忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/25 16:49 |
[Review] プレステージ
プレステージバットマン VS ウルヴァリアン     

闇夜にまぎれながら暗躍する怪人と、鋭い爪で敵を引き裂くミュータント。縦横無尽に繰り広げられる、白熱するバトル・アクションの数々。一体誰が、この二人の世紀のバトルを想像し得たでしょうか。
たとえ映像技術をふんだんに駆使したシーンと分かっていようとも、何人たりとも決して、その迫力、そのダイナミックさから、目を離すことはできない!
正にヒーローが、いやヒーローしか魅せることができない、己の肉体と技とプライドを賭けた戦い!

しかし、この戦いを仕組んだ黒幕の存在がいる、ということを、この二人はまだ知らない。しかもそれが、フロドやサムたちを散々苦しめたゴラムだということを、一体誰が予想できただろうか!
しかしたとえ黒幕が明らかになろうとも、二人の戦いは、もはや止まることはできない。映画史に名を残す究極の戦いの行方は!? 果たして、黒幕の存在を知り、運命に打ち勝つことができるのか!?
誰一人想像もつかない結末へ、物語は急展開を告げる     




そろそろ手がつけられなくなったのでやめにします。

主演はクリスチャン・ベールとヒュー・ジャックマンですが、勿論バットマンとウルヴァリアンの戦いではありません。アンディ・サーキスも出演していますが、言うまでも無くゴラムでも、ましてやキング・コングでもありません。

物語は19世紀末のロンドン。ある事件をきっかけに袂を分かった二人の奇術師の、プライド剥き出しの戦い。
どちらが互いのトリックをいち早く見破り、どちらがそれを上回るマジックを紡ぎ出すか。その耳を澄まし、その目を凝らし、その頭を回転させ、そして限界に挑戦する。
マジックがより大胆になれななるほど、己の身に降りかかる危険は更に増し、それは己自身のみならず周囲をも不幸に追いやる。だがもう二人の対決を、誰もが止める事はできない。「どちらがより上を行くか」     。もはやこの二人の頭には、それしか無くなっている。

僕はマジックは超のつく素人ですので、トリックを見破ろうとしてもいつも見破れずにいます。まぁただの悪足掻きですが。ただ、この作品はトリックを見破ろうとする以上に、主人公に、その周囲に、そして観客に対して降りかかる災厄、というか、人災にはらはらしました。
互いが互いを意識して、トリックを見破ろうとするのは分かっています。しかし、互いの名声や栄誉を傷つけ、舞台から引き摺り下ろすやり方というのは、あまり好きではありません。さらにそれが、観客を巻き込む事件に発展してしまえば。ただ、その舞台で誰が犠牲になるのか、どんなところでトリックが見破られ、逆手に取る展開を引き出すのか。むしろその緊張感が、時間が経てば経つほどより物語に深みを帯びているんだと感じました。

『憎しみ』と『復讐』。それが、互いの奇術により磨きをかけ、深みを増すとは。奇術師の世界は、なかなか壮絶です。


ちなみに。
本編の核となる奇術のトリックは、決して誰にも言ってはならない、と上演の冒頭の注意書きにありました。物語を進めるにあたって、その核となる奇術のトリックは、うっすらと感づいてはおりましたが、正直「まさか奇術のためにここまでやるとは……」というのが感想です。
『憎しみ』と『復讐』、そして『執念』。表舞台でスターとして輝き続けることは、並々ならぬ覚悟が必要なのです。

拍手

PR

2007/06/10 13:08 | Comments(0) | TrackBack(13) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
『プレステージ』を観ました世界幻想文学大賞を受賞を受賞したクリストファー・プリーストの傑作『奇術師』を、「メメント」「バットマンビギンズ」のクリストファー・ノーラン監督が映画化したミステリアス・ファンタジー・サスペンスです>>『プレステージ』関連原題: ...
おきらく楽天 映画生活| 2009/02/24 08:18
『メメント』『バットマン・ビギンズ』のクリストファー・ノーラン監督の最新作ということで、期待して観に行ってきましたー。 出演陣も、ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、スカーレット・ヨハンソンに、マイケル・ケインにデヴィッド・ボウイってなんて豪華なんでし
cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー| 2008/11/17 02:03
あらすじロバート(ヒュー・ジャックマン)とアルフレッド(クリスチャン・ベイル)は、マジシャン(マイケル・ケイン)の助手をしていた。ある晩、舞台の事故でロバートの妻が亡くなったことが原因で二人は敵対するようになる・・・。感想アカデミー賞2部門(撮影賞、美...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2008/03/09 18:20
 という訳でおよそ二日かけて祭りを終えた理である。なかなかに有意義な一時を過ごしたと思う、自分だけで。  そこでまず一発目、期待の...
黄昏ミニヨン想録堂| 2008/01/08 02:34
 『運命さえトリック』  コチラの「プレステージ」は、6/9公開になったヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイルがイリュージョン対決!そして、そこにスカーレット・ヨハンソンが華を沿える世紀のイリュージョン・エンターテインメントなのですが、早速観て来ちゃい...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/09/08 23:57
プレステージを観てきました。 最初に『決して結末は誰にも言わないでください』とテロップが流れますが、確かに「結末」を観る前に知ってしまうと面白くもなんともなくなりますね。 観終わった後で「クリストファー・
尼崎OSよ永遠なれ| 2007/07/09 01:10
「プレステージ」★★★ ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール主演 クリストファー・ノーラン 監督、2006年アメリカ(130分) 思わせぶりな 「ラストは決して見ていない人に言わないように」という メッセージで始まる映画。 丘の上、落ち葉や草の生えた...
soramove| 2007/07/03 23:31
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 伏線のばらまき方と構成が見事です。 オチがすべての映画じゃないし、 トリックは読めるんですけど。 というよりオチの伏線が随所にあって あれこれ考えて観るのが好きな人には堪らない2時間です。 あのトンデモ系マシンを使えばも....
NOHOHONブログ| 2007/06/19 23:36
監督:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、スカーレット・ヨハンソン、マイケル・ケイン、デヴィッド・ボウイ 評価:80点 公式サイト (ネタバレあります) テレビや新聞の煽り文句から、目を見張るような鮮やかなト...
デコ親父はいつも減量中| 2007/06/16 13:50
監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベイル 2006年 アメリカ映画 130分 サスペンス 採点★★★★ なんであれ壁にぶち当たってしまった時は、下手に難しく考えずにシンプルな方法をとった方が上手くいくことが多かったりも。物事は見た目通りとは限らないけど..
Subterranean サブタレイニアン| 2007/06/15 14:19
ブロガー試写会に招待されました。 この映画、観てみたかったので嬉しい♪ しかも場所は今話題の東京ミッドタウン33Fの試写室。 ロビーからの眺めは最高! そして試写室も超豪華! 赤いビロード張りのゆったり椅子。 同伴一人OKだったのに 晴天の土曜の昼間に一人で来
映画、言いたい放題!| 2007/06/15 03:57
 最近のマジックブームにあやかれるか?プレスタージを観てきました。
よしなしごと| 2007/06/13 22:51
映画「プレステージ」に関するトラックバックを募集しています。
映画専用トラックバックセンター| 2007/06/12 00:30

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Event] レオナルド・ダ・ヴィンチ - 天才の実像 | HOME | [Review] 300>>
忍者ブログ[PR]