忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/18 10:13 |
[Review] フィクサー
フィクサーfixer

-【名】(C)
1.取り付ける人[もの]
2.《口語》(買収などで事件をもみ消したり裏取引をする)フィクサー、仲介者; 調停者
3.定着剤; 色染め染料



法廷闘争は、被告と原告の戦い。さらには、検察側と弁護側の戦い。
どちらが多くの証拠を揃え、相手の弁論に対しどれだけ備えるか。どちらが上を行き、その論争を制するかの戦いは、時として正論だけで全てが賄えるわけではない。論点を巧みにすり替えたり、都合のいいように尋問を図ったり。そして、こちらの不利となる証拠を抹消したり。
正義を振りかざすだけでは勝てない。そんな時、人は倫理観から大きく逸脱するような行動を取る。どれだけ闘争相手を騙し、欺き、自分の有利な方へと誘うか。被告と原告の戦いは、何も法廷内だけではない。法廷の外でも、確実に相手を仕留め、あるいは自分達が有利になるような動きが、水面下で行われている     

という作品を想像していたのですけれど、実際にはかなり違っていました。
今作の原題は『MICHAEL CLAYTON』。今作の主人公の名前。つまり近作は、巨額の薬害訴訟を目の前にして、弁護側として立つ主人公が、どう考え、どう動くかを追った物語。「如何にしてその巧みな話術と行動力で、不利となる証拠や議題を抹消するか」が目的ではないのです。
もみ消し屋として暗躍する役は、主演のジョージ・クルーニーだけかと思っていましたが、いやはや、もみ消しにかかるのは、被告側に立つほとんどの人間側だったんですね。ティルダ・スウイントン演じる、被告側の会社の法務部本部長、被告側が委託した弁護士事務所、そして、不利な証拠は人すらも抹消する暗殺集団……。


そんな中でも注目なのが、主演のジョージ・クルーニーと、アカデミー賞助演女優賞に輝いたティルダ・スゥイントン。どちらも、倫理に反した『もみ消し』という行為に走りながらも、完全なる悪役に徹し切れていない、人間らしいジレンマを醸し出しています。
ジョージ・クルーニーは、これまで数多く『もみ消し』としての実績を重ねていたが、本業は弁護士であるにもかかわらず、ずっと裏稼業に手を汚し続けて嫌気を指している。一方のティルダ・スウイントンは、不利な証拠はどんな手を使ってでも抹消する非常さを持ちながらも、演説などいざという時は鏡に向かって自分だけのリハーサルを行うなど、アドリブが利かない完璧主義者。一切の綻びを許さないから、予想外な出来事が発生すると、パニックに陥ってしまうタイプ。本人は努めてそう悟られないようにしていますけれど。

心理戦の応酬や、如何にして真実に近づくか、というのも勿論ですが、悪に徹しきれない普通の人間が、悪の手に染まった時、どのような行動に取るのか、というヒューマン・ドラマ的な側面を持つ作品です。
ですので、あまり過度な期待はせぬ方がいいかもしれません。ラストの、正にどんでん返しは見ものですが、それまでは中弛みに映ってしまうかもしれません。

拍手

PR

2008/04/13 01:40 | Comments(0) | TrackBack(22) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
【フィクサー】弁護士事務所に所属する“もみ消しのプロ”。
Addict allcinema おすすめ映画レビュー| 2009/10/16 17:58
あらすじNYの大手弁護士事務所に勤めるマイケル・クレイトンの専門は不始末をもみ消すこと。大規模集団訴訟を担当中の同僚弁護士アーサー・イーデンスが依頼人の農薬会社U・ノース社を裏切る行動に出る。マイケルは事態の収拾に乗り出すが・・・。感想真実から逃げちゃ...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/04/13 07:34
【フィクサー】……弁護士事務所に所属する“もみ消しのプロ”。
Addict allcinema 映画レビュー| 2009/03/10 00:17
「ひらりんアカデミー賞」の発表もしなくちゃいけないし・・・ 本家アカデミー賞の発表も近いので、 昨年の受賞作をもう1本観ておく事に。 オスカーは作品賞を含め7部門にノミネートされ、 ティルダ・スウィントンが助演女優賞を獲得してるのね。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★| 2009/02/21 02:49
{/kaeru_fine/} 先程お仕事から帰ってきたピロEKです。 …今日職場は人が居ないから寒かったですわ{/face_hekomu/} 年末年始に出勤すると会社から寸志が出る{/ee_3/}と聞いて楽しみにしている{/up/}私ですが…{/face_nika/} 一説にはその金額って500円ってな話も…{/face_ase1/} だとすればチョイ残念なお話だなぁ…{/face_hekomu/}{/down/} 帰省している友人やら同僚やらとのお付き合いもお断りしての出勤{/face_z/...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2009/01/04 11:46
42.フィクサー■原題:MichaelClayton■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:120分■字幕:林完治■鑑賞日:4月27日、武蔵野館(新宿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:トニー・ギルロイ□製作:シドニー・ポラック、ジェニファー・フ...
KINTYRE’SDIARY| 2008/06/08 20:38
 拙ブログ、1000記事突破記念、「音楽ベスト10」募集中!あなたが考える音楽史
eclipse的な独り言 | 2008/05/18 14:23
  ソダーバーグ×クルーニー×ギルロイ   ジョージ・クルーニーといえば、スティーブン・ソダーバーグですね。今回も二人はタッグを組みました。監督はトニー・ギルロイ、「ボーン・アイデンティーシリーズ」の脚本家さんだそうです。  4月28日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。   そういえば、「さらばベルリン」は今ひとつでしたね。今回の作品はいかがでしょうか?かなり複雑な人物絡みで、最初はわけが分からず。もう少し映画を観る前に、予習が必要でした   冒頭のシーンはこんな感じで...
銅版画制作の日々| 2008/05/04 11:18
だ〜い好きなジョージ・クルーニー様の作品ですからね…いち早く観たかったのですが…ということで、行ってまいりました…。そしてまたまた原題VS邦題対決?
My Favorite Things| 2008/05/04 08:33
人気ブログランキングの順位は? 【フィクサー】・・・弁護士事務所に所属する“もみ消しのプロ”。 男は、完璧に罪を消せるはずだった・・・。 マイケル・クレイトン── 罪を消したければ、彼に頼め。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/04/27 18:06
□作品オフィシャルサイト 「フィクサー」□監督・脚本 トニー・ギルロイ □キャスト ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マイケル・オキーフ、ケン・ハワード■鑑賞日 4月19日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> この作品お脚本を担当するのが、昨年公開された『ボーン・アルティメイタム』をはじめ、このボーンシリーズ三部作の脚本を手掛けたトニー・ギルロイ。 本作でいよいよ監督デビューとなった。 素晴らし...
京の昼寝〜♪| 2008/04/23 12:23
【フィクサー】2008年4月12日(土)公開 監督 : トニー・ギルロイ ...
MoonDreamWorks★Fc2| 2008/04/17 18:03
大手企業の集団訴訟をめぐる陰謀劇を描いた作品です。
水曜日のシネマ日記| 2008/04/16 11:04
「フィクサー」★★★☆ ジョージ・クルーニー主演 トニー・ギルロイ 監督、2007年、アメリカ、119分 映画を見終えてちょっと考える、 この映画はアカデミー賞主要7部門 (作品賞/監督賞/主演男優賞/助演男優賞/ 助演女優賞/脚本賞/作曲賞)に ノミネートさ...
soramove| 2008/04/16 07:46
カレンダーに三日も空きが出来てしまった。。 でも、頑張るのさ。。 ≪フィクサー≫★★★★ 監督・脚本:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン <b>ジェイソン・ボーン3部作の脚本家トニー・ギルロイが初メガホン</b>をとった作品。 ジェイソン・ボーンシリーズでもスリリングなサスペンスを見せてくれましたが、今回もなかなかいい感じです。うーん、≪ボーン・スプレマシー≫と≪ボーン・アルティメ...
キネマ徒然草| 2008/04/16 00:50
フィクサー’07:米 ◆原題:MICHAEL CLAYTON ◆監督・脚本: トニー・ギルロイ「ボーン・アイデンティティー」シリーズ(脚本) 「ディアボロス/悪魔の扉」(脚本) ◆出演:ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マイケ...
C'est Joli| 2008/04/16 00:06
 びっくり!!{/hiyob_hat/} 昨日のgooのブログランキング、gooブログ997325中、ちょうど1000位だった!! 1000位以内だけランキングに表示されるんやけど、1000位ぴったりってのは初体験で笑える。 なんかいいことありそうだ♪  昨日は仕事終わってから「フィクサー」を見てきた。 最近やけにジョージクルーニーが好きで、この映画を楽しみにしていた。 だからこないだ予習のためにちゃんと「オーシャンズ13」も見ておいた。(って予習にはなっていない)  NYの大手弁護士事務所に勤める...
労組書記長社労士のブログ| 2008/04/14 12:13
第80回アカデミー賞作品賞他7部門ノミネート、助演女優賞受賞作品―【story】大手法律事務所のフィクサーとして活躍するマイケル(ジョージ・クルーニー)。在職15年にして共同経営者への昇進もない彼が焦りと不安を感じる中、大企業の集団訴訟にかかわっていた同僚の弁護士アーサー(トム・ウィルキンソン)が精神に異常をきたす事態が発生。マイケルはその後始末をするため、アーサーの下へ向かうが―     監督 : トニー・ギルロイ【comment】オーソドックスな映画だったなぁ〜面白くないこともないけれど、取り立てて何...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2008/04/14 10:13
「ジェイソン・ボーン」シリーズのクールさ、再来!
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!| 2008/04/14 08:31
『フィクサー』を観ました弁護士事務所に所属し、裏で暗躍するもみ消し屋“フィクサー”の苦悩と焦燥を描きながら、ある大企業の集団訴訟をめぐる陰謀劇に迫る社会派サスペンスです>>『フィクサー』関連原題:MICHAELCLAYTONジャンル:スリラー/サスペンス上映時間:120...
おきらく楽天 映画生活| 2008/04/13 22:37
弁護士事務所の”もみ消し屋”マイケル・クライトン。永年所属する事務所がかかわる農薬会社の薬害集団訴訟。製薬会社側有利の条件で和解しようとしたとき、その全てを覆す暴露が行われようとしていた。もみ消し屋のマイケルにもみ消し依頼が来るが、それにより彼自身も大きな陰謀の渦に巻き込まれていった・・・。 ジョージ・クルーニー製作総指揮の作品。ジョージ・クルーニーは、このところ、出演&製作総指揮というのが多いですね。これもその一つです。ジョージ・クルーニーが製作に関わる作品は社会派の作品が多いんですが、これも社会派・...
勝手に映画評| 2008/04/13 21:34
 『マイケル・クレイトン―― 罪を消したければ、彼に頼め。』  コチラの「フィクサー」は、本日4/12に公開された弁護士事務所の裏で暗躍するもみ消し屋<フィクサー>を描いたサスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  2007年アカデミー賞で、ティルダ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/04/13 19:39

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[東京] 文豪も愛した華やぐ社 | HOME | [Review] クローバーフィールド/HAKAISHA>>
忍者ブログ[PR]