忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/17 10:38 |
[Review] 幸せのちから

幸せのちからウィル・スミスも走る走る走る走る走るー!!


ホームレスになるほどのどん底に陥ったものの、自らの望みを諦めず這い上がった、実在する男のサクセス・ストーリー。
アメリカン・ドリームを象徴する物語、と言われているこの作品です。が、確かに主人公の奮闘振りには目を見張るものがありますし、最後についに夢を掴んだ瞬間は、「ああ、本当によかった」と思うけれど、「この作品が好きですか?」と問われると、「う~ん…」と首を傾げてしまうのが正直なところ。

なぜかというと、端から見れば、主人公は途轍もなく意地っ張りで頑固で、時には身勝手であるから。妻も子供も、生活する場を維持していく身であるにもかかわらず。同じアメリカン・ドリームとしての作品であるならば、ジム・モリスの半生を描く『オールド・ルーキー』の方が僕は好きです。

けれど、そんな彼に対しても、見習わなくてはならないところがあって。それは、『一切妥協を許さないところ』。そして、『何が何でも、しがみ付いてでも守り通すこと』。
サバサバした性格の人間であれば、もし夢を、自分の望みを追い続けるならば、それ以外のものを切ってしまうと思うんです。自分の家族とか。その姿勢に家族が薄々でも感付いてしまうと、「貴方の負担になるなら別れましょう」といって離別してしまう。この作品の主人公の彼は、奥さんとは別れてしまうけれど、本当はしがみ付いてでも手元に置いておきたかったんじゃないんでしょうか。でも、自分の気位や自尊心の高さが、その気持ちをはねつけてしまい、「出て行くなら出て行け」と言ってしまう。それでも、最愛の息子は手元に置いておきたい。
自分の夢は叶えたい。愛する人も守りたい。手に入れたものはもう誰にも奪わせない。触れることすら許さない。むさ苦しいほどの情熱を持ち続けていても、ここまでの覚悟はそう簡単に持つことは出来ないでしょう。


でも、それは同時に家族を苦しめてしまうことにもなります。それでも夢を、幸せを追求していくのであれば、よほどの家族の理解が得られないといけません。
そういった意味では、この作品は主演のウィル・スミスは勿論のこと、彼の実子であり、主人公の一人息子を演じたジェイデン・クリストファー・サイア・スミスに拍手を送りたいです。
本来なら、色んなことをスポンジのように吸収していく5歳という年頃であれば、各地を転々とし、父親の苦渋に満ちた顔を見れば、きっと泣き叫びたいはず。それでも彼は決して泣かなかった。唯一、お気に入りのおもちゃを落としてしまった時、一筋の涙をこぼしてしまったけれど。

人間はプライドを持たなくてはならないけれど、誰かを苦しめるようなプライドであれば、必要ありません。それは僕の考えです。
でも、誰かを苦しめると分かっていても、そのプライドだけは捨てられないというのであれば、しがみ付いてでも守りなさい。この考えは、きっと日本人にはあまり馴染まない考え方なのかもしれません。僕自身も何かしらの願いやプライドを持っていますが、守らなければならないものが目の前にあると、その願いもプライドも、霞んでしまうかもしれません(多分これが、冒頭の質問に対する答えの源泉)。
が、その考えを持っている人に対してであれば、きっと、この映画は心に響く作品になるのでしょう。

拍手

PR

2007/01/28 01:46 | Comments(0) | TrackBack(10) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
THE PURSUIT OF HAPPYNESS 2006年:アメリカ 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ブライアン・ホウ、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン 1980年代、サンフランシスコ。妻と5歳の息子と3人で暮らしていた高級医療機....
mama| 2009/03/20 15:16
今回紹介する映画は、ウィル・スミスと実の息子ジェイデン・クリストファー・サイア・スミスが競演したことでも話題だった『幸せのちから』です。 映画のストーリー 1981年サンフランシスコ、新型医療機器のセールスマンのクリスは妻と息子クリストファーの3人暮らし。 しかし、家計は火の車。そんな生活に嫌気がさした妻は出ていってしまった。 クリスは成功を夢見て証券会社の養成コースを受講することにする。正社員になり安定した生活を送りたい。 しかし、研修中は無収入・・彼は土日を使ってセールスに励むが、アパー...
ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介| 2007/12/09 08:10
 『この手は、離さない── 全財産21ドルから立ち上がった 父子の、実話に基づいた感動作。』  コチラの「幸せのちから」は、1/27公開になったウィル・スミス親子共演の実話をモトにしたハート・ウォーミングなサクセス・ストーリー映画なのですが、早速観てきちゃい....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/10/21 23:11
監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ホウ、ジェームズ・カレン 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) 頑張っても頑張ってもうまくいかないときもある....
デコ親父はいつも減量中| 2007/04/01 02:31
 ウィル・スミス親子共演の幸せのちからを見てきました。
よしなしごと| 2007/02/22 22:50
全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作。 この手は、離さない──
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2007/02/18 19:45
★★★  妻に愛想をつかされた黒人男性が、幼い息子と二人で貧困を乗り越えてたくましく生きてゆく姿を描いたお話である。そして実在の証券王クリス・ガートナーのサクセス・ストーリーでもあるのだ。 主演のウィル・スミスがアカデミー主演男優賞にノミネートされているた
ケントのたそがれ劇場| 2007/02/12 10:11
最近起業した友人にすすめられていた映画『幸せのちから』を観てきた。
古谷千秋の食い倒れ日記| 2007/02/11 21:36
「幸せのちから」 2007年 米 ★★★★★ 文句なしにいいです。 私、こういうお話大好き。 あのヒョーキンなイメージが強いウィル・スミスが何処までやってくれる んだろうか? あらすじも大方わかってしまっているし(予告でね^^)期待と不安が入り...
とんとん亭| 2007/02/07 00:44
 君がいるから。君と生きていきたいから。
悠雅的生活| 2007/01/28 21:20

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] 墨攻 | HOME | [Review] マリー・アントワネット>>
忍者ブログ[PR]