忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/28 13:24 |
遥か遠い最善策

赤ちゃんポスト


親が養育できない新生児を受け入れるシステム。熊本県の医療法人・聖粒会が運営する慈恵病院が導入を発表したもの。人目につきにくい病院の外壁に縦45センチメートル、横64センチメートルの穴を空けて、開閉できる扉を設け、36℃に温度管理された特製の保育器を置いておく。育てられない親が新生児を入れるとその重さでセンサーが感知し院内にブザーで知らせる。そのブザーとともに助産師らが駆けつけるという仕組み。監視カメラはつけず、「もう一度、赤ちゃんを引き取りたいときには、信頼して、いつでも連絡してください」といった手紙を置いておくという。ドイツ・ハンブルクに先例があり、キリスト教系の社団法人が2000年から設置し、70か所以上に広がっている。同病院では「赤ちゃんポスト」の設置理由について、「望まれない子供」がいることと、若年層の中絶防止を挙げている。

Yahoo! 辞書より抜粋




赤ちゃんポストの設置に伴い、各地で賛否両論の論議が繰り広げられています。
幼児虐待や育児放棄が横行している昨今、幼くして命を落とすくらいなら誰かに助けてもらった方がいいから賛成、とか。
逆に「そこに預ければ誰かが面倒を見てくれる」という考えが芽生え、かえって育児放棄が助長されるから反対、とか。


本当は、赤ちゃんポストは必要ないと思っています。
赤ちゃん一人一人が、本当の親元で育って、両親も、自分の血肉を分けた我が子を育てることができるのであれば。
できないから、『赤ちゃんポスト』という救済措置が必要になってきてしまいます。

それに、赤ちゃんポストは、不運の境遇に陥ってしまった赤ちゃんだけでなく、不運の境遇になりかねない親御さんへの救済措置でもあるはずです。
人間というのは、いや、人間だけではなく知性を持つ動物は、ストレスが溜まると、必ず弱いものにその鬱憤をぶつけます。人間の場合は、赤ちゃんですね。無抵抗で、力も無いから。容易に破壊の対象になる。それで、赤ちゃんの人生でなく自分の人生も全て台無しにしてしまう。
でも、その救済措置ですらも、『今ある選択肢の中での最善策』であって、『本当の意味での最善策』にはなりません。

赤ちゃんポストは必要ない、と思う理由は、もう一つあります。
その子が小学生とか中学生とか、一番多感な時に、ふとしたきっかけで『赤ちゃんポスト』に入れられた子供だ、ということが分かってしまった時。
「捨てられた子」「親に見離された子」として、いじめの対象にされてしまわないかどうか。
『その時』子供を救うことが出来ても、『これから先』もその子を救い続ける存在になれるかどうか。
多かれ少なかれ、人間は誰かを差別し、自分の優位性に浸る動物ですから、『赤ちゃんポスト』に入れられた、という事実が、その子に対する一生の『傷』になってしまう可能性もあります。
勿論、『その時』がなければ『これから先』など無いのですが……。


いずれにせよ、「もう『赤ちゃんポスト』は必要ありませんよ」と言えるような、そんな社会にしていきたいですね。
数多とある山積みの問題が、目の前に聳え立っていますが、それでも、一人でも多くの『親』と『子供』が、幸せな一生を送れるような、そんな社会にしていきたいです。


「諸君、最善を尽くせ」



『硫黄島からの手紙』で、西竹一中佐が最期に述べた言葉。
『最善』とは、一体何なのだろう。こういったニュースを目の当たりにするたびに、そう思います。

拍手

PR

2007/02/28 12:08 | Comments(1) | TrackBack(2) | Diary

トラックバック

トラックバックURL:
 日本でも最近話題の「赤ちゃんポスト」だが、一般的に「赤ちゃんポスト」の先進国と...
あおのり世相をぼやく| 2007/03/22 13:30
■「産む」は出来ても「育てる」が出来なかった人々 asahi.com:「赤ちゃんポスト」設置めぐり国と協議へ 熊本市長?-?暮らしhttp://www.asahi.com/life/update/0221/012.html  乳児が捨てられるなどして命をなくすのを防ぐため熊本市の慈恵病院が計画している「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」をめぐり、設置許可の是非を検討している同市の幸山政史市長は22日、厚生労働省に出向いて法解釈や法整備などについて見解を求める。幸山市長は21日、取材に対し...
ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲碁とほっぺたが大好きな人の日々のつぶやき。〜| 2007/03/05 09:53

コメント

僕も赤ちゃんポストは記事にしようか迷っていました。こいつぁ、難しい問題ですね。(この手の問題で簡単なものはないか・・・。)僕は、赤ちゃんポストについては、賛成とも反対ともいえません。。。考え始めると「赤ちゃんは産みの親が育てるべき」っていう理屈がそもそもホントに正しいのかすらわからなくなってきます。産みの親と育ての親が違うという文化もありますもんね。かといってポストをつくれば単純に子供が救われるとも思いませんし。

ちょっと視点を変えると結局ルールはルールでしかないんですよね?作るか/作らないかの議論よりも、その後ルールをどうドライブするかが鍵ではないかと思います。そこさえしっかり押さえられれば、どんなルールでも良い効果は期待できる。問題なんて絶対に起きるんですから、まずは1歩を踏み出してみるというのも大切かと思います。子供に幸せな環境をという真摯な姿勢があれば、どういう形にしろ成果はあげられるはずですもんね。純粋にその姿勢だけが残り、最終的にルールなんて要らないといえる社会になればよいですね。「最善を尽くせ!」ですね。
posted by D15at 2007/03/01 23:17 [ コメントを修正する ]
Re:最善をつくせ!
コメント有難うございます。

赤ちゃんポストを作ること自体が悪いのではなく、赤ちゃんポストを作らざるを得ない世の中であることが悪い、ということを、まずは認識しなければならないのでしょうね。
そして作るにしても、それで問題解決になるとはとても思えない。赤ちゃんポストは、言わば問題解決するまでの救済措置ですから。その場凌ぎなんていうと言い方が悪いですが。

私達に必要なのは、何が問題か、そしてその問題の本質は何か、を見抜くことでしょうね。単に赤ちゃんポストの良し悪しを議論するのではなく。
それこそが、最善を尽くすための近道ではないかと思います。
2007/03/04 19:20

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] パフューム ある人殺しの物語 | HOME | [Review] ドリームガールズ>>
忍者ブログ[PR]