忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/19 17:56 |
[Review] エディット・ピアフ ~愛の讃歌~
エディット・ピアフ ~愛の讃歌~歌えなくなったら?

     生きていないわ。


この言葉が、まさに『エディット・ピアフ』を語る全て。
『シャンソン界の誇る大スター』。不勉強ながら、僕の中での彼女のイメージはそれしかありませんでした。しかし、そんな彼女の人生は、正に壮絶の一言。たくさんの親友や男性に取り囲まれた、華やかに彩られた時期もある一方、大事故や殺人事件の共犯疑惑、ドラッグ漬け、果ては最愛の恋人の無残なまでの喪失。そんな絶頂とどん底を繰り返しながらも、歌に表れるように決して後悔しない彼女の生き様は、まるで『炎』。『炎のように生きた女性』とは、正に彼女を指しているのではないのでしょうか。

『Ray』や『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』と同じように、音楽の世界に身を投じ、生き抜いてきた人物の物語。音楽の、とりわけシャンソンの世界で燦然と輝く『炎の花』。
そして、成功の裏に潜む闇の部分。でも、これは『Ray』や『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』とは大きく違う。レイ・チャールズやジョニー・キャッシュが歩んできた闇の部分、とりわけ過ちの部分は、とりわけ人間が人間であるが故の過ちが表に出たのが大きかった。歴史に『もし』とか『~たら、~れば』というのはありませんが、彼らの場合は、少しの譲歩があったなら、最悪な道は避けられたかもしれない。過ちを犯さなくてもよかったのかもしれない。でも、エディット・ピアフには、悲しいかな選ぶ余地もなく運命が巡る。たとえ証拠不十分で釈放されたとはいえ、一度殺人容疑がかかってしまえば、その汚名はいつまでも続く。自分で望んだことでも、自分で犯したことでもないのに、最愛の男性を飛行機事故で亡くす。まるで神が理不尽に奪い取ってしまうかのごとく。

そんな絶望の淵を幾度となく彷徨った彼女が、何度も不死鳥のように甦ったのは、類稀なる歌声を持っていたから。彼女にとって、『歌』は『生命』と同じ価値。彼女が彼女であるが故の『存在』と同じ価値。『歌』がなければ、彼女は存在しないことと同じになってしまう。
選択の余地を与えられずに壮絶な運命を投げつけられた彼女にとって、人生最大の選択は、「歌手としての人生を歩むかどうか」ではないのでしょうか。
歌うことも、恋をすることも、エディット・ピアフという人生の炎を燃やし続けるために、絶対に必要なこと。だから、身も心もボロボロになり、まだ50歳にも満たないのにまるで80歳や90歳のような老婆の姿は、まるで、全て燃やし尽くした、灰のような印象を受けました。それでも、「まだ何か燃え足りない」と突き詰めるほどの情熱は、一体どこから出てくるのでしょうか。

頂点に上り詰めたアーティストによくある、傍若無人で、我侭で、自分勝手で、多分普通の人付き合いの中で、お近づきになりたいとは遠く及ばない女性。だけど、それでも多くの人がエディット・ピアフを慕ってきたのは、暗い世の中でも決して後悔せずに生きようとする、『エディット・ピアフ』という『炎』に当てられ、世の暗さに冷え切ったその身を火照らせることができるから、なのではないのでしょうか。


それにしても。
主演を演じたマリオン・コティヤール、超美人なんですね! ビックリしました。あんな美人が、まるで老婆のような姿形を成して、本当に老婆であるかのように歩き、振舞うなんて!
そうと思えば、舞台に立って美声を披露する歌姫。本当に同一人物なの? と思ってしまうくらいの凄まじさを感じました。特にラストの、ボロボロになった身体を引きずってまで舞台に立ち、内側から魂を込めるかのように歌う姿は、その迫力のあまり筋がゾクッときました。
彼女もまた、エディット・ピアフの炎のような情熱に当てられた人の一人なのかもしれません。

冷えきった社会。そしてどこか冷え込む社会の中での色々な人間関係。
でも、本当は、火照るような熱を、人は欲しているような気がします。
エディット・ピアフのような、壮絶ではあるけれど決して後悔しない、燃えるよな人生は、そんな冷めて乾いた人間関係に満ちつつある今の社会に、本来人が持つ燃えるような情熱を運んでくるのかも知れません。

拍手

PR

2007/10/01 23:16 | Comments(1) | TrackBack(16) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
愛を生きた世界の歌姫 涙と喝采の物語
Addict allcinema おすすめ映画レビュー| 2010/01/18 21:02
『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』を観ました「愛の讃歌」など、数々の名曲で世界中を魅了した伝説の歌姫エディット・ピアフの生涯を描く伝記ドラマです>>『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』関連原題:LAMOME   THEPASSIONATELIFEOFEDITHPIAF   LAVIEENROSE[米...
おきらく楽天 映画生活| 2009/08/29 23:41
 コチラの「エディット・ピアフ 愛の讃歌」は、シャンソン歌手エディット・ピアフの波瀾万丈な47年間の人生を描いた伝記映画です。  主演のマリオン・コティヤールがアカデミー賞で主演女優賞を獲得したことでも話題になりましたね〜。なワケでやっとレンタル出来たので...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/05/27 21:11
監督:オリヴィエ・ダアン 出演:マリオン・コティヤール、マノン・シュヴァリエ、ポリーヌ・ビュルレ、シルヴィー・テステュー、エマニュエル・セニエ、ジャン=ピエール・マルタンス、マルク・バルベ、ジェラール・ドパルデュー 評価:73点 公式サイト 「愛の....
デコ親父はいつも減量中| 2008/02/19 23:40
愛と歌で駆け抜けた生涯。
Akira's VOICE| 2007/11/02 16:53
フランスの伝説的シャンソン歌手エディット・ピアフの伝記映画。 主演は最近よくお目にかかってるマリオン・コティヤール。
ひらりん的映画ブログ| 2007/10/23 03:52
 ★★★★☆  フランスの歌手、エディット・ピアフの伝記映画。 原題「LA VIE EN ROSE」は、ピアフの持ち歌「バラ色の人生」の意。  家庭に恵まれず極貧の人生を送った幼少のころから、 歌に目覚め、成功を収めるまでの物語と、 病に侵された晩年(晩年といっても40歳代後半だ)が 交互に描かれる。  特筆すべきはピアフを演じたマリオン・コティヤール。 青春時代から晩年までを演じているが、 歌に取付かれたように鬼気迫る晩年のピアフの 演技はすさまじかった。  これが「プロヴァンスの贈り物」(2006年...
富久亭日乗| 2007/10/21 21:13
ばら色に 人生染める 我が血かな   最近のCMでのおすぎさんのコメントは反作用。他の映画と同じく仰々しい感動のコメントに、なんぼのもんかな、そう思ってしまいます。だから、ほんとは、この映画観ていなかったかもしれません。この映画を観て、まず言いたい一言。お
空想俳人日記| 2007/10/18 17:13
パリで生まれたエディットは、大道芸人の父と各地を回りながら歌うことを覚えた。成
映画細胞~CinemaCell| 2007/10/18 10:27
ばら色に 人生染める 我が血かな   最近のCMでのおすぎさんのコメントは反作用。他の映画と同じく仰々しい感動のコメントに、なんぼのもんかな、そう思ってしまいます。だから、ほんとは、この映画観ていなかったかもしれません。この映画を観て、まず言いたい一言。お
空想俳人日記| 2007/10/16 08:57
 映画 「エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜」     (オリヴィエ・ダアン:監督・脚本)  を観てきました♪    エディット・ピアフの名前は知っていても、  「フランスのシャンソン歌手」という以上には  あまり知識がありませんでした。  代表曲である「愛の讃歌」にしても、  日本で歌っていた越路吹雪さんの名前のほうが  先に浮かぶくらいでしたし。  貧しい家に生まれながら、  這い上がって成功した人は数多くいるだろうけど、  彼女の場合は、  這い上がろうと自ら決心したわけではなく  歌の才能が彼...
miyukichin’mu*me*mo*| 2007/10/08 02:29
{{{   ***STORY***    2007年        フランス=チェコ=イギリス 1915年にパリのベルヴィルで生まれたエディットは幼くして両親と生き別れ、祖母が営む娼館に身を寄せる。一度は失明したものの奇跡的に回復し、後に大道芸人の父に引き取られ、日銭を稼ぐためにストリートで歌っているところを、名門クラブのオーナー、ルイ・ルプレに認められ、その歌声から“ピアフ(雀)”と名づけられる。やがて世界的なスター歌手となった彼女は生涯最愛の恋人マルセルと出会うのだった…。        ...
Cartouche| 2007/10/05 22:35
誰でも一度は耳にした事があるであろう『愛の讃歌』を大画面で聴きたくて鑑賞―【story】『愛の讃歌』など、数々の名曲で世界中を魅了した伝説の歌姫エディット・ピアフの生涯を描く伝記ドラマ―歌手を目指す母アネッタ(クロチルド・クロー)の娘エディット(マリオン・コテヤール)は、祖母が経営する娼館で娼婦のティティーヌ(エマニュエル・セリエ)らに育てられる。やがて母のように道で歌い始めたエディットは、名門キャバレーのオーナー、ルイ・ルブレ(ジェラール・ドバルデュー)に見出されるが―     監督 : オリヴィエ・ダ...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2007/10/05 15:52
エディット・ピアフ 愛の讃歌(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「歌わなければ人生じゃないわ」 美○ひばりさんのようなかんじ?と想像していったのですが、見た目は(故)美白の女王っぽい。 晩年と生い立ちが交互にでてくるのですが、苦労人の割には悲哀をそそられないと
駒吉の日記| 2007/10/04 14:52
LA MOME(2007/フランス=イギリス=チェコ)【劇場公開】 監督:オリヴィエ・ダアン 出演:マリオン・コティヤール/シルヴィー・テステュー/パスカル・グレゴリー /エマニュエル・セニエ/ジャン=ポール・ルーヴ/ジェラール・ドパルデュー 愛を生きた世界の歌姫 涙と喝采の物語 「幸せのレシピ」を鑑賞するつもりだったのが、時間があわずにこの映画を観ましたが、いや〜2時間20分、圧倒されまくりでした。 「愛の讃歌」「バラ色の人生」など数々の名曲で知られるフランスの国民的シャンソン歌手エディット・...
小部屋日記| 2007/10/03 23:46
はぁ〜っ もぉねぇ 想像以上に良かったの一言です。:゜(´□`。)゜:。 フランスでは10人に1人が鑑賞したという本作。 愛に恵まれずに生きた一人の女性が謳い上げる「愛の讃歌」・・・ ・・・泣けました(p_;) とにかく、ピアフを演じたマリオン・コティヤールの神がかった演技に脱帽です!!! ご本人のことは曲と名前を聞いたことがあるくらいでしたが いやもう、私の中では シャンソン+フランス人歌手=「夢見るシャンソン人形」のダニエル・ビダルさん くらいしか知らな...
UkiUkiれいんぼーデイ| 2007/10/03 16:18

コメント

 こんにちは♪
 TBどうもありがとうございました。

 おっしゃるように、ピアフの人生も、歌も、
 「炎」のごとく壮絶な迫力がありました。
 はかないところも、「炎」だったといえるかもしれません。

 マリオン・コティヤールは、大熱演でしたね。
 とてもよかったです。
posted by miyukichiURLat 2007/10/08 17:42 [ コメントを修正する ]
Re:無題
コメント有難うございます。

すごく壮絶な人生でしたね。とても真似が出来る生き方ではありませんが
しかし、彼女のように、歌を奪われれば残るものは何もない、という境遇だからこそ、歌に全てを賭けるような生き方しかできなかったんでしょう。
傍から見れば不器用な生き方に見えますけれど、むしろそういう燃える生き方の方が、多くに人をひきつけるのかもしれません。

> こんにちは♪
> TBどうもありがとうございました。
>
> おっしゃるように、ピアフの人生も、歌も、
> 「炎」のごとく壮絶な迫力がありました。
> はかないところも、「炎」だったといえるかもしれません。
>
> マリオン・コティヤールは、大熱演でしたね。
> とてもよかったです。
2007/10/12 00:27

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] 幸せのレシピ | HOME | [Review] パーフェクト・ストレンジャー>>
忍者ブログ[PR]