忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/18 15:53 |
[Review] ブラック・ダリア
ブラック・ダリアエリザベス・ショート。享年22歳。

1947年1月15日、ロサンゼルス郊外において惨殺死体で発見。両頬が口から耳にかけて引き裂かれ、身体中のいたるところに暴行を加えられた無数の傷跡。白い肌が更に冴え渡るように血が抜かれ、そして、腰の部分で真っ二つに切断されていた。
最も鮮明に記憶に焼き付けられる、最も惨たらしい死体。ハリウッド女優を夢見、漆黒の髪に彼女が好んだ黒い服装から、『ブラック・ダリア』と呼ばれた彼女に襲い掛かった殺人事件。未だ、解決はされていない     



犯罪小説家、ジェイムズ・エルロイが、実際に事件を元に独自の着想を取り入れて書いた小説の映画。僅かに残った痕跡を頼りに、光の無い闇の中を手探りで這いずるように事件の真相を解明していくミステリー。それと同時に、人間が内面に持つどす黒い魔性を引きずり出したフィルム・ノワール。

人を狂気に陥れる毒に満ちた甘い香りを漂わせる物語は、一部のコアなファンにとっては魅力的な映画なんでしょうけれど、如何せん複雑すぎてややこしい


そもそも、ジェイムズ・エルロイの小説がそうなのかもしれませんが(未読なもので…)、タイトルである『ブラック・ダリア』事件が主軸になっていないんです。勿論、この事件が引き金になって、主人公やそれを取り巻く周囲で起こった事象の『裏の顔』を垣間見る事が出来るのですが、色々なところに場面が移る、のではなく、文字通り『飛び火』して、収集がつかなくなってしまっているのです。

勿論、実際の『ブラック・ダリア事件』では、(殆どの意味で解決していますけれど)実際のところは未解決。この映画はきちんと解決します。が、ラストシーンで様々なところに散りばめられた複線が一気に収束するものの、「い、いつの間に!?」という感じが。
それもそのはず。この映画のミステリーを解くためには、映画に登場する場面や台詞だけでなく、登場人物の『表情』をも注意深く見ていかなくてはならないから。細かすぎて追っていけない部分があります。
あらゆるところに散りばめられた複線が、一気に一つに収束される様は、『マイノリティ・リポート』に似たようなところですが、この映画は軸が複数あるので、どれに焦点を当てたらいいのか分からなくなってしまうと思うのです。パンフレットの解説文を見ながら、思い返してみてようやく理解できた、というような……

でも、多分この映画は、それが前提なんでしょうね。
ただ単に一回観たっきりでは分からない。一度観て、ざっくりでも事件の概要を把握した上で二回目、三回目を観れば、この映画のミステリーの真の深みを味わう事が出来るのでしょう。


R-15指定の映画でしたけれど、性交のシーンや惨たらしい死体のシーンは思ったより抑えられていたので、個人的にはちょっぴりガッカリ(←何を期待してるオイ)。
なので、単純に映像としての美しさや、フィルム・ノワールの耽美と狂気が満ち溢れた世界観を堪能するだけでもいいでしょう。

拍手

PR

2006/10/15 22:39 | Comments(1) | TrackBack(13) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
この映画あまり評判がよくないですね。( ^ _ ^; でもスカーレット・ヨハンソンとヒラリー・スワンク、 興味ありますね。 かつてはプロボクサーとして鳴らした、警官のバッキーとリー。 LA市警のPR試合で一戦を交えた2人は、急速に接近、 特捜課でコンビを組み始める。
映画、言いたい放題!| 2008/11/11 20:40
サスペンスかと思いきや、ラブストーリー? 事件そのものよりも、それを追う警察官の2人と、 彼らを取り巻く人々の関係が、複雑すぎる。 猟奇的な事件に魅せられた男と、 殺された女に瓜二つの女性に惹かれる男が、 はからずも悲劇の運命に巻き込まれる。 アメリカ中を震撼させた凄惨な殺人事件を元にした、 ジェームズ・エルロイの小説の映画化。 この事件の真相は未だ分かってないからこそ
*モナミ*| 2008/01/27 16:21
 『世界一有名な死体、世界一忌まわしい謎。』  コチラの「ブラック・ダリア」は、ハリウッドの伝説的迷宮入り事件に着想を得て書かれた「L.A.コンフィデンシャル」の原作者ジェームズ・エルロイの同名ベストセラー小説を映画化したR-15指定のクライム・ミステリーです....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/01/18 20:21
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク 評価:70点 公式サイト (ネタバレあります) 映画が始まり数十分。 登場人物たちの関係がよくわからず、また、ブラックダリ....
デコ親父はいつも減量中| 2007/07/17 00:12
先日、子どもを寝かしつけ、「さぁ~、ビデオでも観るかぁ~」と、ウキウキとしながら「CSI NY」が録画されているはずのVHSを再生し始めと・・・金髪のマダムが美術館をウロウロする画像が流れ始める。 ?なんだこれは?・・・ 「え~っと・・・これは~アンジー・デ..
CURIOUS MAMA の レビュー&エッセイ| 2007/06/12 15:29
原題:The Black Dahlia 1940年代後半、日本では戦後色も色濃い頃、へそのところで切断され、口は耳まで裂かれ内臓はないぞの全裸女性死体、実在事件に着想の小説映画化 元ボクサーの二人の刑事、チャリティーで催すボクシングの試合のシーンもそこそこに、ミステリ
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~| 2006/11/12 13:47
1947年、ロサンゼルス市内の空き地で、腰から切断された若い女の死体が発見された。被害者は女優志望の女。世界一有名な死体になった彼女を、人はこう呼んだ     ■監督 ブライアン・デ・パルマ■原作 ジェイムズ・エルロイ(「ブラック・ダリア」文春文庫刊)■キャスト ジョシュ・ハートネット、ヒラリー・スワンク、スカーレット・ヨハンソン、アーロン・エッカート□オフィシャルサイト  『ブラック・ダリア』 1940年代のロサンゼルス。ダウンタウンの空き地で、身体を真っ二つに切断された女の惨...
京の昼寝~♪| 2006/11/01 21:23
先日、本作の原作であるエルロイの同名小説 を読みました。 全体としては、導入部分と謎解き部分のバランスが悪く、バタバタとしたラストになってしまい、観終わって納得いかない感じが残りました。 事件そのものよりも、事件を取り巻く人間関係、特に男女関係が前面に
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~| 2006/11/01 00:13
センセーショナルな猟奇殺人事件をめぐる物語 「ブラックダリア」 舞台は1940年代のロサンゼルス。 ダウンタウンの空き地で、 身体を真っ二つに切断された 女の惨殺死体がみつかった。 大都会の暗闇に葬られたその女を、 人々は、ブラック・ダリアと呼んだ。 やがて捜査線上に浮かび上がる 一編のポルノ・フィルムの存在。 ダリアと瓜二つの大富豪の娘、 そして、彼女の一族にまつわるドス黒い秘密。 ロサンゼルスの闇の中で妖しくうごめく事件の謎は、 果たして解決できるのか? (未だ不明なので憶測か?) 知らず知らず...
bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ| 2006/10/29 09:36
あなたには“世界一有名な死体の、世界一忌まわしい謎”のすべてを知る勇気があるか──?
映画・DVD blog| 2006/10/25 12:07
世界一有名な死体、世界一忌まわしい謎。 お薦め度:.★★☆.  製作者サイドはこのような犯罪映画を見に行く人が何を期待しているのかを余り理解していなかったようです。もしくは私が「ブラックダリア」事件に対して
PICO*THEATRE | 2006/10/24 23:49
タイトルに何がしか引っかかるところがあり、というか、どこかで聞いたような…、これなんだっけといった程度の興味はあったのですが、きっと見ないだろうと思っていた「ブラック・ダリア」、某新聞の映画評と某TV番組の某タレントのコメントで興味を持ち、足を運ぶことになりました。(某某じゃ一向に分かんない…)ということで、見ての感想をたとえていうなら、そこそこ名の通ったレストランで食事をし、オードブル、なかなか凝ってたね、魚料理、まあまあ美味かったけどワインの選択を間違えたかな、肉料理、ソースにパンチがなかったね、デザ...
あいち国際女性映画祭ANNEX-cinemado's BLOG| 2006/10/24 18:30
第二次世界大戦後まもない1947年ロサンゼルス。 市内の空き地で腰から2つに切断された若い女性の 惨殺死体が発見される。 その女性エリザベス・ショートはブラック・ダリアと呼ばれた・・・。
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常| 2006/10/16 20:35

コメント

改めて伺いました<(_ _*)X(*_ _)>
確かにリーフレットには「若きふたりの刑事の云々」と書かれているのですが、
じゃあタイトルは?という映画でした(苦笑)。

>軸が複数あるので、どれに焦点を当てたらいいのか分からなくなってしまう
おっしゃるとおりだと思います。
単なる推理ものではなく人間に焦点を当てていたんですね。
実際のところ「ブラック・ダリア事件」よりもバッキー絡みの方が私は面白かったです。
これから原作本を読むので、読後はまた見方が違ってくるのかもしれませんが・・・。
posted by sannkenekoURLat 2006/10/17 20:15 [ コメントを修正する ]
Re:コメントありがとうございました
ご来訪・コメント有難うございます。

改めてストーリーを思い返して、散りばめられた無数の手がかりを辿ってみると、確かにミステリーとして組み立てられます。が、それに気づくためにはよほどの注意力が必要な気が(笑)。それこそ、『映画』という『エンターテインメント』を一歩脇に置いて考えるくらいに。
そういう意味では、sannkenekoさんの仰る『人間の関係』を焦点に観れば、それはそれでまた別の作品に映えるのかもしれませんね。

後付けで考えれば、何気に深みのある作品ですね…
初見ではきっと分かりづらいです。 orz
2006/10/17 22:40

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] カポーティ | HOME | [Review] もしも昨日が選べたら>>
忍者ブログ[PR]