忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/24 05:47 |
[Review] 再会の街で

再会の街で『マイティ・ハート/愛と絆』では、アンジェリーナ・ジョリーが演じるマリアンヌ・パール氏は、愛する夫が惨殺されても、決してテロリストに屈しない強い心を持っていました。
では、自分の殻に閉じこもったままの、アダム・サンドラーが演じるチャーリー・ファインマンは、弱い人間なのか?

否。
マリアンヌ・パール氏の場合は、その職業柄もあったし、何よりも夥しいほどの危険が蔓延る場所での仕事だったから、「死ぬかもしれない」ことの覚悟はできていた。でも、チャーリー・ファインマンは、いや、あの忌まわしい2001年9月11日の大惨事に見舞われた方々は、自身がこんな酷い運命を辿ることを、予想だにしていなかったことでしょう。

WTCの両のタワーに突っ込んだ旅客機。一瞬、何が起こったのか分からない。きっとこれは夢。悪い夢。きっとすぐに醒めてくれる。
けれど突きつけられる現実は、あまりにも酷い。これから先、色んな未来を思い描いていたのに。それが全て灰となって消えた。きっとこれは悪い夢。そのはずなのに、目が醒めても、誰もいない。愛する者がいるべき場所に、いない。これからもずっと、こんな身の裂けるような思いをするのなら、いっそのこと、未来永劫『夢』の中で暮らしていければいいのに。
誰一人現実に引きずり出せない、『夢』の中へ     


『夢』という殻と『現実』という殻。
チャーリー・ファインマンが『夢』という殻に閉じこもっているのであれば、対照的に『現実』という殻に閉じこもっているのは、ドン・チードルが演じる歯科医、アラン・ジョンソン。突発的な事故で殻に閉じこもるのとは違い、慢性的にストレスが重なり、防衛反応的に殻に閉じこもってしまいます。
チャーリー・ファインマンの『夢』という殻を取り払い、元のルームメイトとしてやり直させようと考えるも、彼と話しているうちに、自分自身も『現実』に蔓延る『何か』に怯えて殻にとじこもっていることに気づく。チャーリー・ファインマンのように、目に見えやすいわけではないけれど、話を重ねるうちに、彼自身も、本当は取り払いたい殻に閉じこもっていることに気づいていきます。

その殻を取り払えるのは、紛れも無く自分自身。でも、それに気づかせてくれたのは、『夢』の殻に閉じこもった友人との会話。彼は『夢』の殻から決して出まいと思っていた。でも、血を吐くような思いで『夢』のからから出ようとした。その姿が、アラン・ジョンソンにとって、一つの救いになったのではないかと思います。


あの忌まわしい事件からもう5年以上経過しているのに、未だに癒えることの無い傷。記憶から全て取り去りたいのに、他者の視線は、「もっと身を切り刻め」と言っているようなもの。
きっと、被害者の本当の苦しみや辛さは分からない。でも、そんな彼らを心の底から心配する人の気持ちなら分かる。誰だって、自分の近しい人には、幸せになってもらいたいから。

『夢』という殻から醒めて、「『現実』に戻れてよかった」と思える社会。遠いような気がします。でも、決して不可能ではないと思います。勿論、今を生きる人々の、誠意と努力なしで実現できるものではありませんけれども。

拍手

PR

2008/01/09 23:08 | Comments(0) | TrackBack(12) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
『再会の街で』を観ましたキャリアと家族に恵まれながらも人生にむなしさを感じる歯科医と、911の悲劇で家族を失い、自分の殻に閉じこもるようになった元歯科医の触れ合いと再生を描く人生ドラマです>>『再会の街で』関連原題: REIGNOVERMEジャンル: ドラマ製作年・製...
おきらく楽天 映画生活| 2009/05/24 21:52
あらすじキャリアと愛する家族に恵まれ、誰もがうらやむ順風満帆な人生を送るニューヨークの歯科医アラン(ドン・チードル)。ある日、彼は大学時代のルームメート、チャーリー(アダム・サンドラー)を街で見かける。元歯科医のチャーリーは、今や世捨て人のような生活を...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/05/07 08:08
【REIGN OVER ME】2007/12/22公開製作国:アメリカ監督:マイク・バインダー出演:アダム・サンドラー、ドン・チードル、ジェイダ・ピンケット=スミス、リヴ・タイラー、サフロン・バロウズ、ドナルド・サザーランド、マイク・バインダー 話すことで、癒やされていく傷が...
映画鑑賞★日記・・・| 2008/07/10 12:40
 「ともだちさがし」が今一番のテーマになっている私にとっては、とても興味深い映画
eclipse的な独り言 | 2008/07/10 09:45
熊本でも一昨日やっと『再会の街で』が公開されたので見に行きました。75席しかない街中の小さな劇場シネパラダイス。近年、郊外のシネコンに食われ、街中の昔ながらの映画館が次々潰れていますが、マニアックな映画を上映することで頑張っている劇場です。この劇場に来た...
EpiCalifornia| 2008/02/19 15:06
5.再会の街で■原題:ReignOverMe■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:124分■日本語字幕:戸田奈津子■鑑賞日:1月12日、エビス・ガーデン・シネマ(恵比寿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:マイク・バインダー□製作:ジャック・...
KINTYRE’SDIARY| 2008/02/17 20:57
今回紹介する映画は、アダム・サンドラー主演の映画「再会の街で」です。 再会の街で:ストーリーアラン(チードル)はニューヨークの歯科医。仕事は順調、美しい妻と愛する娘二人に恵まれ、他人から見れば文句のつけようのない人生を送っていた。ある日アランは9.11の飛行機事故で妻子を亡くし、消息がわからなくなっていた大学時代のルームメイト、チャーリー(サンドラー)を街で見かける。ボサボサの頭、だぶだぶの服にペン帰還を下げたその格好は、とても成功した歯科医とは思えない。アランは渋滞の車越しに呼びかける・・・
映画・音楽・札幌のグルメ紹介:ジフルブログ| 2008/02/10 08:59
「再会の街で」★★★★☆ ドン・チードル、アダム・サンドラー主演 マイク・バインダー監督、2007年、アメリカ、127分 歯科医として成功し、 家族に囲まれ不自由なく暮らす主人公は、 偶然、大学のルームメイトに出会う。 その友人は「9.11」で家族を失い...
soramove| 2008/01/22 20:23
2007.12.14 12月22日より公開される「再会の街で」の試写。 監督・脚...
フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE| 2008/01/20 15:51
誰がために 私を統治 しうるのか  家族を亡くしたチャーリー。何で亡くしたの。喋りたがらないチャーリー・ファインマン。そりゃあ、そうでしょ。かけがえのない人を亡くして、思い出に浸るなんて、本当に健康的? 私は、チャーリーこと、アダム・サンドラーの役柄が、ま
空想俳人日記| 2008/01/15 21:13
「再会の街で」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アダム・サンドラー、ドン・チードル、ジェイダ・ピンケット=スミス、リヴ・タイラー、サフロン・バロウズ、ドナルド・サザーランド、マイク・バインダー、ロバート・クライン、メリンダ・ディ..
映画レビュー トラックバックセンター| 2008/01/12 13:16
 『話すことで、癒やされていく傷がある。』  コチラの「再会の街で」は、12/22に公開されたハートフルなヒューマン・ドラマなのですが、新年早々観て来ちゃいました♪一昨年の「ポビーとディンガン」、昨年の「リトル・ミス・サンシャイン」に続いて、今年も満点スター...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/01/11 20:48

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] アース | HOME | [Review] ラストキング・オブ・スコットランド>>
忍者ブログ[PR]