忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/16 18:07 |
[Review] ラスベガスをぶっつぶせ
ラスベガスをぶっつぶせハーバード医科大学へ進学するためには、生活費込みで30万ドルが必要。でもそんな大金があるわけがない。かくなる上は奨学金を得ること。でも、そのための条件が、優秀な成績を収めただけでなく、驚嘆させるような人生経験が必要であることに。

驚異的な数学能力を買われ、ラスベガスのカジノにおいてブラックジャックのカウント作戦で荒稼ぎをする天才学生達。その中でも特に抜きん出て、記憶力・計算力・即時対応能力、果てはカジノというこれまでの人生から切り離された異質な空間でも度胸を発揮する主人公。
みるみる内に一味の頭角に躍り出るが、己の能力とチームで一番の稼ぎ頭という自尊心に溺れ、本来の目的『30万ドル稼いだら止める』を見失うことに。そして大金の魅力とギャンブルにのめり込んだ代償は、それまで大切にしていた友人と共に歩んできた道。更にはチームワークを乱した代償を強制的に払わされ、全てを失う。

というのを聞いても、多くの人は多分に「可哀想」とは思うけど、とりわけ驚愕とは思わないでしょう。ブラックジャックのカウント作戦自体は(一般の人にとっては)驚愕でしょうが、(物語上は)これまでにも多くの一味がカジノで実践し(最後にはバレて稼いだ金を返され代わりに傷が増え)てきたようなので。
そう、驚愕な人生経験は、実のところこの後に起こる出来事。失意のどん底に堕ちた主人公が取ったとんでもなく且つ予想外な行動。それまでは、自分の能力に酔いしれた主人公の栄枯盛衰、友情と恋愛といったところがクルーズアップされていました(実話を元とはいえ、カジノとブラックジャックのカウント作戦は、これらの要素を引き出すための道具に過ぎないと思いました)。しかし、ラストの展開はいきなりサスペンスフルに! 一度チームワークを乱し、袂を別れた人達の再結成でしょうから、きっと何かあるだろうとは思っていたのですが……
まぁ、このラストのシーンに突入する前のあるシーンで、ちょっとひっかかったところがあったのですけれどね。「ん?」と思ったところが。ただの撮影ミスかと思ったのですが、とんでもない伏線が待ち受けていたのですね……


しかし荒稼ぎは別として、主人公のような驚異的な計算能力は、僕は欲しいなぁ、と思ってしまいました。何かと便利そうだし。

拍手

PR

2008/06/21 23:46 | Comments(0) | TrackBack(5) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
あらすじマサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラックジャックの必勝法を編み出した天才学生チームに誘われる。チームに参加した彼は仲間たちと日夜トレーニングを重ね卓越...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/07/28 19:41
妻と守谷の映画館で、映画「ラスベガスをぶっつぶせ」を見ました。「ブラックジャック...
Nakamura's Weblog| 2009/01/17 14:38
昨日{/kaeru_rain/}{/hiyoko_cloud/}は予告通り昼過ぎまで寝ていました{/kaeru_night/}{/face_ase2/} で、起きて、 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を観始めたのですが、映画の終盤にきて… あ、今日(日曜日)って「たかじん」がある{/ee_3/}と気がついて映画を中断{/ase/} 「たかじんのそこまで言って委員会」を観た後、食料品やら、来週修学旅行{/ase/}だという息子の旅行用の服やらを買いに行って…夜に「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」の続き...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2009/01/12 14:21
理系大学の最高峰MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生ベン・キャンベル(ジム・スタージェス)。 医者を目指している彼にとって悩みは巨額な学費。そんなある日、ベンの頭脳に目を付けたミッキー・ ローザ教授(ケヴィン・スペイシー)が彼を自分の研究チームに勧誘。その研究テーマは“カード・ カウンティング”という手法を用いてブラックジャックで必勝するためのテクニックとチームプレイを 習得するというものだった。一度はためらうベンだったが、チーム内に憧れの美女ジル(ケイト・ ボスワース)がいたこともあって、学費のため...
心の栄養♪映画と英語のジョーク| 2008/10/29 09:20
 『その戦略は、天才だけに許される。 圧倒的な数学力でMITの学生が人生を切り開く──実話の映画化。』  コチラの「ラスベガスをぶっつぶせ」は、数学の天才がブラックジャックを攻略する5/31公開の青春サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  ベ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/06/22 14:46

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] 奇跡のシンフォニー | HOME | [Review] インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国>>
忍者ブログ[PR]