忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/16 18:05 |
[Review] 墨攻

墨攻たった一人で、10万の敵に挑む     

しかし、彼が立ち向かわなくてはならないものは、10万の敵だけではなかった。そして、彼にとって人間とは、たとえ敵であろうとも傷つける対象ではなく、守り通す対象なのだ。


時代物アクションの中国映画でよく見られる、上映初期から覚えきれないほどの登場人物とその相関関係。それに対しあまりにアンバランスな、シンプルすぎる物語。あまりにもあっさりしすぎる物語の展開が中盤にまで及び、映画というエンターテインメントとして成り立っているのか、と不安に思ったが、後半でその考えが露に消えた。
シンプルな物語構成であるからこそ、伝えたいメッセージを前面に出そう。そういった意気込みが感じられたからだ。それは、主人公の一挙一投足にも込められている。

それは、人間誰しもが持ち得る、光と影。
誠実と誠意。欲望と陰謀。
方や自らの知恵と身体を投げ出し、たとえ敵でも一人でも死者を出さぬよう奮闘する。
方や己の保身と利権に溺れ、救世主に対してでも平気で仇を為す。
こういった類の物語は、過去にも数限りなくある。ただ、この作品は物語り構成がシンプルであるだけに、そのメッセージは強烈に残る。その余韻は、今でもだ。
この作品は、原作であるコミック『墨攻』を映画化したものだという。僕は原作を読んだことは無い。原作もこの映画と同様、墨家の理念から『反戦』や『非攻』といったメッセージを謳い文句にしていたと考えるが、その根本となるのは、人間の精神活動だ。それを如何に制御し、そして行動に移せるか。それは、今もって尚、一人一人の人間に問われる課題である。

墨家の考え方や理念は、僕自身もそうだが、人間一人一人が見習い、考えるべきではないか。
勿論、これは至極当然のことだ。だが、当然のこそだからこそ、見落としやすいし、忘れやすい。
今、社会で多大に騒がれている数々の事件が、それを反映しているかのように。


彼らは本当に実在していたのか、それは定かではない。
でも、伝説であろうとも幻であろうとも、彼らの考え方や理念は今でも生きている。
この作品を通しでなくても、彼らの考え方や理念に、触れてほしい。人間の根源として大切なものは何なのかが、きっと見えてくるはずである。

拍手

PR

2007/02/03 20:50 | Comments(1) | TrackBack(12) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
レンタルで鑑賞―【story】2000年前の戦乱の中国を描いた日本の同名コミックス(作・森秀樹)の映画化―10万の敵兵に囲まれた落城寸前の小国にやってきた『墨家』の革離(アンディ・ラウ)。彼は平和のために戦うという目的を胸に、たった一人で助っ人にきた―     監督 : ジェイコブ・チャン    〜日・中・韓合作〜【comment】 中国史がイマイチ苦手で・・・『墨家』といわれても残念ながらピンとこない。それでチョチョイと調べてみた。(例によってWikipedia) *『墨家』ー中国戦国時代に墨子によって...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2007/11/21 17:37
 『10万人の敵に たった1人で挑む。』  コチラの「墨攻」は、2/3公開になる日本のコミックが原作で、中国・日本・香港・韓国の合作歴史アクション・スペクタクル映画なのですが、オンライン試写会で観ちゃいましたぁ〜♪  もうお約束って感じの中国の規模の大きな壮...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/10/20 21:48
酒見賢一さんの小説を原作にした漫画が原作……と背景が少々複雑(そうでもないか)な映画でした。漫画は読んでませんが小説は読んでまして、これがビックリ。全然違うっていうか、原作の雰囲気がまるでない。小説のイメージを色濃く引きずっていたので、正直言って、無差...
読書とジャンプ| 2007/03/24 23:11
 「墨攻」という映画を観ました。 レントラックジャパン The Making of 墨攻  春秋戦国時代。趙と燕の国境にある粱城は、趙によって攻撃されようとしていました。10万の趙軍に対し、梁城の全住民はわずか4000人。梁王は墨家に救援部隊を求めていました
シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記| 2007/03/24 18:24
監督:ジェイコブ・C・L・チャン 原作:酒見賢一 出演:アンディー・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ピンピン、チェ・シウォン 評価:79点 公式サイト (ネタバレあります) 大企業で女性総合職が採用され始めたのはバブルのちょっと前くらい....
デコ親父はいつも減量中| 2007/03/04 11:17
漫画「墨攻」を原作とした日中韓の合作映画です。 タイトルにある「墨」とは「墨家」
はらやんの映画徒然草| 2007/02/28 23:18
墨攻 2006年   ジェイコブ・C・L・チャン 監督  川井憲次 音楽  酒見賢一 原作アンディー・ラウ 劉徳華 アン・ソンギ ワン・チーウェン ファン・ピンピン チェ・シウォン 日・中・韓 合作なのね。 原作知らないし、人気コミックというのも読んでないし....
猫姫じゃ| 2007/02/24 02:22
「墨攻」★★★ アンディ・ラウ主演 馬上の戦士達の群れが 砂埃をあげて荒涼たる山野を走る、 遥かに連なる山々をバックに かなり壮大な物語が始まる。 そして主人公の登場、 城を囲まれ降伏寸前の窮地を彼の策略が 見事に救い出す。 このあたりから物語は...
soramove| 2007/02/19 00:42
戦乱の中国 知恵と戦術を屈指して戦う 「墨家(ぼっか)」という集団が存在した この男(革離)、10万人の敵に たった1人で挑む。 それは、かつてない知略に富んだ戦い
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2007/02/09 01:06
戦わずにして、勝つ。日本の人気コミックを、日中合作で映画化した作品。時代背景は、中国がまだいくつかの国に分かれていた戦乱の世。趙(ちょう)の攻撃によって落城寸前の国・梁(りょう)が、墨家(ぼっか)に援軍を求めるが、やってきたのはただ1人、戦術家・革離(かくり)のみ。趙が攻勢に、知略に富んだ戦いで迎え撃つ。「10万の敵に たった1人で挑む」というキャッチコピーなものの、戦いをたった1人で挑むのではなく、1人で戦略を立てて民衆と兵を率いるというもの。日本が製作スタッフに関わっ...
シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー| 2007/02/06 20:34
「墨攻」 2007年 香/中/韓/日 ★★★★★ 皆様!これ、めっちゃ面白いですよ!! 原作(コミック)を観た訳でもないし、中国史にも詳しい訳でもない。 アンディ・ラウはI LOVE YOUだけど贔屓して点数を甘くした訳でもありません。 (だけどアンデ...
とんとん亭| 2007/02/06 00:27
「墨攻(ぼっこう)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ビンビン、ウー・チーロン、チェ・シウォン、他 *監督・脚本:ジェィコブ・チャン 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・..
映画レビュー トラックバックセンター| 2007/02/05 03:23

コメント

これ、見ようどうしようか迷っていたんです。
墨家の話ですよね?
ここでレビューやってくれないか待っておりましたーー!
レビューを見る限りでは、見て損はなさそう(?)ですね。
posted by D15URLat 2007/02/05 00:04 [ コメントを修正する ]
Re:まってましたっ!
誰よりも自分に厳しく、誰よりも他人に優しい。
今のご時世、自分の保身ばかりに走る人間が多いからこそ、そういった生き方にすごく感銘を受けます。

物語自身はシンプルで、アクションもそう眼を見張るようなものはないので、繰り返し観る、という点では飽きがくるかもしれませんが、それでも、一度は観ていただきたい作品であると思います。

>これ、見ようどうしようか迷っていたんです。
>墨家の話ですよね?
>ここでレビューやってくれないか待っておりましたーー!
>レビューを見る限りでは、見て損はなさそう(?)ですね。
2007/02/05 22:58

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<メタファー? | HOME | [Review] 幸せのちから>>
忍者ブログ[PR]