忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/25 19:40 |
[Review] レオン
レオン『ダニー・ザ・ドッグ』があまりにも感動したので、勢い余ってDVDを買ってしまいましたー☆
結構前に公開された映画かと思いましたが、まだ公開されてから10年くらいしか経っていないのですね。


主人公のレオン(ジャン・レノ)心の開き方が、ラストに向かって急激というくらい広がっていく様子、
大都会の中で孤独となった二人の、過激すぎず、素朴な愛を描いています。

『孤独』を描く映画のラストは、ハッピーエンドになってほしいという思いがありますが……
ラストがどうなるかは、観た方がご存知の通り。


『孤独』の辛さ、苦しみを知って、『人』としての心を取り戻していく。

『ダニー・ザ・ドッグ』は穏やかな環境に触れていて変わっていく情景がストレートで、それが自分もよく分かるので、最初からポロポロと涙が溢れてしまいました。
『平穏な日常』とか『家族として大切な存在』というのは、普段の生活からは見えていないようで、いざ見えてくると有難く感じる。

『レオン』は、最初は利害一致で一緒になったものの、決して馴れ合いとか傷の舐めあいとかではなく、
どちらかというと『ミリオンダラー・ベイビー』とよく似ている、素朴で崇高な愛。
ただ、それが観てて悲しく感じます。ラストを知っているからこそ尚更。

『孤独の痛み』を教えてくれる映画は、いつ観ても心の中にズシリと残ります。


それにしても。
お母さん、ナタリー・ポートマンは10年でこんなに大きくなったヨ……

拍手

PR

2005/07/01 06:48 | Comments(0) | TrackBack(2) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
1994年 フランス・アメリカ作品 133分 ヘラルド配給 原題:LEON STAFF 監督・脚本:リュック・ベッソン CAST ジャン・レノ ナタリー・ポートマン ゲイリー・オールドマン ダニー・アイエロ 多分一番回数観てる作品です。2年ぶりくらいに観たけどやっぱり最高!!!{/hiyob_en/} こんなに何度も観てるのに冷静に感想が語れません。 もうすべてがたまらなくイイ{/ee_2/} 映像も音楽も脚本もキャストも何もかも文句のつけようがない!レオンの仕事をする時と、マチルダを見る時の...
pure's movie review| 2009/05/10 23:48
 コチラの「レオン」は、ちょいワルおやじのバイブル雑誌「LEON」の憧れ?ジャン・レノ主演、同じく艶女のバイブル雑誌「NIKITA」に名前を拝借されちゃってる「ニキータ」のリュック・ベッソン監督のバイオレンス・アクションです。  「ニキータ」は大好きな映画で、何....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/04/03 20:58

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] 宇宙戦争 | HOME | [Review] DEEP BLUE>>
忍者ブログ[PR]