忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/28 14:23 |
[Review] ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー・ポッターと謎のプリンス『ハリー・ポッター』全7章を、起承転結に表すのであれば、この6作目は正に『結』の部分の始まり。
様々な人との出会い、そして別れ。たとえ強力な魔力と宿命を宿すとはいえ、彼はまだ成人していない少年。その魔力と宿命を背負うには重すぎる。しかし、それであるが故に、彼の周囲は、彼が逃げたり背いたりすることを許さない。懸命に、彼が背負わなければならない『魔力』と『宿命』から守ろうとしたけれど、次々と襲いかかる魔の手と、大切な存在を次々と失い続けるこの状況であれば、もはや彼自身も、逃げるわけには、背を向けるわけにはいかない。
戦わなければ。
これまで、数多くの人が、彼のために命を賭けて戦い、そして死んでいったのだから。
ヴォルデモートは、遂に、その姿を衆目の面前に曝したのだから。

この、凶悪で、滅ぼそうとも蘇ろうとする、完璧ともいえる魔王を倒すための、唯一の手掛かり。
ホークラックス。
これまでにも幾つかのホークラックスを破壊したが、それでも、この魔王の完璧さを揺るがすには程遠い。
禁断の術『ホークラックス』は、一体いくつあり、どこにあるのか? 誰が所持しているのか? 見つけても、破壊する術はあるのか?
けれど、今はそれしかない。こうしている間にも、魔王とそれに追従する者たちの魔の手は、魔法の世界にも、普通の人々の世界にも席巻しているのだから     


なーんて、まじめに書いてみましたが。

半ばギャグ映画になっていました。

それもそのはず。登場人物の大半が、異性を気にするお年頃。これまで気にもしなかった人でさえ、遠かれ近かれ、見るとドキドキする、声を聞くとドキドキする、その人の夢を見ると、朝、パンツに白いたんぱく質のシ(以下自粛)。
ある意味、主要人物(とりわけお騒がせトリオ)の、大人になっていく心の動きが明瞭に出ている作品になっていると思います。しかし、相変わらず濃い内容を約2時間半にまとめたわけですから、スタッフの皆様方の心意気たるや、お察しいたします。


とはいえ、やはりこの作品が、いわゆるクライマックスの幕開け。強力な魔力を持つ者たちによる、それぞれの運命を背負った戦い。
誰もが逃げ出したくなるような宿命であっても、それでも時間は、邪悪なる存在は待ってくれはしない。最終章、それぞれがどのような想いと決意を胸に、宿命に立ち向かっていくのかが見ものです。

拍手

PR

2009/07/25 17:27 | Comments(0) | TrackBack(3) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE 2009年:アメリカ 原作:J・K・ローリング 監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ジム・ブロードベント、ヘレナ・ボナム・カーター、ロビー・コルトレーン、ワーウィ....
mama| 2010/10/30 23:50
監督、デヴィッド=イェーツ。脚本、スティーヴ=クローヴス。原作、J=K=ローリン
erabu| 2010/07/28 03:16
 『クライマックスは、ここから始まる!』  コチラの「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は、ご存じ「ハリポタ」シリーズの第6弾となる最新作で、7/15に日米同時公開となったアドベンチャー・ファンタジーなのですが、IMAX・3D版で観て来ちゃいましたぁ〜♪「トランスフォ...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2010/07/25 23:44

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[富士山] 天の頂きに登って | HOME | [Review] 劔岳 点の記>>
忍者ブログ[PR]