忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/21 01:03 |
[Review] 幸せのレシピ
幸せのレシピしっとりと流れるようなキャサリン・セダ=ジョーンズ様のまとまった髪にも、働きすぎで疲れが出ているかのごとく沢山の後れ毛が。それでもキャサリン様に魅了されずにいられないのは漢の性なのです!

……ってすみません、少々(?)暴走気味でした。要は僕はキャサリン・セダ=ジョーンズ様の大ファンですってこと。


さて、あらゆることに完璧を期すあまり歯車が噛み合わず、結果として色んな失敗、挫折に繋がるというのは、ものすごく共感できます。それも、「肩の力を抜け」という理屈は分かっていても、それを念頭に置くとかえって自分に甘えが出てくるから、「『全てを完璧にはこなせない』ということに甘えない。限りなく完璧に近い結果を出す」とわざと自分をより厳しい立場に追いやる。自分を突き詰めれば突き詰めるほど、緊張感が出るけれど、その反動もまた大きい。それでも、自分を緩めるわけにはいかない。悪循環スパイラルですね。

僕の一番嫌いな存在といったら、何と言っても自分自身なんです。「全てが思うようにいかない」と分かっているのに、「思うようにいっていない」ことに、常時腹を立てていたり。
それだけならまだしも、僕の場合は他の人と比べかなりダメなところがありまして。自分で立てた目標なのに、「忙しい」という甘えを理由にやる事為す事中途半端。客観的に見れば、忙しく見せているだけのただの怠け者。だからできていないのは自分の業の所為。できていない、やっていない、尚且つやれないことに目標を設けるなと自己嫌悪。最悪です。
そういう自分を最悪に追い詰めると、「ああ、人って独りでは生きていけない、というのは本当なんだなぁ」としみじみ実感します。大抵、自分が自己嫌悪に陥るスパイラルは、自分で自分を追い詰めるための所業がほとんど。でも、もし、一緒に頑張ってくれる、叱咤激励をかけてくれる人がいると、違った道筋になるかもしれない。全部が全部を自分でマネジメントしようとするから、変に肩肘が張ったり、変なところで曲解を生んだり。自分の目標なんだから自分でマネジメントするのは当然だけど、全てが自分の思い通りにいくわけがない。けれど、それを支え合う、理解してくれる、共に歩んでいける人が他にいるのであれば     

この作品での『共に歩む役割』といえば、仕事のパートナー、アーロン・エッカートであったり、姪役を演じるアビゲイル・ブレスリンですが、彼等のような存在が傍らにあることで、今までにない『自分のマネジメント』をコントロールすることができる。そこがすごく羨ましいと思い、ちょっと涙が出てしまいました。


かつては人の心を封印し、それが表に出ることを恐れて我武者羅に何かに没頭する僕自身。ようやく『人の心の触れ合い』に解放しようとしても、独りだからまだまだうまくいかず。
どんな人生であれ、『自分』と共に歩んでくれる人というのは数えるくらいしかいないだろうし、仮にいたとしても巡り合えるかどうかも分からない。でも、そんな人に出会うことができて、自分と一緒に歩いてくれるのなら、きっと、これ以上の幸せはないんじゃないのでしょうか。

拍手

PR

2007/10/06 22:45 | Comments(0) | TrackBack(8) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
一生懸命もいいけど、 ちょっとのさじ加減で 違う何かが見つかるかも。
Addict allcinema おすすめ映画レビュー| 2009/09/26 07:39
あらすじマンハッタンの高級レストランで料理長を務める完璧主義者のケイト(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)はある日、姉を交通事故で失い、残されためいのゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取ることに。一方、仕事場には、ケイトとは正反対の性格の陽気な副料理長...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2008/11/08 10:33
“幸せ”は、ほんのちょっとの、さじ加減。 『マーサの幸せレシピ』 マーサの幸せレシピ - goo 映画 ドイツのレストランでシェフをしているマーサ。 完璧主義で自分の料理には絶対の自信があり、お客さんも大満足で帰
Prism Viewpoints| 2007/11/06 20:47
 スフレの次は?   11月になりましたようやく肌寒く感じるような季節になりましたね。   10月に鑑賞した映画の記事はまだまだ続きます。「幸せのレシピ」、MOVX京都にて10月12日鑑賞。   2大スターの共演キャサリン・ゼタ=ジョーンズとアーロン・エッカートがライバルシェフで競い合い?ますが・・・・。次第に二人の間には   そして何と言っても二人を取り持つ重要な存在として、可愛い女の子の登場がこの作品のスパイスかも   STORY ...
銅版画制作の日々| 2007/11/03 23:37
ニューヨークの高級レストランで料理長を務める仕事一図の完全主義者のケイト。不幸な出来事から、彼女の姉の子供の面倒を見ることに。そして、職場でも、彼女の対極にいるような副料理長のニックが現れ、彼女の”城”には変化の兆しがあわられる・・・。 ケイトを演じるキャサリン・ゼタ=ジョーンズは、本当は全く料理をしないそうなのですが、この映画への出演をきっかけに、料理を始めたとか。一体、どんな料理なんでしょうね? とは言え、やっぱり料理を全くしない彼女に料理シーンは難しいのか、厨房のシーンは多く、彼女も何か盛り付けを...
勝手に映画評| 2007/10/14 19:29
最近忙しくて劇場に足が運べてません・・・。 やっと時間をみつけて「幸せのレシピ」
はらやんの映画徒然草| 2007/10/14 17:34
 『一生懸命もいいけど、 ちょっとのさじ加減で 違う何かが見つかるかも。』  コチラの「幸せのレシピ」は、2001年のドイツ映画「マーサの幸せレシピ」(未見で〜す!今度チェックしてみるつもりです♪)をスコット・ヒックス監督がハリウッド・リメイクしたハートフ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/10/10 22:52
「幸せのレシピ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エッカート、アビゲイル・ブレスリン、ボブ・バラバン、パトリシア・クラークソン、他 *監督:スコット・ヒックス 感想・評価・批評 等、レビューを..
映画レビュー トラックバックセンター| 2007/10/08 15:02

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] ローグ アサシン | HOME | [Review] エディット・ピアフ ~愛の讃歌~>>
忍者ブログ[PR]