 ジョセフ・クォン□キャスト ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー、マイケル・カーマン、マーク・ブラディ、アンソニー・シムコー■鑑賞日 9月13日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ジョディ・フォスターが来日して精力的にプロモーションをしていたが、こういうコミカルな演技を観るのは珍...
京の昼寝〜♪| 2008/09/19 12:30
「幸せの1ページ」を観てきました〜♪ 海洋学者のジャック(ジェラルド・バトラー)とその娘ニム(アビゲイル・ブレスリン)は、南海の孤島に住んでいた。或る日、ジャックは藻の産卵を観に行くために小船で海へ漕ぎ出す、留守番を頼まれたニムはジャックのメールを整理する時に、大好きなアクション小説のアレックス・ロビーからのメールを発見する・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、南海の孤島で生活できるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワン...
観たよ〜ん〜| 2008/09/15 07:48
「幸せの1ページ」観ました。 南の孤島で変人のパパと暮らす少女が大ピンチに! それに気づいた、遠く離れたアメリカに住む潔癖症の女...
クマの巣| 2008/09/15 05:52
人気冒険小説「アレックス・ローバー」の作者アレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フ
はらやんの映画徒然草| 2008/09/14 18:04
大好きなジェラルド・バトラーが出る映画なのに、「コチラでは上映されない〜」と思っていたら、された♪ラッキー【story】勇気あるヒーロー”アレックス・ローバー”(ジェラルド・バトラー)を主人公にした冒険小説で人気の小説家アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は、実は対人恐怖症の潔癖症で、何年も自宅に引きこもって暮らしていた。ある日彼女は、新しい小説のネタをネット検索していて、孤島で暮らす海洋生物学者のジャック(ジェラルド・バトラー)の記事に目をとめる。そして彼に協力を求めるつもりで連絡したが、返事をくれた...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2008/09/14 15:46
 常に悪と闘う正義の味方的女優の代表、ジョディ・フォスター。そんな彼女史上初のコミカルな演技が見られる本作。「幸せの1ページ」(角川映画)。この秋、気軽に楽しめるファミリー・ムービー…って、こんなジャンルの映画に、あのジョディが??って、感じですわ。  世界的ベストセラー冒険小説“アレックス・ローバー”シリーズの大ファンのニム(アビゲイル・ブレスリン)は、海洋微生物学者である父・ジャック(ジェラルド・バトラー)と2人で、南海の孤島に暮らしていた。大自然に囲まれ、アザラシやトカゲ、ペリカン達を友達...
シネマ親父の“日々是妄言”| 2008/09/11 10:01
離島で海洋生物学者の父親とふたりで暮らしている少女と、外出恐怖症で潔癖症の人気女流作家の物語です。
水曜日のシネマ日記| 2008/09/10 13:30
ベストセラー冒険小説家アレクサンドラは、自分が書くヒーローとは正反対に潔癖症の引きこもり。 ある日ネット検索中に、南の島で暮らす海洋生物学者ジャックの記事を見つけ、メールを送る。  返事の相手は彼の娘ニム。 無人島で暮らす少女からのSOSメールに、一大決心をして地図にない島へ旅立つのだが…。 ハートフル・アドベンチャー・コメディ。
象のロケット| 2008/09/09 23:03
 『人生なんて、 たった1行で変えられる。 引きこもりの冒険作家に、 ドアを開けさせたのは、 南の島の少女からの SOSメールだった!』  コチラの「幸せの1ページ」は、オーストラリアの人気作家、ウェンディ・オルーのベストセラー小説「秘密の島のニム」をジョデ...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/09/09 11:23
映画「幸せの1ページ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー、他 *監督・脚本:ジェニファー・フラケット、マーク・レヴィン *原作:ウェンディ・オルー 感想・評価・批評 等..
映画レビュー トラックバックセンター| 2008/09/09 08:36
ニムの島へようこそ♪   
悠雅的生活| 2008/09/08 22:01

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] ウォンテッド | HOME | [Review] TOKYO!>>
忍者ブログ[PR]