忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/20 06:37 |
[Review] ベンジャミン・バトン 数奇な人生
ベンジャミン・バトン 数奇な人生もし、生まれた時が老人のようで、歳を取るごとに若返っていく。もしそれが自分自身だったら、一体どうしていたか。
皆が年をとり、皺が増え、身体も自由に動かなくなる傍らで、自分は少しずつ身体が動かせるようになり、皺も無くなり、視力も聴力も改善され、肉体も生き生きとしていく。最初のうちは大変かもしれないが、結局同じことなのかもしれない。最初は動けないし人の世話を借りてばっかり。そのうち経済的にも精神的にも自立し、最後にはやっぱり人の世話になる。
しかし、「若返っても歳を取っても、行き着く先が同じ」という考えは、物語の最後の方であっさりと無くなっていました。それは、「誰かと同じように年を重ねるということが絶対に出来ない」ということ。急に恐ろしくなりました。「他人とは違う人生を送りたい」と思う傍らで、「誰かと同じように歳を取りたい」と思っていることもまた事実。というより、「歳を重ねることの苦労を共に分かち合いたい」という感情でしょうか。
自分は特別だと思っていても、結局はそれも束の間の出来事。同じように歳を重ねることが出来ないと分かった瞬間、あがらうことのできない孤独感が身体中を駆け巡る。そして、歳を取ることに逆らえないことと同じように、若返ることもまた、逆らうことの出来ない運命。
歳を取ることが神が与えた呪いなのなら、若返ることもまた、神が与えた呪いなのかもしれません。


そんな、数奇な運命を辿った一人の男の物語。小説やマンガとかではあり得そうな設定。でもそれが、実写として目の前に映し出される。勿論、CGや特殊メイク等の技術を駆使しているとはいえ、そのあまりにもリアルな表現には、正直息を飲んでしまいました。
多分、「生まれた時は80歳代で、歳を取るごとに若返る」という人物だけの物語なのなら、あまり実感が伴わない作品かもしれません。ですが、主人公であるベンジャミン・バトンをさらに際立たせているのは、いや、ベンジャミン・バトンが際立たせている、と言い換えてもいいかもしれません、そんな主人公と対を成すもう一人の人物、それが、僕達と同じように歳を取っていくデイジーの存在。
デイジーがまだ無垢な少女であった時、ベンジャミンは歩くのもままならない老人だった。それが、デイジーが少女から女性へと美しさを増すにつれ、ベンジャミンの毛髪は増え、筋肉も増し、杖も無く歩けるようになる。人生の中間地点。二人はようやく歳相応になる。

しかし、喜びも束の間。燦然とした輝きを放っていた彼女も、やがて皺がふえ、肌にはしみができるようになります。でも、ベンジャミンはどう見ても高校生か大学生と見まがうような青年の姿。恐らくこの時が、ベンジャミンにしてもデイジーにしても、最も呪いたくなる時期なのかもしれません。
人生は何が起こるかわからない」。もしあの時こうしていれば、もしあの時こうだったら、こんなことは起こらなかったという連続が、後悔の念として今でも人々の心の中に植えつけられる。凶悪な事件の渦中にいたのなら、尚更でしょう。それでももし、ひと時の幸せをかみ締めることが出来るのは、傍らに共に人生を歩んでくれる人がいるから。
時を止めることが出来たら、時を巻き戻すことが出来たら。後悔と挫折を一度でも味わった人なら、誰でもそう思う。でも、時間は待ってはくれない。冷酷で残忍なほどに確実に時を刻んでいく。ただ、どんなに頭の中で分かっていても、同じ時間の中に生きていると知っていても、「同じように時を感じる生き方が出来ない」というのは、残酷以上に辛辣。
この物語の終わりは、たとえ短かったとはいえ、やはり観てて切ない部分がありました。すっかり年老いておばあちゃんになっているデイジー。でもベンジャミンは、見た目は4~5歳くらいなのに、既に認知症が発症して、もはやデイジーですら分からない状態に。最期は、肌も張りがあり、目もぱっちりとした赤ちゃん。それが、まるで未練を全く残さないかのように、静かに息を引き取っていきます。


老いるということの恐ろしさもそうですが、人生を普通に、誰かと共に歩んでいくことの素晴らしさを教えてくれる物語。自分が今、どんな境遇であれ、どんな人生であれ、どれだけの価値のものや金銭に囲まれていようと、行き着く先は皆老いであり、死である。
誰かと共に時を過ごせる、たったそれだけでも、どれほど素晴らしいことかが描かれている作品と思います。

拍手

PR

2009/02/08 13:58 | Comments(0) | TrackBack(27) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
{/kaeru_fine/}あいかわらずモンハンばっかりなピロEKです{/ase/} (ゲームでは、ちょっと前に買った「Forza Motorsport 3」は全然遊んでいなくて勿体ないし{/ase/}、すでに払い込んでるXboxのゴールドメンバーシップとかも全然使ってなくて{/ase/}…勿体ないですなぁ{/face_ase2/}) さてここのところの近況報告なのですが… 昨日{/kaeru_fine/}(2009年12月5日・土曜日)からヨメさんと娘は沖縄{/hawaii_beach/}に出かけて...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2010/02/28 09:52
1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆した、 ニューオーリンズを舞台に、80代で生まれ、そこから若返っていく、 1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、 ひとりの男の姿を描いた短編の映画化作品。 主演はブラッド・ピット。 老人ホームの玄関に生ま
映画、言いたい放題!| 2009/03/19 01:06
映画 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 の感想 80代の老人の見た目で生まれ、どんどん見た目が若返っていくベンジャミン・バトン(ブラッ...
エンタメ日々更新| 2009/03/15 11:39
あらすじ80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は、愛する人との出会いと別れを経験していくが・・・。感想映画の日に、久しぶりに劇場鑑賞。『セブン』、『ファイト・クラブ』のデヴィッ...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/03/13 06:41
「ベンジャミン・バトン-数奇な人生-」を観てきました。 生まれたときから若返ってゆくベンジャミンと、その周囲の人々の人生を描いた感動作です。 この作品を観ながら、「老いる」ということを意味を真剣...
事務屋の日記| 2009/03/09 10:05
[ベンジャミン・バトン数奇な人生] ブログ村キーワード  アカデミー賞13部門ノミネート!上映時間2時間47分!!「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(ワーナー・ブラザース)。アカデミー賞では残念な結果(主要部門でカスらず、3部門の受賞)に終わりましたが、興行の方は、長尺モノにも関わらず、まずまずの数字を挙げています。こりゃあ、ブラピの底力って、とこですかね?  第1次世界大戦が終わったその夜、ニューオーリンズで1人の赤ん坊が生まれた。出産直後に母親は死亡、残された我が子の姿を一目見て、父...
シネマ親父の“日々是妄言”| 2009/02/26 22:12
 『タイタニック』のような格調高い構成に、『フォレスト・ガンプ 一期一会』のよう...
シネクリシェ2.0| 2009/02/24 06:22
デヴィッド・フィンチャーは好きな監督のおひとりですが、今までの作品とは全然違いますねぇ…
My Favorite Things| 2009/02/22 19:36
'09.01.19 『ベンジャミン・バトン ~数奇な人生~』(試写会)@よみうりホール yaplogで当選。ブラピ舞台挨拶つき試写会も応募したけど、こっちが当たってことはハズレだな(涙)しかも家に帰ったらシネトレからも試写状が届いてた。その日は旅行中で日本にいない。ということで、そちらは代わりにMッスに行ってもらうことにした。シネトレさんすみません 「高齢となり死の床にあるデイジーは、付き添いに来ている娘のキャロラインにある人の日記を読んで欲しいと頼む。日記の主はベンジャミン・バトン。老人と...
・*・ etoile ・*・| 2009/02/22 02:10
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー  □脚本 エリック・ロス   □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、タラジ・P・ヘンソン、イライアス・コティーズ、ジェイソン・フレミング、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング、ジャレッド・ハリス■鑑賞日 2月14日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5...
京の昼寝〜♪| 2009/02/20 12:26
【THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 】 【監督】 デヴィッド・フィンチャー   【原作】 F・スコット・フィッツジェラルド    【脚本】 エ...
+++ Candy Cinema +++| 2009/02/18 23:22
▼動機 子供の頃、こういう歌があったよね ▼感想 ま、それなり ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら、時間を刻んでいく。 ▼コメント 子供の頃、学区外の友人が歌っていた歌に 「産まれたばかりの老人が~」 という歌があ...
新!やさぐれ日記| 2009/02/17 21:39
なんて、なんて。デビッド・フィンチャー監督作で、こんなに心あたたまっちゃうなんて。意外な感じもしつつ、フィンチャーだからこそのビジュアルで見せてくれる映画になっていて満足。一昔前だったら、映像化するのは困難なストーリーに区分されていたんじゃないかと思うのだけど、技術の進歩とアイディアの勝利だね。80代の風貌で生まれ落ちて、年をとるたびに容姿は若返っていく奇妙な運命を背負った男の人生が、実に自然に映像化されていることに感心。1人の俳優が10年、20年という年の経過を演じる映画も多いけど、いくら演技をがんばっ...
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY | 2009/02/17 00:24
時間というものは不可逆性の流れを持っています。 今のところ物語の中でしかタイムト
はらやんの映画徒然草| 2009/02/16 15:40
ベンジャミン・バトン 数奇な人生’08:米 ◆原題:THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON◆監督:デビッド・フィンチャー「ゾディアック」「パニック・ルーム」◆出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、タラジ・P・ヘンソン、ジュリア・オーモンド、ジェイソン...
☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆| 2009/02/15 22:03
「ベンジャミン・バトン」★★★★★オススメ ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット 主演 デヴィッド・フィンチャー 監督、2008年、167分、アメリカ 「この映画に原作があり、 それがスコット・フィッツジェラルドだと知って そうかもなと思った、 一番輝いた瞬間も夢のようだと 書き続けた作家だったから」 赤ん坊で生まれて 老いて死んで行く、 そんな普通の人間の一生を 全く逆の老人で生まれ、だんだん若返るという 生を受けたひとりの男の物語。 167分ある...
soramove| 2009/02/15 00:32
 原題:The Curious Case of Benjamin Button 80歳で生まれ、若返っていく男の物語 公開前から予告での宣伝もじゃんじゃん流されていたので、観ないわけにはいかないなあと思っていました。2月9日夕方、鑑賞してきました。ところが長い!3時間まではいかなかったが。後で調べたら167分=2時間47分・・・・・・。いやあここまで長いとやはり疲れますね。 F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説をもとに、デヴィッド・フィンチャーが映画化。なお、フィンチャーと主演のブラッド・ピッ...
銅版画制作の日々| 2009/02/14 23:03
昔、私の母が祖母を見ながら「年を取ると、段々赤ちゃんに戻っていくんだよ」って事言っててさぁ。 その時は、何も考えずにふーんって適当な返事したんだよね。 でもさ、この映画見て、そうかそうかって。 なんつーかさ、母の言った言葉考えると、生まれた時が老人であろ
えいがのはこ。| 2009/02/13 12:30
今週の週末ナイトショウは・・・ ミュージカル好きなひらりんとしては 「ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー」も観たかったけど、 やはり「ケイト・ブランシェット特集」継続中なので本作を鑑賞。 この特集は「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」「アイム・ノット・ゼア」に続く第4弾ね。 でもでも注目はなんてったって主演のプラピ。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★| 2009/02/13 04:18
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、エル・ファニング、 ティルダ・スウィントン、ジュリア・オーモンド、タラジ・P・ヘンソン、ジェイソン・フレミング 評価:88点 人生を逆に生きる。 老人のように生まれたベン...
デコ親父はいつも減量中| 2009/02/13 00:04
1918年、クイニーは赤ん坊なのに80歳の老人のような風貌をした男児を拾い、ベンジャミンと名付けて慈しみ育てる。 成長するにつれどんどん若返るベンジャミンは、ある日6歳のデイジーと出会い、自分の秘密を打ち明ける。 やがて人生のちょうど真ん中で、ほぼ同じ年齢を迎えた二人は結ばれるが…。 人生を逆回りに生き抜いた男の数奇な物語。
象のロケット| 2009/02/12 18:50
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観ました『セブン』『ファイト・クラブ』に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジーです>>『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』関連原題: THECURIO...
おきらく楽天 映画生活| 2009/02/12 07:59
☆非常に面白かった^^v  観ている3時間、思ったより劇的な展開は抑えられていたのだが、味わい深い展開が、私の目を逸らさせなかった。  この作品は、ブラッド・ピット演じるベンジャミンが、末期の老人の身体で生まれ、そこから年を経るに従って、(これは当然だが)彼を取り巻く世界は通常に流れていく中で、ベンジャミン自身だけが身体の成長の逆行現象を起こし、若返っていく、というところが物語の特別な前提となっている。  故に、「数奇な人生」という副題がついている。  しかし、観終えてわかるのが、ベンジャミンは、...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』| 2009/02/11 23:25
第81回アカデミー賞に13部門ノミネートされた話題作【story】80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれたベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら時を刻んでいくが―     監督 : デヴィッド・フィンチャー 『セブン』『ファイト・クラブ』『ゾディアック』     脚本 : エリック・ロス 『フォレスト・ガンプ/一期一会』『グッド・シェパード』     原作...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2009/02/11 11:06
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 を見てきました 物語は 第一次世界大戦終戦の日に生まれた
ヤジャの奇妙な独り言| 2009/02/10 09:54
人生という名のロードムービー。  
Akira's VOICE| 2009/02/09 18:40
 『人生は素晴らしい。』  コチラの「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、若返っていく男の物語を映画化した2/7公開のヒューマン・ファンタジーなのですが、試写会で観て来ちゃ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2009/02/08 20:03

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] チェンジリング | HOME | [Review] 20世紀少年 第二章 -最後の希望->>
忍者ブログ[PR]