忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/23 21:42 |
[Review] あなたになら言える秘密のこと
あなたになら言える秘密のこと身を切るように、血を吐くように語られる、綴られるその人の『秘密』を、貴方は受け止める覚悟はありますか?


「この話、絶対秘密だからねっ!」

と念を押される話ほど、いとも簡単に周囲に知れ渡ってしまうのはお約束の話。でも、中にはその知れ渡ってしまった秘密が、冗談で通用しなくなることもちらほら。それが発端で、いじめとか、差別とかに発展することもありますが。
中でも、「周囲に知れてしまえば、確実にその人の人生を台無しにしてしまう」秘密は特に。
まあ、大抵その人は、自己防衛のために自分の重大な秘密は決して誰にも話すまいと固く自身に誓うのでしょう。


けれど。
人は生きていく限り、必ず誰かと接する。誰かに触れ合う。
「誰も自分の苦痛を共有できない」ことは、ずっと黙っているより辛いことかもしれません。
この作品で重要なポイントの一つとして、僕自身が考えたのは、「誰かの最も重い苦痛の経験を聞いて、それを受け止める、それを共有できる覚悟」にもあると思います。

その人が何故話をするのか。今まで誰にも話さなかったのに。
それは、話す相手を信じているから。共有してほしいと思っているから。
本当は、この苦痛をもうこれ以上自分だけで背負いたくない。誰かに聞いてほしい。理解してほしい。
でも、誰彼話せるものじゃない。自分と同じ苦痛を味わったことが無い人には特に。

これは、『父親たちの星条旗』にも、似たようなものがあります。
「硫黄島の戦いという惨状は、決して誇らしげに人に話せるものじゃない」と。


とても重く、とても難しい作品です。
『決して触れてはいけない秘密』。けれども『触れなければその人が潰れてしまう秘密』。
貴方は、それを受け止める覚悟はありますか?

拍手

PR

2007/02/12 22:08 | Comments(0) | TrackBack(3) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
あらすじ工場で働くハンナ(サラ・ポーリー)は、ある日働き過ぎを理由に、工場長から強引に1か月の休暇を言い渡される。小旅行に出かけた彼女は、看護師を探していた男(エディー・マーサン)に声をかけ、2週間の油田掘削所での仕事を引き受ける。彼女の仕事は事故で火...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2007/12/05 22:08
 『彼女の名前はハンナ 友達・家族・趣味・将来の夢── すべてなし どこで生まれ、何をしていたのか? 過去のことは聞かないで』  コチラの「あなたには言えない秘密のこと」は、2/10公開になったとても重い過去を背負った1人の女性が、ある男性との出会いをきっか...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/10/18 23:19
監督:ISABEL COITEX(イザベル・コイシェ) キャスト:サラ・ポーリー
ゆっくり、長く走るには...| 2007/03/03 00:17

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<心は狭くとも | HOME | [Review] 守護神>>
忍者ブログ[PR]