忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/26 15:48 |
[Review] ドリームガールズ
ドリームガールズ舞台の頂点にのし上がりたい、歌手。
多くのヒットを世に送り出したい、経営者。
自分の理念と魂を表現したい、アーティスト。

何もかもが違う人間が、同じ舞台に立つ。同じ舞台の上で、違う線が交じり合う。交じり合って出来上がるものが何なのか、それがどこへ向かうのか、きっと誰も知らない。
それが、彼らの望みが絶望へと変わり、打ちひしがれるものかもしれない。でも、彼らは止まることが出来ない。止まってしまったら、彼らの望み『そのもの』が潰えてしまうから。


ショー・ビジネスの、表舞台と裏舞台の悲喜交々。煌びやかに輝き、歌い、踊り、世界を華やかに彩る彼女達も、その裏では数々の陰謀や確執のマリオネットと化していた。彼女達が表舞台に出るたびに、一曲一曲歌うたびに、有名になっていくたびに、少しずつずれていく夢への道筋。
気づいたときには、もう、自分が見えていた、見ようとしていたものが、見えなくなっていた。

   「どうしてこんなことになってしまったのか?」

そう思った彼らは、やがて気づく。その答えは、『自分自身』の中にあるということを。
もう戻れない。やり直すことさえままならない。ましてや、失ったものを取り戻すことなど。
ならば、これからの道を突き進むしかない。どんな困難が待ち受けていようとも、何回挫折に見舞われようとも。己の力で、己が最も信じる道を。


歌、踊り、パフォーマンス、そして生き方。
スクリーンに映し出される彼らの生き様は、正にパワフルそのもの。
そして時折魅せる繊細さと、人間が人間であるが故の愚かなかけあい。光と影、表と裏に翻弄される彼らは、正に現代にも通じる何かを見せられているようで、最後まで引き付けられる作品でした。
でも、何より作品から溢れるばかりのパワー! これには、圧倒される方も大勢いらっしゃったのではないのでしょうか。

人間は決して一人では生きていくことは出来ず、一方で、複数の人間で生きていくからこそ、必ずそこに軋轢が生じ、時として個々の関係に亀裂を生じさせることがあります。
一旦壊れてしまったものを、元に戻すことは、そうそう容易なことではありません。だからこそ、それをどのように乗り越えていくか、そこに、人間が持つ本当の『強さ』が表れるのではないのでしょうか。

拍手

PR

2007/02/24 22:06 | Comments(1) | TrackBack(16) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
以前にも書きましたが、私はミュージカル映画が苦手です。 でもこの「ドリームガールズ」はとても素晴らしかった! 歌がストーリーにうま...
映画感想| 2009/06/26 22:53
ドリームガールズは先月にWOWOWでし先週の木曜に鑑賞したけど スター目指すグループの人間模様に歌が合わさって良い感じだったね キャストもアカデミー受賞してるし設定が少し時代が古いのが良く感じたし スウィーニードットは復讐だから反対とは言わないが歌で展開は同
別館ヒガシ日記| 2008/04/06 21:17
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション ¥2,925 Amazon.co.jp (DVDレンタル@2007/11/09) 原題 DREAMGIRLS 製作年度?2006年 製作国 アメリカ 上映時間?130分 監督 ビル・コンドン 出演 ジェイミー・フォックス(カーティス・テイラーJr
ミーガと映画と… -Have a good movie-| 2007/11/13 17:11
 『夢は永遠に生き続ける』  コチラの「ドリームガールズ」は、2/17公開になったダイアナ・ロスとシュプリームスの実話を元にした大ヒットミュージカルの映画化で、既にご覧になられた方も多いようですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  アカデミー賞最多ノミネート(6部...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/10/17 23:55
才能もあり 情熱もある でもそれだけでは── 夢はつかめない 輝くために 失う何かがある しかし夢だけは── 永遠に生き続ける
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2007/03/25 22:17
夢とは独善的なものだと思います。 夢を叶えるためには当然のことながらそもそも叶え
はらやんの映画徒然草| 2007/03/24 19:04
魑魅魍魎うごめくショービジネス界。この映画の中では、誰もが自分の欲望に忠実に生きてました。家に52型のテレビがあって、大音量で見ても苦情のでることのない大邸宅に住んでるとかじゃなければ、絶対に映画館で見たほうがいいです。極上のエンターテイメント作品。映...
読書とジャンプ| 2007/03/16 07:32
夢歌う 少女の明日は おおきな木   やっぱり買ってしまった、映画「ドリームガールズ」のサントラを。で、いつもの如くヘッドフォンでこそこそ聴くのでなく、スピーカー通して大音量で聴いてたものだから、「もう少しボリューム下げて」なんて言われちゃった。あはは。
空想俳人日記| 2007/03/13 09:32
先週のアカデミー賞で『バベル』の菊池凛子さんと助演女優賞を争って獲得したジェニファー・ハドソンが話題を集めて今話題の『ドリームガールズ』を六本木ヒルズで観てきました。 この『ドリームガールズ』、ミュージカル映画ということで全般にわたり登場人物の心境や状....
ツインターボ新米社長日記| 2007/03/12 18:17
「ドリームガールズ」見てきました。 1962年デトロイト。エフィー、ローレル、ディーナのコーラストリオは、歌で成功しよ
○o。1日いっぽん映画三昧。o ○| 2007/03/08 16:23
試写会で観ました。 何を隠そう、私はミュージカル好き。 楽しみ! シカゴに住むエフィー、ディーナ、ローレルの仲の良し3人組は 「ドリーメッツ」という名のボーカルトリオを結成。 エフィーの兄のCCが作った曲を引っさげて NYのアポロシアターで開かれるコンテストに
映画、言いたい放題!| 2007/03/08 13:39
『ドリームガールズ』を観た。 傑作ミュージカルの映画化。 盛り上がったんだけど…   『シカゴ』が“女優”ありきだとしたら、今回は“歌”ありき。 ビヨンセやジェニファー・ハドソンの歌唱力ほもちろん、ジェイミー・フォックスを筆頭とするドリームボーイズ...
ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル| 2007/03/07 12:02
 SOU子ちゃんがTOHOシネマの試写会が当たったということで、二人で行って参りました『Dream Girls』です。公開は今月17日から。  公式サイト  今年の初映画になりました。…今年はMovie Yearになるでしょうか?...
ほえほえ―お道楽さま的日常雑感―| 2007/03/04 00:35
魂を 抜けと言うのか ソウルから   まずは一言言っておきましょう。正直、期待はしてなかったのに、いたく感動してしまいました。ストーリーはいたくシンプルです。でも、もしアメリカ映画の真髄がエンターテイメントだとすれば、これこそ真のエンターテイメントではない
空想俳人日記| 2007/03/03 16:15
『シカゴ』の成功でミュージカル映画が増えております。ABBAの『マンマ・ミーア』や『スウィーニー・トッド』はジョニー・デップ主演で映画化されるそうで。この『ドリームガールズ』も往年のミュージカルの映画化だす。 何と言っても大型新人ジェニファー・ハドソンの歌唱力!地の底から獣が吠えるような迫力のパワフルボイス。マネージャーで恋人だったカーティスと別れるシーンは、恨み辛み怨念自責哀愁等々詰まったものすごく濃ーい歌唱。 物語は、彼女の自信過剰が元で「ドリームズ」から爪弾きに遭ってしまうが、裏腹にビヨンセ演ず...
ブログ日和。| 2007/02/26 01:04
   この映画、映画ファンとしてより、音楽ファンとして観てしまった。 シュープリームスとモータウンレーベルからインスパイアされて作られた ブロードウエイミュージカルの映画化。 主人公カーティス・テイラー・Jrは、 1960年代中期以降、それ以前は黒人にしか受け入れられなかった R&Bやソウル音楽を人種を問わず受け入れやすい洗練された音楽に変え さらにそれを歌う黒人歌手にきれいな衣装を着せ、 それまで白人歌手に独占されていたテレビの音楽番組などにも進出させ アメリカの音楽とショービジネスの世界を変えた ...
ON THE ROAD| 2007/02/25 11:36

コメント

相変わらず文章うまいね~
ドリームガールズ、見たくなったので見てきます!
posted by たいちat 2007/03/01 00:34 [ コメントを修正する ]
Re:無題
お褒めに預かり、光栄です。

『ドリーム・ガールズ』は、ショービジネスの裏舞台の確執や陰謀が数多く描かれていますが、色々な要素はあるものの中途半端な感じはなく、また表舞台との煌びやかなシーンの対比として、クッキリ別れているので、とても感情移入しやすい映画だと思います。

是非、楽しんでください。

>相変わらず文章うまいね~
>ドリームガールズ、見たくなったので見てきます!
2007/03/04 19:14

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<遥か遠い最善策 | HOME | 心は狭くとも>>
忍者ブログ[PR]