忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/25 16:45 |
[Review] チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
チャーリー・ウィルソンズ・ウォーテキサス出身の下院議員。熱心な信徒の大富豪。盗聴技術に才長けるCIAエージェント。
共通点は、頭の回転が速く行動力に優れ、問題に対し真っ直ぐに取り組んでいること。そして何より、性格に問題があること。「完璧な人間なんてこの世にはいない」の正に代表格とも言えそうな面々ですが、得てして、世界を変えてしまうような影響力を持つ人達って、こういった人達なのかもしれません。それに何と言っても、議員ならではの影響力やコネクション、富豪ならではの財力、CIAならではの知識や専門技術が揃っているのです。その上で性格に問題があるのですから、逆らいでもしたら最大火力で反撃されそうな気が……(汗)

この物語は、1980年前後、当時の社会主義国家の代表ともいえるソビエト連邦が、アフガニスタンに侵攻するというご時勢の物語。数回の当選くらいで取り立て実績もない下院議員チャーリー・ウィルソンが、大富豪ジョアン・ヘリングの後押しもあり、CIAエージェントのガスト・アブラコトスの助力を得て、アフガニスタンからソ連軍を撤退させようとするもの。当時のアメリカとソ連は、冷戦の真っ只中。お互いが核兵器をちらつかせるような体制で、説得に応じるなんてことはまずあり得ない。それに、ソ連に対抗するために昼夜戦っている兵士達が何よりも欲しがっているのは、食糧よりも資金よりも、ソ連軍を駆逐するための武器。アフガニスタンが自由を勝ち取るためにアメリカが採った作戦は、結局のところ、今も変わっていない血で血を洗う作戦。誰かを救うために、誰かを殺す。当時は正しいと思えても、これから先もずっと正しい選択とは限らない作戦。
結果として、アフガニスタンが自由を手に入れたのは、ほんの束の間。今の光景は、当時と劇的には変わってるとは思えません。テロリストがそこかしこに潜んでいて、昼夜問わずの自爆テロの横行。そのテロリストの犠牲になるのは、いつの時代も、どこの国でも、やっぱり子供や弱者がほとんど。一時凌ぎの、血で血を洗う歪んだ作戦は、本当の意味の幸せはもたらしてくれないという格好の形となってしまったのです。
一見すると『力が正義』という、いかにもアメリカらしい映画のように見えますが、その後の世界情勢の中で生きている僕たちからすれば、その考えがどれだけ世界を更に混沌とさせているかを知っています。そして単にアメリカだけの問題ではない、ということも。いつの時代も、「先々を見据えて作戦を練る、政策を打ち出す」ということがどれほど難しいか、身に染みるくらいに突きつける作品です。

それにしても。富める者とそうでない者の歴然とした差を並べるようにして映し出されると、しみじみ思いますね。「この世に公平なんてありはしない」って。
今正に砲弾で誰かが傷つき、誰かが死んでいる、というときに、優雅に美酒を美女を侍らせて美しい夜景に酔いしれているのですから。いくら紛争解決に問題意識を掲げているとはいえ、「これは富める者の特権だ!」と言わんばかり。実在の人物を基にした物語ですので、一政治家としての説得力は皆無に見えるのですが、今のアメリカを初めとする打算的で刹那的な政策を見る上では、とても説得力があるように見えてしまいます。全てにおいて、皮肉たっぷりの作品ですね。保守派には受け付けなさそう。

拍手

PR

2008/05/17 23:42 | Comments(0) | TrackBack(25) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。
Addict allcinema おすすめ映画レビュー| 2009/10/01 11:19
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を観ました1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話を映画化したコメディディータッチのヒューマンドラマです>>『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』関連原題: CHARLIEWIL...
おきらく楽天 映画生活| 2009/06/22 07:41
{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_snow/} 年末年始は実に調子良く更新していた当ブログですが、一度サボるとダメです{/face_ase2/} 全然更新しなくなってしまいました{/face_ase1/}{/ase/} 更新しない事に特に弊害は無いと思いますが{/face_ase2/} 頂いたコメントへの返事を全く書いていないのはホントすいません{/dogeza/} さて、そんな久しぶりの更新。 とりあえずは近況っぽいことから{/ase/} 少し前に母が沖縄{/hawaii_...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2009/01/25 21:22
57.チャーリー・ウィルソンズ・ウォー■原題:CharlieWilson'sWar■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:101分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:6月19日、新宿プラザ劇場(歌舞伎町)□監督:マイク・ニコルズ□原作:ジョージ・クライル□脚本:アーロン・...
KINTYRE’SDIARY| 2008/12/22 06:54
テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、美女とお酒をこよなく 愛するお気楽議員。そんなチャーリーはある日、テキサスを代表する富豪の女性ジョアン (ジュリア・ロバーツ)から、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼まれる。 政治にまるで興味のない政治家、チャーリーだったが、アフガンの実情に心を痛め、一肌脱ぐ 決意を固める。さっそく、大国ソ連を相手に二の足を踏む政府を横目に、CIAのはみ出し者、 ガスト(フィリップ・シーモア・ホフマン)の協力を得ながら前代未聞の極秘作...
心の栄養♪映画と英語のジョーク| 2008/11/08 09:52
1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話を映画化したコメディディータッチのヒューマンドラマ。『卒業』のマイク・ニコルズがメガホンを取り、アフガニスタンに侵攻したソ連軍を撤退させてしまう破天荒な男の姿を描く。主人公をトム・ハンクスが演じるほか、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンらアカデミー賞に輝く演技派が脇を固める。お気楽な主人公が世界を変えてしまう奇跡のドラマに注目。[もっと詳しく] トム・ハンクスはいずれアメリカの大統領候補にな...
サーカスな日々| 2008/11/06 21:13
    たったひとりで、世界を変えた本当なの?   パ〜イ♪パ〜イ♪ミスター・アメリカンパイ♪、懐かしいメロディにのせて始まるよ!   6月17日、MOVX京都にて鑑賞。予告編を見る限り、コメディかと思った。だが主題となるのは戦争だった。主人公チャーリー役には“ダヴィンチコード”(06)に主演した、あのトム・ハンクスだ。何でもダヴィンチコード”の続編も今年公開らしい。久々にトムにお目にかかれた お話 チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)はテキサス州選出の下...
銅版画制作の日々| 2008/07/01 21:56
あらすじ酒と女が大好きな下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーは、ソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け・...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2008/06/11 09:37
たった一人で世界を変えた、お気楽政治家の世紀のプロジェクト!下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持ち、ソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを常に気にしていた。国防歳出小委員会がアフガニスタン支
とんとん・にっき| 2008/06/03 20:22
 仕事が疲れた~。でもちょっとだけ早く上がれる。と言うわけで映画館に。チャーリー・ウィルソンズ・ウォーを観てきました。
よしなしごと| 2008/05/30 17:18
□作品オフィシャルサイト 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」□監督 マイク・ニコルズ □原作 ジョージ・クライル □脚本 アーロン・ソーキン □キャスト トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ネッド・ビーティ、 ■鑑賞日 5月23日(金)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> こんなストーリーが作り話でなく実話だなんて信じ難い部分もあるが、ある意味この当時の世界情勢の表と裏を適切に指摘している部分も多い。 同じ戦争...
京の昼寝〜♪| 2008/05/30 12:19
Charlie Wilson's War (2007年) 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン 1980年代、アメリカ下院議員C・ウィルソンが、アフガニスタンに侵攻したソ連軍を撤退させるのに一役担った活動を描く。 脚本が傑作TVシリーズ「ザ・ホワイトハウス/The West Wing」を手がけたアーロン・ソーキンということで、オリジナルではない分、巧妙なストーリー展開は見られないものの、お得意のテンポの早いセリフの応酬は健在で、そこからキャラ...
Movies 1-800| 2008/05/28 20:26
劇中ウィルソンが、ソ連のアフガニスタン進行を防ぐために武器供与の資金を捻出するた
はらやんの映画徒然草| 2008/05/24 20:02
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」、観てました、先週。 ちょっと過激な感想になりそうなので1週間寝かせたのですが、あんまり変わ...
クマの巣| 2008/05/24 17:08
人気ブログランキングの順位は? 信じられない物語 でも真実 たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/05/24 00:22
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンの豪華共演による政治風刺ドラマ『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を観てきましたー。 観たのはユナイテッド・シネマとしまえんで22:00の回。平日のこんなレイトショーの上映回だったので、お客さん
cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー| 2008/05/23 04:19
今回は、映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛...
Coffee and Cigarettes| 2008/05/23 01:27
今週の平日休みは試写会もあるけど、その前に「109シネマズ川崎」でまず1本。 予告編では、随分楽しそうなお気楽議員のトム・ハンクスが印象的。
ひらりん的映画ブログ| 2008/05/22 23:20
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー’07:米 ◆原題:Charlie Wilson's War◆監督: マイク・ニコルズ「クローサー」「パーフェクト・カップル」◆出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス ◆STORY◆下院議員チャー....
C'est Joli| 2008/05/22 23:08
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を観てきました〜♪ テキサス州選出の下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、酒と女に目が無いお気楽議員だった。或る日アフガン進攻の悲惨な現実を知る。何かに触発されたチャーリーは、予算を倍にし、テキサス州6番目のお金持ちで、慈善運動家で、セフレのジョアン(ジュリア・ロバーツ)からパキスタン行きを薦められる。パキスタンに行ったチャーリーは、国境の難民キャンプに現状にショックを受ける・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、お気楽議...
観たよ〜ん〜| 2008/05/22 22:39
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンというアカデミー賞俳優が揃った豪華共演の映画だけど―【story】酒と女が大好きな下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーはソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け、ソ連軍と戦うゲリラたちに武器を密輸してしまう―     監督 : マイク・二コルズ 『クローサー』【comment】豪華共演の映画...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2008/05/22 08:55
 知らなかった、TOHOシネマズって、会員は火曜日は1300円なんや{/eq_2/} ちゅうことは、おまけが要らなかったら前売り券さ買う必要ないんや。 前売りを買うと、ネットで座席予約できないから不便やし。  んで、昨日は「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を観てきました{/kaeru_en4/}  下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持ち、ソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを常に気にしていた。国防歳出小委員会がアフガニスタン支援に500万ド...
労組書記長社労士のブログ| 2008/05/20 23:19
1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、アフガニスタンに侵攻したソ連軍を撤退させるまでを描いた実話ベースの物語です。
水曜日のシネマ日記| 2008/05/20 12:55
    ★★★☆☆  1980年代のアメリカでソ連の脅威からアフガニスタンを救った 下院議員の実話をTom Hanksが演じた。 原題は「Charlie Wilson's War 」。  テキサス州選出の下院議員Charlie Wilson(Tom Hanks)は 酒と女に目のない政治家だ。 だが、ソ連がアフガニスタンに侵攻したことを知り、憤る。 アクの強いCIAの情報局員Gust Avrakotos (Philip Seymour Hoffman)や テキサスの女実業家Joanne Herring (...
富久亭日乗| 2008/05/20 07:51
 『たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”』  コチラの「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」は、トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン共演の5/17公開となった社会派ヒューマン・コメディな...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/05/19 06:37

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] つぐない | HOME | [Review] スパイダーウィックの謎>>
忍者ブログ[PR]