忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/28 14:16 |
[Review] インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国考古学者インディアナ・ジョーンズのアクション・アドベンチャー映画第4作。タイトルは『クリスタル・スカルの王国』。

ジョーンズ博士の行動力・バイタリティは、約20年経った今でも健在でした。でもね、死ぬから。いくら何でも
(特に、最初の方の核実験のシーンとかバイクに乗ってカーチェイスシーンとか…)。
もはやアクション・アドベンチャー映画の枠はとっくのとうに超え、どちらかと言えばアトラクション・アドベンチャーに。最初から最後まで息をつく間もなく繰り広げられる、『良い子は真似をしないでください」アクション』が目白押し。
しかも主演のハリソン・フォードに限らず、脇を固めるケイト・ブランシェット、カレン・アレン、シャイア・ラブーフに至るまで。そして皆楽しそう(顔は満面必死だけど…(汗))。特にケイト・ブランシェットは、『ロード・オブ・ザ・リング』や『エリザベス:ゴールデン・エイジ』といった作品のイメージが強かったので、今作のような何でもありアクションではどんな活躍をするのか、楽しみ半分不安半分でした。

が、結局のところ、ジョージ・ルーカスやスティーヴン・スピルバーグをはじめとする製作者サイドの思惑通りにいったような気がします。
この作品ももう4作目。単なる考古学探検ものは二番煎じだし、火薬たっぷりCGたっぷりのアクションはすぐに飽きられる。それを考慮した上での今作の魅力。それは、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮をしていた『レジェンド・オブ・ゾロ』の時もそうでしたが、喧嘩している者達を囲んで、まるで観戦者のようにエキサイトする。自分が喧嘩の主賓ではないけれど、「これを見とけ!」と強制するのではなく、観客と一緒になってエキサイトする魅せ方。
『インディ・ジョーンズ』シリーズも、最初こそ(1作目・2作目とか)様々なアクションや戦闘に真剣勝負で、ワクワクよりもハラハラ感の方が強く、鑑賞しているこっちの胃が痛くなるばかりでした。が、そんな初々しいまでの切迫した緊張感も3作目以降からは次第に解け始め、ブラック・ジョークも交え、単なるアクション映画に留まらないユーモアな作品になっていったのではないかと思います。
まぁそれでも、ジョーンズ博士の無鉄砲さは4作目になってもちっともお変わりのないことで。年齢を感じさせない、という意味ではいいのかもしれませんけれど(汗)。


そんなこんなで、これまでの作品の懐かしアクションをいくつかピックアップしながら、物語も敵側味方側とどっちつかずに転がっていき、最後のクライマックスに突入しますが、私自身、これまた見事に裏切られました。悪い方向で。流石に映画館で大声を出すわけにはいかないので、心の中で叫びました。「えっ、こんなのアリー!?」って。
これまでの作品が、宗教的・オカルト的な展開でしたので、最後の結末部分は、個人的には微妙に納得いかないのですが……。まぁでも、話の流れからして薄々感づいていたことでもあるし、これまでのルーカス映画やスピルバーグ映画のオマージュを盛り込んだ形と解釈すれば、これはこれでアリかな、と冷静に思う部分もございます。
それが何かは、皆様の目でお確かめください……


以下は、これまで制作・上映された、『インディ・ジョーンズ』シリーズのReviewです。


レイダース/失われたアーク(聖櫃)考古学者インディアナ・ジョーンズのアクション・アドベンチャー映画第1作。タイトルは『レイダース/失われたアーク(聖櫃)』。

冒険やアドベンチャーものの作品というと、大抵の場合、舞台は秘境。隠された宝の位置を示す地図と、解読に必要な古文書。ただでさえ通りづらい欝蒼としたジャングルを潜り抜け、遺跡まで辿りつく。しかし行く手を阻むのは幾多の罠。己の経験と知識、そして勘をフルに発揮し、ようやく目的の宝まで。しかしそこからがアドベンチャー作品の真骨頂。如何にして脱出するか。行きは良い良い帰りは怖いとは正にこのこと、迫り来る罠の恐怖は、俄然宝を得た後の方が大きい。果たして、宝を抱えたまま無事脱出することが出来るのか     
というシーンは実のところあまりなく、良くも悪くもアドベンチャー映画とは一線を画した作品です。単なる宝探しであれば展開として先が見えてしまうので、それを一つの素材としてアクション・エンターテインメントを繰り広げる、という意味では面白い作品ではないかと思います。解読難解な頭脳プレイ系を期待するのでれば、若干物足りないかもしれません。同じ宝を求める二人(ないし複数)の謎解き競争という展開でもないですし。

それはそうとジョーンズ博士、貴方本当に考古学博士なんですか?
普段はスーツをバシッときめて、教壇で考古学の熱弁を振るう教授。しかしそれは世を忍ぶ仮の姿、とでも言わんばかりの行動力・バイタリティ。特に、発見した世紀の秘宝を対抗勢力に奪われ、それを奪い返そうとするときの教授のアクションは、鑑賞しているこちらからすれば「あれ、絶対死ぬよね」と思ってしまうのです(汗)。世界のありとあらゆるところへ赴き、人類の歴史と未知なる秘宝をその両の眼に収めるために恐怖を恐れず邁進するわけですから、並大抵の体力と尋常な精神力ではないことは分かるのですが……
これが作品上の演出、というのであれば、微妙にかたよっているような気がします。秘宝を奪い返そうと車の中やら上やらで繰り広げられるバトル。車から落ちるか落ちないか、運転の主導権を握れるかどうかの連続に、手に汗を握ってしまいました。方や銃撃戦や肉弾戦。やはりどんな屈強の肉体の持ち主とはいえ、格闘はあまりお得意ではない様子ですねジョーンズ博士。同じアクションシーンでもこの差の大きさに、製作者サイドの思惑か、はたまた技術力の限界か、少々邪険な観方をしてしまいました。



インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説考古学者インディアナ・ジョーンズのアクション・アドベンチャー映画第2作。タイトルは『魔宮の伝説』。

一作目同様、とても考古学博士とは思えなくらいの行動力とバイタリティ、そして無鉄砲さを存分に発揮。特に今作では、そこかしこに敵意に満ちた集団が四方八方に点在するのですから、もうちょっと慎重にいってもいいのに、と思ってしまいました。後半に行けば行く程、行き当たりばったりな作戦の数々。それとも計算通りの結果なのか、はたまた偶然の産物なのか。それでも見入ってしまうのはアクション・エンターテインメントならではの魔力を発揮している作品なのかもしれません。

今作は、インディ・ジョーンズならではの冒険、アクション要素を遥かに上回る、エンターテインメントが主流の要素。それぞれの思惑や人間模様、そして無謀に近いアクションの数々が、前作以上に現実味を通り越して鑑賞者にドキドキワクワクを提供します(良くも悪くもですが……)。「映画なんだから細かいことは気にしない」と言われればそれまでですが、リアリティはともかく、もうちょっと教授らしい、研究者らしい冷静さと慎重さを以って行動してもよくないか? とツッコミを入れずにはいられないのです。
それとも、元々インディ・ジョーンズの性格が、好奇心旺盛だが短気、豪放で無鉄砲というところでしょうか? はたまた教壇で熱弁を振るうのが性にあっておらず、ストレスとフラストレーションが溜まりに溜まって、探検家とは思えないくらいの豪快な行動に出た、とか。いずれにしても冷静沈着に事を運ぶような正確だったら、最初の某取引のシーンのような失態はしないはずなのに……
なんて、冷静を通り越して冷酷な考え方をしてしまうのでした。

要はそんなツッコミはご法度、スクリーンに映し出されるありのままの映像を、エンターテインメント作品として楽しみなさい、ということですな。そもそもが無謀の連続なので、そこにリアリティや理論を無理強いする方が間違っているのです。素直に、ありのままに鑑賞しろと、そういうことですな。
映画とは、現実とは遠く離れた、楽しさだけを切り取った異空間。有り得ないことの連続だけどそれが楽しい。正にその代表作ではないかと思います。繰り返しますが、本っ当に良くも悪くも(汗)。何しろゲテモノ揃いの食事って、現地の人々の食生活を曲解していませんかい? あと、『キングコング』とはるくらいの絶叫シーンの数々もね。



インディ・ジョーンズ/最後の聖戦考古学者インディアナ・ジョーンズのアクション・アドベンチャー映画第3作。タイトルは『最後の聖戦』。

インディ・ジョーンズシリーズも3作目になると余裕が出てきたからか、作品から滲み出る一種の『余裕』と申しましょうか、感じがします。勿論それは、これまで主演を続けてきたハリソン・フォード同様。そして、スティーヴィン・スピルバーグ監督も同じなのでしょう、作品に散りばめられた『スピルバーグ・ジョーク』とでもいうのでしょうか、小粋なネタが満載。第2作と違って行きずりの探索でもなく、これまでに収集した文献や暗号、古文書の言葉など、考古学作品ならではの小道具も満載ですので、僕個人としては、これまで以上に見ごたえはあったと思います。
ただ、やはり主人公インディ・ジョーンズのバイタリティと行動力は衰えることなく。お父様の「これが考古学か?」という台詞は正にピッタリ。でも、これまでの無謀さはちょっと抑えていますよ。慎重さはまだまだ程遠いですけれど。

今作の題材は、数々の書物や他の映画作品としても取り上げられている『聖杯伝説』。そして、その『聖杯』を巡る人類最後の戦い。
とはいえ、十字軍等これまで『聖杯伝説』に関わってきた単語が並べられていますが、あくまでインディ・ジョーンズシリーズ中で巻き起こる『聖杯伝説』の物語であり、実際とは(多分全くの)無関係に思います。ですので、あまり深く考えず一つのエンターテインメント作品として鑑賞すればいいのではと思います。あ、勿論「いい意味で」ですよ(汗)。
そして今作は、どちらかというと暗号や古文書解読がメイン。アドベンチャー定番の秘境はほとんどなく、舞台はどちらかというと遺跡の中。そしてその遺跡に辿りつくまでの道のりが、何と荒野! 「ウェスタン映画かよ」というツッコミは無しの方向で。でも時代的にそうですね。第二次世界大戦前の設定ですし。でも主人公は、背格好は西部劇ですが性格は全然西部劇っぽくない…… それは彼のお父様しかり。ボンド・ガールよろしく毎度のごとく冒険に深く関わる女性が今作も登場しますが、「目がお父様に似てる」とのこと。いや、目以上に性格もそっくりですヨ。何気にお父様も果敢に行動を取られるシーンも満載。だってジェームズ・ボンドだったのですからねっ! 勿論、無謀さは息子の方が一枚上手ですけれどね。

この作品を鑑賞すると、この後の作品に登場する幾多の小ネタが、如何にインディ・ジョーンズシリーズの影響を受けているのかが分かります。スピルバーグ監督にとって、インディ・ジョーンズシリーズがどれほど大切な作品であるかが分かります。

拍手

PR

2008/06/14 21:38 | Comments(0) | TrackBack(43) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
あらすじ1957年、相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼にマットという若者が声をかけてきた・・・。感想『未知との遭遇』のスティーヴン・スピルバーグ『アメリカン・グラフィ...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/07/29 20:51
19年ぶりの続編。ちょっとムリがあるんじゃないの?と思っていました。
My Favorite Things| 2008/08/16 09:52
★★★☆  ハリソン・フォードは今年66才になったという。この映画では、かなりスタントマンを使ったと思われるが、それにしても日頃の鍛錬がなければ大怪我間違いなしである。 シルベスター・スタローンにしろ、ハリソン・フォードにしても、何故もまあお年寄りがこれだ
ケントのたそがれ劇場| 2008/08/14 18:50
 1957年。 旧ソ連〜ペルーのジャングル〜ナスカ〜ニューメキシコの砂漠〜イグアスの滝 悪役のおかっぱ頭の女性が、ゴルゴ13風だった。 ヒロインが、色気の無い中高年のオバちゃん〜ううん〜微妙〜 ショーン・コネリーは、額縁の写真がパッと出てそれだけ=ガッ...
江戸川心歩・傑作娯楽小説全集| 2008/08/07 16:53
監督 スティーヴン・スピルバーグ 出演 ハリソン・フォード     シャイア・ラブーフ     カレン・アレン 先週に引き続いて布施ラインシネマ10での鑑賞です。 もうポイント貯まりまくりです。 本日も2本ここのシネコンで見るんですが、見る作品が待望のシリーズ最新作「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」! 公開されてかれこれひと月になりますが、私にしてはこの話題作遅ればせながらの鑑賞です。 (あらすじ) 1957年、大学で学生たちに考古学を教えているジョーンズ博士(ハリソン・フォー...
MOVIE KINGDOM ?| 2008/08/03 01:39
そういえば、今って“西暦2008年7月”ですねぇ… “2008年7月”といえば「未来少年コナン」で、空をギガントが飛び交って、超磁力兵器が使われて人類が滅亡の危機になる月ではありませんか…と、子供のころに観たり読んだりした未来をドンドン追い越していく昨今です{/face_ase2/} 今日{/kaeru_fine/}は天気が良かったので少し出かけたのですが、暑いです{/face_hekomu/} 娘は茶道部(?)のお茶会とやらに出かけましたが…暑いだろうねそちらも。 さて、今日は久しぶりに映画館で観...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2008/07/24 20:54
☆「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレン・アレン、ケイト・ブランシェット、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント、イゴール・ジジキン、アラン・デイル 冷戦真っただ中の1957年。 アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員スパルコ率いるソ連兵の一団が米軍基地を襲撃。 彼らの目的は、宇宙の神秘を解き明かす力を秘めているという“クリスタル・スカル”。 言い伝えによれば、黄金に輝き死者たちに守ら...
りんたろうの☆きときと日記☆| 2008/07/24 04:12
61.インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国■原題:IndianaJonesandtheKingdomOfCrystalSkull■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:122分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:7月7日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監...
KINTYRE’SDIARY| 2008/07/22 22:07
『インディ・ジョーンズ』19年ぶりの復活。今年は、ランボーといい、インディ・ジョーンズといい、20年近い時を経てからの復活が多いですね。正式公開は来週からですが、先行公開の今日、見てきました。 舞台は、第二次世界大戦が終結して、東西冷戦が激化しつつあるころ。ロズウェル事件から10年が経過していますが、そのロズウェル事件への関連が疑われているエリア51が物語の冒頭のシーンに登場しています。また、アメリカでは、マッカーシズムは終焉していますが、まだまだその後遺症がある事が、ジョーンズがFBIに疑われるところ...
勝手に映画評| 2008/07/20 21:06
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」、 ようやく鑑賞に漕ぎつけました。 ただ、19年ぶりの今作の製作が進んでる事を知って、公開を待ってた頃が、 一番楽しかったかもしれないです(笑) 僕が洋画を観るようになった、きっかけの映画と言っても過言でない、 「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」。 友人達に、無理矢理映画館に連れていかれたんですが、 こんなに洋画が面白いなんて!と、洋画の「観ず嫌い」が すっかり克服できていました。 でも今回、自分が歳をとって、素直に楽しめなくなったのか、 それともこ...
「ボブ吉」デビューへの道。| 2008/07/19 23:06
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国’08:米 ◆原題:INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL◆監督: スティーヴン・スピルバーグ「宇宙戦争」◆出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシェット、カレン・アレン、ジョン・...
C'est Joli| 2008/07/13 22:00
人気ブログランキングの順位は? 全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/07/09 01:20
 今年1番楽しみにしていた作品インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国を観てきました。前々から見ようと思っており、前売り特典であるCollecters Bookが欲しかったので前売り券を買ったのですが、すっかり忘れていて、劇場でお金を払ってチケットを買ってしまいました・・・。(^^ゞ にしても、日曜のレイトショー。天気は雨。劇場はいつもより人が少なかったのですが、この作品はかなり混雑していました。やはり人気がありますね~。
よしなしごと| 2008/07/05 19:51
まさか、またインディがスクリーンでみられるとは・・・。
取手物語~取手より愛をこめて| 2008/07/05 16:50
 コチラの「インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク<聖櫃>」は、現在公開中の「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」の1作目にあたるトレジャー・アドベンチャーです。  ってことはジュニアはいつ出来た?って感じなんだけど、まぁいいのかな?(...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/07/03 20:42
この作品が公開されて一週間も経った頃だったろうか。 偶然聴いた地域FMでこの作品を話題にしていた。 さすがネタバレはしていなかったが、結論は 「オッと思うようなものは少ないかもしれないが、 シリーズものとしては十分楽しめます」 こんな感じで締めくくっていた。 「そうか、抜群ではないが、十分なんだろうな」 こんな印象を抱いたが、映画を見終わった今なら、 これにちょいと但し書きしたい気分。 ほぼ一年前に「ダイ・ハード4」を観たが、本作品も言わば シリーズもので「インディ・ジョーンズ...
徒然なるサムディ| 2008/07/03 06:24
□作品オフィシャルサイト 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」□監督 スティーヴン・スピルバーグ □製作 フランク・マーシャル □製作総指揮 ジョージ・ルーカス、キャスリーン・ケネディ □原案 ジョージ・ルーカス □脚本 デヴィッド・コープ □キャスト ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレン・アレン、ケイト・ブランシェット、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント■鑑賞日 6月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ...
京の昼寝〜♪| 2008/07/01 21:49
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」★★★★☆オススメ ハリソン・フォード主演 スティーブン・スピルバーグ監督 懐かしいファンファーレのようなテーマ曲が 流れると心が踊る、 やっとインディの新作が見られるのだ。 現実社会ではなんと...
soramove| 2008/06/30 22:43
先週は風邪気味だったので、公開二週目の「インディ〜」を週末ナイトショウで。 たしか19年ぶりのシリーズ最新作とかで・・・ 60オーバーのハリソン・フォードでアクションは大丈夫か・・・なんて心配されてるけど。。 こういう娯楽大作は見逃すともったいないので、 前売り券1300円払っちゃったけど、レイトショウ1200円の時間帯でも観に行ってしまいました。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★| 2008/06/30 02:38
   やっと観ることが出来ました!インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 24日、MOVX京都にて鑑賞。何と20年ぶりにあのインディ・ジョーンズが帰ってきたのですね。お馴染みインディー役にはあのハリソン・フォードです。かなりアクションも激しいもんで、ハリソン大丈夫なのなんて思っていたけど、なかなかやりますぞ65歳のハリソンのパワーには参りましたね。そうそう今年66歳になるそうです。とにかく頑張っておられることにを送らずにはいられません。 音楽も変らず、懐かしいです。このでなんか気分もうきうき...
銅版画制作の日々| 2008/06/26 20:48
インディ・ジョーンズ クリスタル・の国は24日(火)10時半に鑑賞し 冒険の方は少し不満もアクションなど他に関しては大満足したね 内容はロズウェル事件からクリスタル・でナスカの地上絵を挟み 黄金都市エルドラドでソ連の女幹部らとバトルし冒険の展開だね 設定が1
別館ヒガシ日記| 2008/06/26 19:38
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1957年のある日、米ソ冷戦の真っ只中、米軍の秘密基地に米軍を偽装した謎の一団が侵入。その中には大学で考古学を教えているジョーンズ博士(ハリソン・フォード)が拉
映画と秋葉原と日記| 2008/06/24 15:56
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン、ジョン・ハート、レイ・ウィンストン、ケイト・ブランシェット、ジム・ブロードベント 公式サイト 評価:77点 久しぶりのハリソン・フォードはすっかりおじい....
デコ親父はいつも減量中| 2008/06/24 00:16
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観ましたハリソン・フォード、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカスの黄金トリオで19年ぶりに復活した人気シリーズ第4弾のアクション・アドベンチャーです>>『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカル...
おきらく楽天 映画生活| 2008/06/22 21:17
109シネマズ木場で『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観てきた。先行上映なのだが映画館は混んではいなかった。
古谷千秋の食い倒れ日記| 2008/06/22 01:59
待ちましたよ、20年も。 久しぶりにインディに会えました。 「インディ・ジョーン
はらやんの映画徒然草| 2008/06/21 17:56
温故知新の大冒険!  
Akira's VOICE| 2008/06/21 16:58
「インディ・ジョーンズクリスタル・スカルの王国」を鑑賞してきました考古学者のインディアナ・ジョーンズが秘宝を求めて世界を旅する冒険アクションインディ・ジョーンズ」シリーズ最新作。19年ぶりのシリーズ復活!作品中でも19年の歳月が流れていて、前作「インデ...
日々“是”精進!| 2008/06/21 15:28
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」、観てました。 うわ〜。「ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎」くらい面白いで...
クマの巣| 2008/06/21 14:20
先行上映で観た 「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」 本上映になったのでレビ
ヤジャの奇妙な独り言| 2008/06/21 01:13
『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』を観ましたハリソン・フォード、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカスの黄金トリオの人気シリーズ第2弾のアクション・アドベンチャーです>>『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』関連原題:INDIANAJONESANDTHEKINGDOMOFT...
おきらく楽天 映画生活| 2008/06/20 23:53
☆先ず言いたいのは、あれだけ「円盤」ネタはないと言いつつ・・・。 まあ、面白かったから良いけど^^; 最初のエリア51でのロズウェルネタも、ただの独立前振りエピソードかと思っていたら、物語全体を覆うネタだったのね。 まあ、プロローグにしては、長いなあとは思ったが。    ◇   ◇ 最初に、軍人たちの車輛を挑発する若者たちの乗用車が出てくる。 また、インディが、マットと最初に語り合うダイナー(って呼び名でいいのかな?)での、二つの抗争中の若者グループネタがあったが、 ルーカスなどは、『アメリ...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』| 2008/06/17 22:37
 コチラの「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」は、6/21公開となるシリーズ最新作「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」の3作目にあたるアドベンチャー・アクションです。  2作目の「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」に引き続きTV放映での鑑賞となった次...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/06/17 19:22
考古学者インディ・ジョーンズのシリーズ第4弾です。
水曜日のシネマ日記| 2008/06/17 12:33
     ★★★★★  アクションアドベンチャー、Indiana Jones シリーズの4作目。 前作から19年ぶりの新作はソ連軍相手にIndianaが南米を冒険する。 原題は「Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull 」。  1957年、Indiana Jones (Harrison Ford )と 昔からの相棒George 'Mac' McHale (Ray Winstone)は ネバダ州の米空軍基地「エリア51」に ソ連軍の女性少佐Ir...
富久亭日乗| 2008/06/17 07:15
Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/レイ・ウィンストン/カレン・アレン/ケイト・ブランシェット/ジョン・ハート/ジム・ブロードベント 新たなる秘宝を求め、至上空前の冒険が始まる! 考古学者インディ・ジョーンズが秘宝を求めて世界を駆け巡る冒険活劇の19年ぶりとなるシリーズ第4弾。 シリーズを劇場でみるのははじめてなので、ワク...
小部屋日記| 2008/06/16 23:43
考古学者インディ・ジョーンズ 19年ぶりのシリーズ第4弾。「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」公式サイトあの軽快な音楽きいただけでワクワク。モコモコっとプレーリードックが顔出して・・待ってました! インディ登場!老いぼr・・じゃない、年取って...
かいコ。の気ままに生活| 2008/06/16 21:53
 コチラの「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」は、6/21公開となるシリーズ最新作「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」の2作目にあたるアドベンチャー・アクションです。  時系列的にはシリーズ1作目よりも前にあたるそうなのですが、この映画がインディ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/06/16 19:12
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の ジャパン・プレミアに行って来ました。 会場の代々木体育館は、20年程前にEW&Fのコンサートに行って以来、久しぶりでした。 その時も今回と同じ2階席だったのですが、天井が低いので音が反響して最悪の音響だったのを思い出しました。 会場に入ると巨大なスクリーンで、インディのコスチュームを着て来場している一般人を次々に映していました。 なかなか皆さん、本格的な格好をしていて、こういう人達って本当にいるんだなぁと感心しつつ、何故かそうい...
アートの片隅で| 2008/06/16 12:01
 これを観るとは思いませんでした。近頃の心の状態から考えて、ノリが今一つなんです
eclipse的な独り言 | 2008/06/15 21:47
 アメリカ  アドベンチャー&アクション  監督:スティーヴン・スピルバーグ  出演:ハリソン・フォード      シャイア・ラブーフ      カレン・アレン      ケイト・ブランシェット 【物語】 1957年、アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員スパルコ....
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽| 2008/06/15 15:39
ドキドキするなぁ〜インディ・ジョーンズに会えるなんて―   *『レイダース/失われたアーク』1936年、旧約聖書に登場するアークの行方を追い、ペルー、ネパール、カイロを駆け巡りナチス・ドイツと対決―*『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』1935年、インドで聖なる石サンカラ・ストーンをめぐり邪教の魔術を操る僧侶と対決―*『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』1938年、ナチス・ドイツを相手に、ベニス、ベルリン、トルコを駆け巡り、父ヘンリーとともにキリストの聖杯を探し求める―     そして1957年、インディ...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2008/06/15 13:50
 『全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!』  コチラの「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」は、スティーヴン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス製作総指揮、ハリソン・フォード主演で80年代に大ヒットを飛ばしたシリーズの最...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/06/15 08:41

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] ラスベガスをぶっつぶせ | HOME | 『普通に生きる』ことの大切さ>>
忍者ブログ[PR]