忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/16 18:09 |
[Review] 守護神

守護神私を英雄などと呼ぶな。
私は、ただの非力な人間だ。



どんなに頑強な肉体の持ち主でも、どんなに強靭な精神の持ち主でも、人が人である限り、自然の力には逆らうことが出来ず、平伏す時がある。助けを求める人がすぐそこに、目の前にいるのに、自分は何も出来ない。波にもまれ、苦しみ悶え、絶命していく様を、ただ見ているだけ。

『今まで200人以上救った大記録保持者』?
そんな数字など、私の前には何の意味も無い。
私は救難士だ。救難士でありながら、たった200人『しか』救えなかったのだ。



ただの、タフで熱い心を持つ救難士の活動録ではない、その裏に見え隠れする苦悩やジレンマを描いているハートフルな人間ドラマです。
ベテラン救難士と、救難士を目指す青年。どちらも、死に直面する苦しい経験を刻んでいる。
同時に、「守るべきものを守れなかった」ことに対する苦悩も。

  「もし、あの時自分がもっと力を持つことが出来ていたら」     

そんな願いを誰よりも強く持っていたとしても、もう二度と時間は戻らない。失われた生命は、戻ってこない。無愛想に部下達を指導しても、虚しいまでに自分の記録を誇示しても、目に焼きついているのは、耳にこびりついているのは、自らの非力に対する自責と後悔。
だから、今日も彼らは誰かを救い続けている。まるで、神へ懺悔するかのように。


「自分が救うことができることなど、ほんの一握りしかいない」

勿論これは、単なる卑屈な言葉ではなく、現実の言葉です。実際、僕自身も「人間やれば何でもできる」と思っている人間ではありません。別に、そう考えることが悪いわけではありませんが、その考えがやがて自分の中に傲慢さを芽生えさせたくないからです。
自分が非力なのが分かっているから、一握りの人しか守れないのが分かっているから、せめて、目の前にいる人は、全力を以って守りたい。そして、その自分に絶対に満足しない。自分が死ぬまでに守れる人間が、それでも一握りであったとしても、一人、また一人と、手を差し伸べられる人を増やしていきたい。

孤高で、ストイックで、そして誰よりも熱のこもった救難士の物語。
どんなに苦しい過去を背負っていても、救うべき生命がそこにあれば、彼らは必ずかけつけます。
時間は、生命は、待ってくれないから。

拍手

PR

2007/02/10 23:27 | Comments(0) | TrackBack(11) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
アメリカ沿岸警備隊を舞台に、伝説のレスキュースイマーと若き訓練生の心のきずなを描いた感動ドラマ。監督はアンドリュー・デイヴィス、キャストはケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー、ニール・マクドノー他。 <あらすじ> 任務中に大切な相棒を失い、心と身体に深い傷を負ったベテランのレスキュースイマー、ベン・ランドール(ケビン・コスナー)は、レスキュー隊員のエリートを育成するスクールの教官に赴任することになった。彼は訓練生の1人で、高校の水泳チャンピオンだった経験を持つジェイク・フィッシャー(アシュトン・カッ...
Yuhiの読書日記+α| 2009/07/28 23:49
あらすじアメリカ沿岸救助隊に所属するレスキュー・スイマーベン・ランドール(ケヴィン・コスナー)は数々の命を救った伝説的なスイマー。だが、相棒を目の前で失い、心に深い傷を負った彼はレスキュー隊員を養成する学校に、教官として赴任させられる。そこで、元高校水...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2008/06/23 10:59
 『死んでも、守り抜く―。』  コチラの「守護神」は、2/10公開のケヴィン・コスナーとアシュトン・カッチャー共演のアメリカ沿岸警備隊の救難士(レスキュー・スイマー)を描いたアドベンチャー映画なんですが、これまたちょっと先取りの試写会で観てきちゃいましたぁ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/10/19 22:52
アメリカ版「海猿」と言われたりしていますが、まさにその通り。 「海猿」は海上保安
はらやんの映画徒然草| 2007/03/11 21:01
警備員(ケヴィン)・コスナーが伝説のレスキュー隊員役で主演。 この作品、日本バージョンとアメリカバージョンがあるって、どこかで聞いたんだけど・・・ ホント??? あっちバージョンでは、主役が若い方のレスキュー隊員のアシュトン・カッチャーだとか。
ひらりん的映画ブログ| 2007/03/08 22:44
 守護神を見てきました。
よしなしごと| 2007/03/07 03:18
「守護神」★★★☆ケビン・コスナー、アシュトン・カッチャー主演 アンドリュー・デイヴィス 監督、2006年アメリカ 海難救助の伝説の男を ケビン・コスナーが演じ、 久々にいい演技を見せている。 このところ、どの映画も精彩を欠いていたが、 誰からも尊...
soramove| 2007/02/24 22:58
2月10日(土)公開の「守護神」観ました。英題は「THE GUARDIAN」。かつて「アンタッチャブル」、「ボディーガード」など大ヒット作を連発していたケビン・コスナーが主演です。 その彼の主演映画は「ボディーガード
Cinema Chips| 2007/02/21 12:25
アメリカの沿岸警備隊の海難レスキュー隊員の物語。 ケビン・コスナーの好演も含め深みのある見応えがある映画だった。 迫力の映像、師弟愛、友情、恋愛、夫婦間の問題、世代交代・・・ まさにハリウッド映画の十八番ともいえる内容。 沿岸警備隊という設定は目新しいが、 Aスクールと呼ばれるレスキュースイマーを養成する学校で 若い訓練生が厳しい訓練を経て一人前に成長していく姿などは 軍だったり警察だったりと舞台こそ違うが これまでも多くのハリウッド映画で使われてきたストーリー展開。 そんな奇をてらわない作りが、...
ON THE ROAD| 2007/02/20 01:48
時に人として運命に泣き 時に神のごとく奇跡をなす 死んでも、守り抜く──。 名もなき海の守護神たちへ・・・
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2007/02/18 18:03
「守護神」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ケヴィン・コスナー、アシュトン・カッチャー、メリッサ・サージミラー、ボニー・ブラムレット、クランシー・ブラウン、セラ・ウォード、ニール・マクドノー、ブライアン・ジェラーティ、他 *監督:..
映画レビュー トラックバックセンター| 2007/02/13 16:27

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] あなたになら言える秘密のこと | HOME | メタファー?>>
忍者ブログ[PR]