忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/18 16:08 |
[Review] 大奥

大奥実はテレビドラマの方は一度も観たことが無く、今回が『大奥』初鑑賞です。まぁ、テレビドラマの方を敬遠していた理由として、女性のドロドロとした仁義無き愛憎劇が苦手だった、というのがあります。『愛のソレア』観てたクセにな(時たまだけど……)。
でも結局それは単なる僕の食わず嫌いなだけであって、

実は何気にこーゆーの好きかもしれない!

と思ってしまいました。

とはいうものの、個人的にこの系統のドラマは、たまに観るのが面白いと思いました。昼メロも、たまに観る(つーか、放送されている時間帯は普通に仕事……)のが実は面白かったりします。けれど昼メロは、大抵連続ドラマ…… 日を改めて観た時には、既に話は思わぬ方向に進んでいたり、登場人物がガラっと変わっていたり…… オムニバス形式なら入り込めるんでしょうね。多分。
あとは江戸時代というのも一つの要因かもしれません。あの全身から権力オーラを溢れさせている女達が、仰々しいまでの台詞や身振りが、琴線に触れたのかもしれません。

というわけで、もしテレビドラマの『大奥』も、オムニバス形式だったら、もしかしたら観ていたかもしれません。惜しいことしたなぁ……


で。肝心の映画というと。
一言で申し上げて、恐るべし高島礼子・浅野ゆう子!
やはりこの重鎮を前に、いかなる俳優・女優も霞んでしまうのは致し方ないことではないかと。
更に杉田かおるも加わって、怨念渦巻く女の戦いは更にヒートアップ!

主役の愛くるしい仲間由紀恵も、敢闘賞ばりの頑張りをみせたものの、やはりこの居るだけで恐るべき存在感を放つ彼女達には、ちょっと喰われ気味のご様子。
井川遥は完っ全に喰われてましたしね。7台将軍の実母で、且つミッチーが扮する間部詮房と恋仲というかなりオイシイ役柄なのに。まぁ、人物の性格や立場上致し方ありません。


『SAYURI』の時もそうでしたが、闘争心に火がついた女性は、本当に恐ろしいですね。
絶対に当事者にはなりたくありませんが。

拍手

PR

2006/12/23 20:26 | Comments(0) | TrackBack(20) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
 『最悪の地獄。』  コチラの「大奥」は、フジTV系で放送されていた大ヒットTVシリーズの映画化でございます。かくいうこのあたくしもその殆どを見ておりましたのでございます。  なんといっても女のドロドロとした戦い、そしてTV以上に絢爛豪華な大奥の世界観。公開....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/03/30 19:46
 土曜の夜は、フジテレビ系列の土曜プレミアムで「大奥」をやっていた。普通なら、この手の映画はあまり観ないのだが、主演が仲間由紀恵ということで観た次第である。ところで、仲間と言えば、「ジョシデカ」が先日終わったばかりである。この番組、思ったより視聴率が伸...
読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)| 2007/12/24 10:26
仲間由紀恵が絵島を演じる!   江戸城・大奥を舞台に繰り広げられる女たちの愛憎劇を描いたフジテレビのスーパー時代劇「大奥」の劇場版がついにスクリーンに登場ドラマは2003年から始まった。閉ざされた女の園・大奥で生き抜こうとする女たちの愛情・見栄・嫉妬・欲望・執念といった女の本音を満裁したなバトルを描いた本格的な人間ドラマ。   今回は、大奥史上最大のスキャンダル「絵島生島事件」をベースに物語が展開されて行く。将軍の寵愛争奪をめぐって、陰謀が渦巻くこれまでのテレビシリーズのお話を...
銅版画制作の日々| 2007/06/28 10:28
 大奥ものといえばこれまでに数多く量産され続けてきたようにみえますが、ピンク映画はともかくとして、検索しても意外と多くありません。  自分は
シネクリシェ| 2007/02/03 11:04
大奥 2006年   林徹 監督仲間由紀恵 西島秀俊 井川遙 及川光博 杉田かおる 浅野ゆう子 松下由樹 高島礼子 藤田まこと 柳葉敏郎 岸谷五朗 絵島、かっこえ〜!! 西島秀俊 も、今作では、かっこよかった。 いぁ、タダ券余っていて、007見に行こ....
猫姫じゃ| 2007/01/31 02:20
この映画を観て後悔したコトがあります。…と言うのも、ドラマも観たコトないし、全く予習して行かなかったので、なかなかストーリーが分からなかったのです。すごくもったいなかったと思います。 それでも人物関係が分かってきた頃には女同士の壮絶な戦いに引き込まれてしまいました。一言で言うなら、女って怖い…ってコトですね(笑) やはりドラマの延長というカンジは否めませんが、キャストや衣装は豪華なので、一見の価値はあると思います☆
Tokyo Sea Side| 2007/01/23 07:33
今年初の劇場鑑賞レンチャンの2本目。 ドロドロ気味の時代もの・・・という印象のタイトルで・・・ フジテレビのテレビシリーズも見てませんでした。 とりあえず、時間が合ったので、鑑賞しちゃいました。
ひらりん的映画ブログ| 2007/01/16 23:45
大奥公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価  ☆☆☆ 良くもなく悪く
シネマ de ぽん!| 2007/01/12 22:51
≪ストーリー≫ 7代将軍・徳川家継の時代。将軍といえども、まだ幼い家継に代わって実権を握っていたのは、能役者から側用人に成り上がった間部。しかも間部は、6代将軍・家宣の側室で将軍生母である月光院とも恋仲に。だが2人の秘密の関係は、先代将軍の正室ながら子をなせず、自分より権勢を誇る月光院を目の敵にしている天英院の知るところに。天英院はこのスキャンダルを暴露するため、まずは月光院派の大奥総取締・絵島を罠にはめ…。(goo映画より) 映画版大奥を観てきました。TV版ファンの人には女のどろどろした部分の見...
ナマケモノの穴| 2007/01/07 08:06
女同士のドロドロしたドラマは本当は好きではないのですけれど・・・。 テレビシリー
はらやんの映画徒然草| 2007/01/06 22:23
大奥のスキャンダル 「絵島生島事件」を下地にして、  ストーリーが進展していきます。  大奥といえば女対女のバトル、 そして今回はプラス 悲しい愛の物語。  どちらかというとラブストーリーの方に 重きを置いています。 大奥総取締の絵島(仲間由紀恵)が  月光院(井川遥)を命を賭けて守り通す。   絵島(仲間由紀恵)の潔さが、  いつもの大奥の、  ドロドロの展開の方向を変えています。 絵島と生島、二人の真剣な恋愛。   お互いの想いの大切さを心に秘めて  絵島と生島は罪を身に受け止める。  ...
花ごよみ| 2007/01/05 11:59
期待値: 55%  フジテレビ「大奥」の映画版。 今回はドロドロというよりは恋愛物語になっているよう
週末映画!| 2007/01/05 10:14
    最悪の地獄。           評価:★7点(満点10点) 2006年 126min 監督:林徹 主演:仲間由紀恵 西島秀俊 井川遥 及川光博 杉田かおる おい、オメーら!大奥総取締をナメんなよ!     ....
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)| 2007/01/04 21:15
「大奥」★★★ 仲間由紀恵、井川遥 、高島礼子 、浅野ゆう子 、高島礼子 出演 林徹 監督、2006年 大奥の大広間を50人くらいの きらびやかに着飾った女達が歩くとき 着物のすそと畳が擦れて 「キュッ、キュッ」と音がして 昔の今は無い大奥をそんなところで...
soramove| 2006/12/29 18:44
? 『大奥』 ? 大奥史上最大のスキャンダル「絵島生島事件」を完全映画化!! ? 「おおぉくでふぁ・・・」と岸田今日子さんのナレーションで始まっていたフジのドラマ『大奥』。 それから20年経って今の『大奥』が始まり、そして映画化と進化していった訳ですが、やっ
唐揚げ大好き!| 2006/12/28 05:41
中奥と大奥の渡り廊下「御鈴廊下」にフジテレビ系列の女子アナウンサーを全国から集めてズラリと並べた、粒ぞろいの美人ばかり、でなくとも見事ではある 時代は18世紀、江戸幕府も百年を過ぎ、町人文化の花開いたころ、中奥(まつりごと)にも大奥にも対立は激化していた
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~| 2006/12/28 01:54
憎しみ嫉妬に打ち勝つのは永遠の愛情!
Akira's VOICE| 2006/12/27 10:47
東京国際フォーラムで行われた、映画「大奥」の完成披露試写会に行ってきました!! 今回は完成披露試写会ということで、上映前に舞台挨拶があったんですけど、さすがフジテレビ、演出もかなりかっこよかったですよ!! 舞台挨拶のメンバーも豪華で、仲間由紀恵、高島礼子....
Thanksgiving Day| 2006/12/27 01:50
女子(おなご)というものは、 女子(おなご)を 裏切るものにございますのえ〜ぇ(o ̄∇ ̄)
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2006/12/26 19:58
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年12月23日 配給:東映 監督:林徹 出演:仲間由紀恵,井川遥,及川光博 鑑賞日:2006年12月18日(完成披露試写会) 東京国際フォーラム ホールA(座席数5,012) 【ストーリー】 時は正徳2年、第7代将軍・家継の時...
CINEMA DEPOT's BLOG| 2006/12/25 22:18

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<おもろい記事特集 15 | HOME | 謀られたクリスマスプレゼント>>
忍者ブログ[PR]