忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/23 20:45 |
[Review] ブロークン・フラワーズ
ブロークン・フラワーズ何となく自分自身と重なるような気が。もちろん女たらしの部分じゃなくてっ

自由気ままで、無味乾燥な今を生きていると、時折『過去』が恋しくなる時が来る。漠然として見えない未来より、華やいでいた過去に眼を向けがちになってしまう。
でも。いざ過去を追い求めて旅立っても、時々思う。「何やってんだろ、オレ」。
昔取った杵柄とか、栄光とか、幸せとか、そんなものが戻るはずがないのに、何か『無駄に』ともいえるくらいに過去を追い求めたのは何故だろう? その後で必ずといっていいほど後悔の念が募るのに、それでも飽きずに追い求めるのは何故だろう?

『後悔』が募る理由は、自分が過去にすがったままでいること。そして、周囲に『過去』を求めているのに、周囲は皆変わってしまって、『現在』を謳歌していること。「自分だけが変わっていない」という気持ちが、どんどん自分を劣等感に追いやってしまうところに、この映画の主人公と自分とをタブらせて観ていました。


しかも、「過去のままの自分」「変化を拒んだ自分」像というのを、『動かない』ことで表現したビル・マーレイは、ある意味すごいと思いました。実際、この映画はほとんどのところで『動き』がなく、一部の観客にはものすごい退屈に思えたりもします。
尚且つ、終わり方があっけなく、「えっ! これで終わり!? 何か解決したの?」と思ってしまうようなラスト。もうこの映画は、観る人の感性や考えにほぼ100%委ねた形の映画だと思うのです。

だから、この映画を観た序盤では、本当にヤキモキしました。彼はいつになったら行動を起こすのだろう? いつになったら、主人公らしい振る舞いをするのだろう?
『主人公らしい振る舞い』という言い方も変ですけれど、でも、多分、この映画にっての主人公の振る舞いこそが、『動かないこと』なのでしょうね。そして、『動かないこと』が、『未来』のために『現在』を大切にする、という伏線につながる。

読み解いていくと、何とも浅いようでいて奥の深い映画だったりします。


未来に向かって生きよう! なんてスローガンを掲げたところで、所詮人は人。過去を追い求めたい時の一度や二度くらいはあるものです。
そういう人にこそ、観ていただければと思います。本当に自分の追い求めた先に、一体『何』があるのか。きっとその場で答えは見つけられなくても、どこかに答えはあると思いますよ。

拍手

PR

2006/05/11 22:13 | Comments(0) | TrackBack(3) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
 『人生は思いがけない驚きを運んでくる』  コチラの「ブロークン・フラワーズ」も「戦場のアリア」同様、4/29に公開になったばっかりなんですが、公開を楽しみにしていたので早速観て来ました〜♪  テーマ・ソングのThe Greenhornesの「There Is An End」が流れる予....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/12/19 21:22
ジム・ジャームッシュの作品て 実はあまり観ていない気が。 予告編が面白そうだったのでDVDで観てみることに。 カンヌ国際映画祭でグランプリを取っているというのが ちょっと気がかり。 カンヌと相性悪いのよね。。。( ^ _ ^; 恋人に愛想を尽かされ去られてしまったドン
映画、言いたい放題!| 2007/10/18 16:58
4.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) えっと、これは・・・ 一体何が言いたかったんでしょうか。 ジム・ジャームッシュ監督作品でカンヌ映画祭グランプリという事なので、 ちょっぴり・・・てか、結構不安を抱えながら観ました。 まぁ、予想的中でワタクシ的には見事に面白味のない映画でした。 正直、ワタクシには主人公の気持ちが全然分からなかったです。 一体何が目的なのか・・・ 価値観の違いなんでしょうけどね、彼を行動させる源がワタクシにはよく 分からないんですよ。 淡々と進む映画...
ぶっちゃけ…独り言?| 2006/11/05 05:39

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] ナイロビの蜂 | HOME | [Review] 戦場のアリア>>
忍者ブログ[PR]