忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/23 05:40 |
[Review] 300
300すごい映画を観ちゃったなぁ
というのが一番の感想です。

原作と製作総指揮が、『シン・シティ』と同じフランク・ミラーだそうで。彼のグラフィック・ノベルは僕が不勉強であるためよく分からないのですが、作品から受け取れる感じが『シン・シティ』によく似ていたので、「ああ、同じ人が製作総指揮か監督にかかわっているのかな」と思いました。
但し、『シン・シティ』とは別の方向に、この映画ならではのこだわりがあったのだと思います。物語の流れや仕掛け、緻密さといったものは敢えて削り、とことんまで突き詰めてこだわったもの。それは『肉体の表現』と『音響』。方々で、「CGを駆使した新たな映像革命!」なんて銘打っていますが、『映像革命』というより、『表現革命』とでもいうのでしょうか。


CGの合成だって分かっている。でも魅入られずにいられない『肉体の表現』。
たった300人のスパルタの精鋭部隊が、100万+巨大動物を相手に繰り広げる殺陣。剣で相手を切りつける、槍で相手を刺し貫く、盾で攻撃から身を守る。そして、相手を見据える鋭い眼光。筋肉の動き一つ一つから汗の滴る瞬間まで、細微に渡って緻密に描いた『肉体の表現』。
客観的に観れば、よく、時代劇系のアクションゲームで出てくる、一人の主人公(=プレーヤー)が、何百人と沸いて出てくる敵をめっためったに薙ぎ倒していくようなものと一緒です。が、結局ゲームはゲームでしかなく、その時の迫力は、武器の動きによって出てくる視覚効果や必殺技の視覚効果や音響がほとんど。一方『300』は、鍛え抜かれているものの、特殊な能力を持っているわけではないので、必殺技なんて使えません。だからこそ、肉体の一つ一つの動きに注力して表現できたんだと思います。

R-15指定の映画ならではの、血はドバドバ、腕や首は吹っ飛ぶ、そういった系統の映像は大の苦手という人からすれば目を背けたくなるような数々の連続ですが、それでも、彼らの動き一つ一つを観て、「素晴らしい」と唸りそうになってしまいました(映画館内なので発声はしませんでしたが)。
(誤解無きように申し上げますが、僕はスプラッター・ホラーは苦手です(汗))


そして音響。これも、『表現革命』としてふんだんに映画の音響技術を駆使したものではないかと思います。
レオニダス王誕生の瞬間に流れる音響。全身が身震いしてしまいました。本当に王が目の前にいるかのような錯覚を覚えるくらい。否応無く傅いてしまうくらいの絶対的な支配感覚。
こんなふうに薀蓄垂れ流したところで、僕が映画の映像や音響技術に長けているわけではありません(むしろ素人中の素人)ですが、王が本来持ちえているカリスマを、更に音響効果によって倍増させる。いや、倍増より2乗3乗と言った方がしっくりくるかもしれません。

最初から最後まで重厚すぎて、今にも館外にその迫力が溢れてしまうような、オペラとか交響楽団を聴いているかのようでした。


映像といい音響といい、とにもかくにもすごいと唸ってしまう作品ですが、さすがにデート向きではないような気がします。まぁ、あれだけ惨殺シーンが目白押しでしたらね……

拍手

PR

2007/06/03 10:00 | Comments(0) | TrackBack(30) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
300人VS1,000,000人、真っ向勝負! 
Addict allcinema 映画レビュー| 2009/08/22 20:54
300(スリーハンドレッド)はWOWOWでし5日に鑑賞して 結論から言えば悪くないが好みに合わず2度目は無いね 内容はスパルタ王がペルシア大王の軍門に下るのを拒否し 100万人VS300人の戦争が起こって闘う展開だったね ペルシア軍100万人は異常
別館ヒガシ日記| 2008/08/14 20:56
自分のまわりの友達はこの作品を酷評している人が多くて、観るつもりが当初はなかったもののなんとなく気になったんで観てみました。 紀元前480年、大帝国ペルシアが数々の国を征服し、次なる標的に定めたのはスパルタ。ペルシアの王・クセルクセスは服従の証を立てるよう使い
cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー| 2008/06/17 21:26
血、血、血、飛びまくる血明らかにCGで作った血だったので 不思議と結構観れるもの。リアルに吹き出ていたら とても最後まで観れやしないっ紀元前480年 ここでは最強のスパルタ兵を育てる為に、男の子は生まれた時から選別される戦士になれない者は育てられずに ...
HAPPYMANIA| 2008/02/14 02:12
あらすじ紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)から服従の証を立てるよう迫られる。そこで、レオニダス王が取った選択肢は一つ。わずか300人の精鋭たちとともにペルシアの大群に立ち向か...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2008/01/09 23:42
これ、気になってたんですよね。 DVDで鑑賞。 紀元前480年。 スパルタ王レオニダスのもとに 圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。 土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすというのだ。 しかしレオニダスは遣いを殺し、ペルシアと戦う道
映画、言いたい放題!| 2007/12/29 07:19
今日{/kaeru_fine/}は、地元のお金かからないイベントのひとつ“勝山橋ホクホク食堂”ってのに出かけました。 オクサンの知り合いが“九州手打ち蕎麦愛好会”ってので出店。 十割手打ち蕎麦ってのを食べてきました。お安い値段なのに美味しくて、追加でもう一杯って感じで、お腹一杯食べてしまいました…明日は健康診断なのですが{/ase/}…蕎麦だからまぁ大きな影響は無いでしょう…多分{/face_ase2/} こういう報告書くとき、写真{/camera/}撮っておけば良かったといつも思うのですが、 その時は...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2007/12/11 22:11
解説: 『シン・シティ』でも知られるフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に、スパルタの兵士300人がペルシアの巨大軍と戦う姿を描いたアクション超大作。監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』のザック・スナイダー。屈強なスパルタの王レオニダスを『オペラ座の怪人』のジェラルド・バトラーが演じる。色彩のバランスを操作し、独特の質感になるよう画像処理を施した斬新な映像美とともに、屈強な男たちの肉体美も見どころとなっている。 [ もっと詳しく ] (シネマトゥデイ) 原題 300 製作 2007年...
サーカスな日々| 2007/12/11 01:03
 『300人VS1,000,000人、真っ向勝負!』  コチラの「300 スリーハンドレッド」は、史上もっとも熾烈な闘いのひとつとも言われる紀元前480年の"テルモピュライの戦い"を基にしたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを斬新で強烈なヴィジュアルで映画化したR-15指定の...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/09/13 23:04
--とりあえずできなかった日数分(10本以上!)をたらたら書いていきマース-- やっと観れました。 「300」です。
○o。1日いっぽん映画三昧。o ○| 2007/07/19 13:14
世界各国でNO.1ヒット記録 6月10日、MOVX京都にて鑑賞。300人vs1,000,000人のバトルえぇ〜そんな戦い、勝てっこないじゃん。しかし彼らは100万人相手に戦うことを望んだ。弱い者は生きることさえ許されないスパルタの男たちはそのようなところに生まれ、そのように育った。?服従しない?退却しない?降伏しないそれがスパルタの掟なんだ。 《ストーリー》紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェルド・バトラー)のもとにペルシア帝国からの遣いがやって来た。ペルシアは1000もの国を征服した国だ。その...
銅版画制作の日々| 2007/07/01 23:30
全米で興行収入2億ドルを突破したというヒット作。 ギリシャやペルシャの戦士ものはヒットしない・・・という今までの常識を覆したそうで。 主人公はスパルタ教育で有名なスパルタの王。 300人対100万人の対決・・・というのがウリ・・です。
ひらりん的映画ブログ| 2007/06/30 02:59
歴史ものは好きだけど、予告を見る限りちょっと違いそうなので、観に行くのもちょっとためらっていました。けど話題になっているとやはり気になる。 …とにかく最初から最後まで戦って戦って戦いまくり!突っ込みどころ満載でしたが、思ったよりは楽しめました。スローモーションの映像と音楽が印象的☆個人的にはファンタジーものにでてきそうな生き物たちがあまり好きではありませんでしたが。。…インパクトが強すぎてマッチョな男たちがなかなか頭から離れてくれません(苦笑)
Tokyo Sea Side| 2007/06/28 14:04
公開中の映画「300(スリーハンドレッド)」を観賞。監督・脚本はザック・スナイダー。製作総指揮・原作はフランク・ミラ。出演はジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー、デイビッド・ウェナム、ドミニク・ウェスト、ビンセント・リーガンほか。紀元前480年。スパルタ王レオニダス
やまたくの音吐朗々Diary| 2007/06/27 06:20
6月9日から公開の「300 / スリーハンドレッド」を観ました。「シンシティ」などのアメコミの人気作家であるフランク・ミラーのグラフィックノベルが原作。たった300人のスパルタ人兵士が、どのようにして100万のペ
Cinema Chips| 2007/06/27 00:26
 最初は観なくても良いかなと思っていたのですが、かなり評判が良いと言うことで300 <スリーハンドレッド>を観てきました。
よしなしごと| 2007/06/23 12:49
300(2006/アメリカ) 【監督】ザック・スナイダー 【出演】ジェラルド・バトラー/レナ・ヘディ/デヴィッド・ウェンハム 「This is Sparta!!」 遅ればせながら、『300』観て来ました。 最高。文句のつけような
愛すべき映画たち| 2007/06/19 12:58
監督 ザック・スナイダー 主演 ジェラルド・バトラー 2007年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★★★ もう評価も付けたことだし、余計なことをウダウダと書かずに一言「これがスパルタだ!!」とだけ書いて終わらせるのが一番良い気もするので、こっから先は無駄話って..
Subterranean サブタレイニアン| 2007/06/17 19:53
画面から感じるエネルギーのポテンシャルがすごいです。 原作はフランク・ミラーのグ
はらやんの映画徒然草| 2007/06/17 18:41
「300」★★★☆ ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ主演 ザック・スナイダー監督、2007年 実はこの映画、3月にタイの ハートヤイというマレーシアとの国境の街で見た。 その時は、なんとタイ語の吹き替え もちろん何を言ってるのかは分からず、 ただ観...
soramove| 2007/06/17 11:21
300 スリーハンドレッド 300 2006年  ザック・スナイダー 監督・脚本  フランク・ミラー 原作・制作総指揮  リン・バーリー 原作ジェラルド・バトラー レナ・ヘディー デイビッド・ウェナム ドミニク・ウェスト ビンセント・リーガン マイケル・ファ....
猫姫じゃ| 2007/06/17 02:55
300人VS1,000,000人、真っ向勝負!
ひるめし。| 2007/06/16 13:47
原題:300 スパルタといえばスパルタ教育、もしくはスパルタンX、いずれも懐かしくさえある響きなのだが・・この物語は、まるで劇画のように激しく熱いスパルタ戦士・・・ 古代ギリシアは紀元前480年のこと、遂に、千の国の征服者たるペルシャ帝国の覇権の波がスパルタにも
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~| 2007/06/16 13:35
戦えない子供は谷底へ突き落とされ、 男たちはとてつもない国を育てた。 スパルタだ・・・ そこに侵略軍が現れた 人類史上── 最強の300人 VS侵略軍100万人 史上最大のとてつもない真っ向勝負が幕を開ける。 300人VS1,000,000人、真っ向勝負! ...
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2007/06/15 01:03
300 スリーハンドレッド’06:米 ◆監督・脚本:ザック・スナイダー「ドーン・オブ・ザ・デッド」◆出演:ジェラルド・バトラー 、 レナ・ヘディー 、 デイビッド・ウェナム 、 ドミニク・ウェスト、 ビンセント・リーガン ◆STOR...
C'est Joli| 2007/06/15 00:31
伝説の追体験。 脳裏に刻み込まれました。
Akira's VOICE| 2007/06/14 15:47
100万のペルシャ軍を迎え撃つ、スパルタの300人の裸の男たち。
悠雅的生活| 2007/06/10 19:51
 This is Sparta!!!!
黄昏ミニヨン想録堂| 2007/06/10 07:06
2007年40本目の劇場鑑賞です。先行レイトショーで観ました。「ドーン・オブ・ザ・デッド」ザック・スナイダー監督作品。無謀なる壮絶な戦いに生身の屈強な男たちが立ち向かう迫力の歴史スペクタクル。100万のペルシア大軍をわずか300人のスパルタ軍が迎え撃つという伝説的...
しょうちゃんの映画ブログ| 2007/06/03 22:56
映画「300 <スリーハンドレッド>」に関するトラックバックを募集しています。
映画専用トラックバックセンター| 2007/06/03 22:54

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] プレステージ | HOME | [Review] パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド>>
忍者ブログ[PR]