忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/24 05:49 |
[Review] レッドクリフ Part I
レッドクリフ Part I赤壁の戦い(中国語:赤壁之戰)

中国の後漢時代(三国時代)の208年、長江の赤壁(現在の湖北省)において曹操軍と孫権・劉備連合軍の間の戦い。
孤立した劉備は長江づたいに南下し、曹操軍の侵攻の難を逃れ、荊州の動向を探りに来た魯粛と面会し、一万人余りの軍勢を率いる劉表の長男の劉琦と合流しつつ夏口へ到達。曹操は劉表が作りあげた荊州水軍を手に入れ、そのまま南下して兵を長江沿いに布陣。
孫権は大軍の曹操軍に恐れたものの、都督周瑜が説得。魯粛は劉備に孫権と同盟を結んで曹操と対抗するように説き、劉備は諸葛亮を使者として派遣して孫権と同盟を結び、孫権は周瑜・程普ら数万の水軍を劉備の救援に派遣。一方の曹操軍も長江を下る。両軍は赤壁で一戦を交え、周瑜らは疫病に悩まされていた曹操軍を撃破し、曹操は後退し烏林に陣を張り、周瑜らは長江を挟んで対峙する。



『三国志』とは、言わずと知れた中国の後漢末期から三国時代にかけて群雄割拠していた時代(180年頃-280年頃)の興亡史。魏を収める曹操、呉を収める孫権、蜀を収める劉備の争いは、元となる中国だけでなく、日本を始め世界中に人気を博しています。しかし、『三国志』には『正史』と『演義』があり、『正史』は正しく史実を語っているものの、語られている事柄は少なく、その内容は戦いや智謀や駆け引きを楽しむ上では物足りないのだとか。後に作られた『三国志演義』は、明代に書かれた中国の通俗歴史小説で、少なからず説話本や雑劇から取り込まれた部分、あるいは作者自身による創作が含まれており、登場する地名・官職名・武器防具などは三国時代の時代考証からみて不正確なものも多いのだそうです。
そして、今作『レッドクリフ』も、『三国志演義』を元に作られた作品。ですので、『正史』とは異なる創作が盛り込まれています。

また、三国志には曹操・孫権・劉備を始めとする様々な軍師や英傑が揃いに揃っています。今作も正にそうですが、今作の主人公は、トニー・レオン氏が演じる『周瑜』と、金城武氏が演じる『諸葛亮』。孤立する劉備軍に孫権軍を抱え合わせ、強力な水軍を手に入れ、よもや総勢80万の大軍を率いる曹操軍と対峙する。10倍以上の軍勢比を前にすれば、もはや成す術も無いと思うはず。しかし、これまで培い守り抜いてきた国を、暴君に蹂躙されてしまうのがもはや目の前という時に手をこまねいているわけにもいかない。周瑜と諸葛亮の英知と英断が、赤壁の戦いで試されようとしています。


様々な英傑や軍師がひっきりなしに登場し、複雑に絡み合う三国志。ハマる人はハマるけれど、ハマらない人は登場人物の多さで誰が誰だか分からなくなることもあるそうです。同じ中国の演義である『封神演義』もそういえばそうですね。ですが、『レッドクリフ Part I』は、登場する英傑こそ多いけれど、その中心を担う人物はかなり絞られた形で表現されています。そういう意味では、三国志をあまりよく知らない人が初めて鑑賞しても面白い作品ではないかと思います。
武侠映画と思われがちですが、僕としてはあまりそうには思いませんでした。全く登場しないというわけではないのですが、どちらかというとそのアクションはかなり豪快で泥臭い。戦いに繊細さやかっこよさなどは程遠く、血と泥と腐臭にまみれた、普通の人から見れば悪夢のような戦場。さすがに、『HERO』のような華麗で静寂に満ちた戦い、というわけにはいきませんね。まぁ、『HERO』はそれを中心においた武侠映画なので、今作とは主軸が異なるのですけれど。

「大軍で押し寄せる」という大スペクタクル的要素の描写は、今のところは曹操軍のみです。勿論、10倍以上の軍勢比を如何に表現するか、という意味なのでしょうけれど。これから先の、孫権軍と劉備軍の連合軍との戦いの規模の大きさやスペクタクルは、『レッドクリフ Part II』に乞うご期待、というところでしょうか。

拍手

PR

2008/11/01 23:20 | Comments(0) | TrackBack(27) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
『 レッドクリフ Part I 』 (2008)  監  督 :ジョン・ウーキャスト :トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童...
さも観たかのような映画レビュー| 2011/04/15 00:48
あらすじ西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に脅威を感じているものの非戦を唱える臣下が多く・・・。感想日曜にテレビでやってましたが、吹き替えで金城武や中村獅童の声が、別人な...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/04/16 07:58
 武ちゃんが出てなかったら多分・・・観に行ってない  三国志は難しいし よー分らんから  ってか興味ないけど、旦那が大好きで どーせ観に行くなら 予習しとき〜 って 一応はちょぴっと 予備知識を入れてもろーてから観に行ったこれが、観に行ってみたら 結構...
HAPPYMANIA| 2008/12/24 23:08
今から30年以上前、偶然手にした一冊の漫画。中国の歴史小説を題材とし、横山光輝氏が手掛けたその作品に、自分はすっかり魅せられたしまった。後漢末期から三国時代にかけての群雄割拠の時代を描いた「三国志」で在る。それ以降、全60巻を買い揃えるに到り、これ迄に何度読み返した事か。三国志関連の書籍もかなり読み漁り、小説だけでも何種類か読んでいる。蜀のシンパで、何よりも天才軍師・諸葛亮孔明が好きだ。これ迄にも何度か三国志ブームは起きているが、最近もその兆候が見られるとか。 三国志には幾つかの見せ場が存しているが、そ...
ば○こう○ちの納得いかないコーナー| 2008/12/21 02:55
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 「三国志」を好きな人なら必ずハマる作品だと思えるが、主役となる人たちの名は「三国志」を知らない人でも聞き覚えのある名前があるだろう。 ジョン・ウー監督が巨額を投じ、長年温めて来ていつか撮りたいと...
京の昼寝〜♪| 2008/12/18 12:27
【RED CLIFF/赤壁】【監・製・総・脚】  ジョン・ウー 【製作国・地域】  アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  【配給会社】      東宝東和...
+++ Candy Cinema +++| 2008/12/01 15:51
◆孔明 役の金城武さん(のつもり)金城武さんは、現在公開中の映画『レッドクリフ Part I』に諸葛亮(孔明)役で出演しています。昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。●あらすじと感想
yanajunのイラスト・まんが道| 2008/11/21 14:15
レッドクリフ Part1」★★★☆ トニー・レオン、金城武 主演 ジョン・ウー 監督、2008年、145分 三国志は中学の頃確か 読んだはず、 最近になって読み返そうかと 書店へ行ったら、分厚い文庫が5巻、 その背表紙を見ただけで退散した。 物語の量を考えると 中心となる人物はもちろん、 もっと語られるべき人たちの キャラクターも薄められているだろうが、 全部を忠実にというより 描きたいところをとりだしたのだろう、 心躍るシーンもいくつかあって、 見応えのある...
soramove| 2008/11/20 21:27
西暦208年、中国。 曹操軍は80万の兵と2000隻の戦艦で帝国の支配を狙っていた。 迎え撃つ劉備軍はわずか2万。 自力での勝利は無理とみた軍師・諸葛孔明は、敵軍・孫権軍との同盟を進言。 孫権軍3万の司令官・周瑜は孔明を信用し、心をひとつにし、知恵と勇気を持てば大軍にも勝利できると、両軍は結束を誓うのだった…。 伝説の「三国志」歴史スペクタクル。
象のロケット| 2008/11/19 13:37
▼動機 今月末期限の無料鑑賞券を使うため ▼感想 つみきみほがでてた。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や曹操の軍勢は80万で、その兵力の差は誰の目にも明らかだった。 ▼コメント 三国志は高校生のときに横山光輝の描いた漫画版をちょっ...
新!やさぐれ日記| 2008/11/18 20:55
西暦208年 長江 赤壁の戦い。
悠雅的生活| 2008/11/14 23:51
満 足 度:★★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:ジョン・ウー キャスト:トニー・レオン       金城武       チャン・フォンイー       チャン・チェン       ヴィッキー・チャオ       フー・ジュン     
★試写会中毒★| 2008/11/14 10:56
今日は仕事がオフ。水曜なのでレディースデーで混んでいるであろう映画館と思ったけれど、せっかく映画館に行く気分になってるんだから、観に行かないと。。。 新宿ピカデリーで『レッドクリフ Part I』を観てきました。 インターネットカフェから更新しまーす。この後、セキ
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー| 2008/11/14 00:10
「ワルキューレ」の国内年内公開がなくなり、年頭の筆者の期待度ランキングでは結果的にトップなった作品がいよいよ公開された。というより、ここ数年「スペクタル史劇」の映画作品が大変多く、このブログでも、中国といえばなんといっても「三国志」であることを何度となく書いてきた。しかし、そのためにはハリウッドの巨大マネーが必要だが、同時にに三国志だけでなく、悠久なる中国4000年の歴史を踏まえている人間でないとこの作品化は大変難しいと思っていたが、ジョン・ウーという適役がいたことをすっかれ忘れていた。この作品化が昨...
利用価値のない日々の雑学| 2008/11/11 19:56
「レッドクリフ Part1」、観ました。 中国の有名な演義な一つ「三国志演義」の映画化! 中盤最大の見せ場である、赤壁の戦いをアジアのス...
クマの巣| 2008/11/09 17:39
    ★★★☆☆   「三国志」の「赤壁の戦い」を描いた戦争スペクタクルの前編。 監督は呉宇森(John Woo )。 原題は「赤壁」。     ◇  天下統一の野望を抱く魏の曹操(張豊毅)は、 南の蜀に狙いをつける。 蜀の劉備(尤勇)軍の天才軍師、孔明(金城武)は、 敵軍である呉と同盟を結び魏と対決することを進言、 孔明は呉の孫権(張震)軍の 司令官、周瑜(梁朝偉=Tony Leung Chiu Wai)の信頼を得て、 同盟を結ぶ。 80万人の魏の軍隊は陸と長江から攻めてくる。 赤壁を守る呉と蜀の連合...
富久亭日乗| 2008/11/09 10:17
「三国志」を基にした歴史アクション大作。「レッドクリフPartI」公式サイト「M:I-2」がびみょうだったので ジョン・ウー監督どうかなあと思ってたんですけど・・単に三国志好きだからか、タダの金城ファンだからか結構楽しかったデス〜子供の頃見てた人形劇三国志からこ...
かいコ。の気ままに生活| 2008/11/08 20:49
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★| 2008/11/08 01:09
『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵〜」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁徳のある周瑜をトニー・レオンが演じるんだもの・・・この私が見逃すはずがないっニカッ【story】西暦208年、後の「魏」の曹操(チャン・フォンイー)は、勢力を伸ばして数々の戦いを制し、ついに皇帝から「丞相(現代の首相)」の地位を得て巨大な勢力を握った。ゆくゆくは自らが天下を掌握する野望のために、残すは劉備(ユ...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2008/11/07 23:50
かの有名な「三国志」の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を、ジョン・ウー監督の手により映像化。出演は、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童など。 <あらすじ> 西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリスマ性に魅了される。一...
Yuhiの読書日記+α| 2008/11/06 23:27
↑そらもうあーた、それだけで十分よという Agehaさんにとって、 ストーリーなんてどうでも・・・(いやそれは言いすぎ) だいたい名場面のフォトじゃなくて 金城さんの笑顔をもってくるとこから 壊れてますが。(笑) 三国志の話題はスタッフブログの コチラとコチラで 散々..
ペパーミントの魔術師| 2008/11/06 17:54
試写会っていうのは、日頃自分では観に行かない映画に出会えて、自分の興味が広がった
はらやんの映画徒然草| 2008/11/06 02:32
「レッドクリフ」を観てきました〜♪ 今から1800年前の中国、曹操(チャン・フォンイー)率いる魏軍は、その兵力にモノをいわせ隣国を攻撃していた。魏に対抗するため諸葛孔明(金城武)は、呉の国を訪れ周瑜(トニー・レオン)と協力関係を結ぶ事に成功する。魏の軍隊は80万もの大群に膨れ上がり、目の前に迫っていた・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、80万人の敵と対峙するかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪...
観たよ〜ん〜| 2008/11/05 22:01
結局は女のために闘う 【Story】 はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めた...
Memoirs_of_dai| 2008/11/05 05:19
興奮と退屈が,いったりきたり。
Akira's VOICE| 2008/11/04 10:38
『レッドクリフPartI』を観ました『M:I-2』、『フェイス/オフ』のジョン・ウー監督が、三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編です>>『レッドクリフPartI』関連原題: REDCLIFF    赤壁ジャンル: 歴史劇/アクシ...
おきらく楽天 映画生活| 2008/11/04 09:20
 『1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。』  コチラの「レッドクリフ Part I」は、日本でも人気の高い「三国志」の有名なエピソード「赤壁の戦い」を100億円の製作費で映画化した11/1公開のヒストリカル・アクションなのですが、早速観て来ちゃいま....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/11/03 21:19

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Event] ボストン美術館 浮世絵名品展 | HOME | [Review] イーグル・アイ>>
忍者ブログ[PR]