忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/19 17:55 |
[Review] つぐない
つぐない映像技術の為せる業なのか、それとも彼女自身の持つ性分なのか。『プライドと偏見』、『シルク』、そして『つぐない』の中で演じられるキーラ・ナイトレイの、まるで静かに佇むような女性像には、本当に息を飲んでしまうくらいに引き込まれます。
小説の登場人物を忠実にそのままに、でも、まるで小説から飛び出たような、でもない。ましてや小説の登場人物を超えた人物像の表現でもない。僕自身のボキャブラリーのため、適切な表現が出ないのがもどかしいのですが、兎にも角にも、単に『演じる』には留まらない魅力が表れていると感じました。映画サイト内のインタビューページとかでも、彼女は原作小説『贖罪』の大ファンなんだとか。それだけ、この作品に対する思い入れがあるのでしょう。


人間誰しもが持つ感情『嫉妬』。人間は人間である限り、誰しもが持ち得る感情。所有欲を満たしたり、優越感に浸ったり、自分に目を向けてもらいたかったり。そんな些細な嫉妬心が、一組の男女の運命を大きく狂わせ、一生消えない罪悪感として心に刻まれた物語。一つ一つの過ちは些細なことのように見えても、時として人の一生の全てを変えてしまうほどの効力を持つ。
そしてその過ちは、どんなことがあっても消えることが無い。無かったことにもできない。人の一生を変えてしまった者は、それと同じくらいの業が錘となって圧し掛かる。小説というフィクションの世界とはいえ、避けることのできない因果の渦が緻密に描かれていると思いました。

そして、やはり犯した罪と報いである罰が描かれた本作の最後は、幸せになることはなく、本来なら幸せになれるはずだった心は永遠に引き裂かれたままに、男と女は朽ち果てる。そうしてしまったのは、一人の少女の嫉妬心からなる証言。その後、彼女が贖罪の道を歩むも、もはやそれを赦す相手は、この世には居ない。結局その少女も、決して晴れることの傷ついた心を抱いたまま朽ち果てようとする。
そんな少女の心を、僕たち鑑賞者にはどう映り、そしてどう判断するのでしょうか。賛否両論はあるでしょう。既に亡くなっているのだから、決して赦されるはずはない。方や、僕たちだって日常的に誰かに嫉妬心を抱いて、誰かを傷つけている。だから彼女も赦されると思う、等々。でも、引き裂かれた男女と少女の本当の苦しみは、決して分からない。それは現実の世界の出来事であろうとも。

小説の世界とはいえ、現実の世界にまるで鏡のように映し出す、重いテーマを投げかけているようにも感じます。

拍手

PR

2008/05/20 00:38 | Comments(1) | TrackBack(16) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 劇場鑑賞時に発作発生 ▼感想 事実を伝えることが本当のつぐない ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と思いを通わせ合うようになる。しかし、小説家を目指す多感な妹ブライオニー(シーアシャ・ローナン)のついたうそが、ロビーに無実の罪を着せ、刑務所送りにしてしまう。 ▼コメント <全力...
新!やさぐれ日記| 2009/06/24 08:13
『つぐない』を観ました英国を代表する作家の一人、イアン・マキューアンの傑作『贖罪』を、「プライドと偏見」のジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演で映画化した衝撃と感動の大河ロマンスです>>『つぐない』関連原題: ATONEMENTジャンル:ドラマ/戦争/ロマン...
おきらく楽天 映画生活| 2009/05/02 22:22
ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。運命に翻弄(ほんろう)される男女を演じるのはキーラ・ナイトレイと『ラストキング・オブ・スコットランド』のジェームズ・マカヴォイ。映像化は困難と言われた複雑な物語を緻密(ちみつ)な構成でスクリーンに焼きつけた監督の手腕に注目。[もっと詳しく] 「アラベラの試練」と...
サーカスな日々| 2009/02/15 07:21
【ATONEMENT】PG-122008/04/12公開製作国:イギリス監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ 一生をかけて償わなければならない罪があった。命をかけて信じ合う恋人た....
映画鑑賞★日記・・・| 2008/11/14 12:50
{/kaeru_fine/} 最近「楽市楽座」のコマーシャルにスザンヌが出演しているのを発見{/ee_3/}したピロEKです。 実は今日の「つぐない」の記事、随分前に9割方書き終えていたのですが(「ハンコック」よりも前に)、鑑賞順でまず「ハンコック」の記事をアップ。で、その後は…この前に書く文章が特に無くて{/ase/}保留しておりました。 …っていうのが、当ブログは映画レビューブログではなくて、あくまでも“日記”だと思っている私の勝手な拘り故(最近思い始めた拘りだけどね{/face_ase2/})。映...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2008/11/12 23:05
移動サーカスでテントを次々と覘いてゆくような戦場の光景。引き揚げ船の到着を待つ兵士たち。長回しが効果をあげるなか、ダンケルクの場面は幻想味に溢れている。 シアーシャ・ローナンの透明感に驚いた。彼女の少女時代を切り抜いてフィルムに焼き付けたと云う一事をもって、この作品は絶対の価値を有する。 ジェームズ・マカヴォイの好演もキーラ・ナイトレイの薄い胸もシアーシャ・ローナンの前に霞む。 「つぐない」を観た。 死を控えた女性作家が21冊目にして最後の作品を書き上げた。小説のタイトルは『つぐない』。これは自伝...
MESCALINE DRIVE| 2008/11/12 00:18
”つぐない”というタイトルなので、誰がどんな罪を 犯して贖罪を抗うのだろうか・・・と。 注目していたのだけど、ブライオニーの美しい姉 セシーリア(キーラ・ナイトレイ)と使用人の ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)との情事を目撃して ある嘘をつく事件シーンまで、...
気ままな映画生活| 2008/10/22 20:47
To A Visual Stimulus 【Story】 1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブライオニー(シーアシャ・ローナン)は、ある週末、姉のセ...
Memoirs_of_dai| 2008/10/14 00:09
   1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。 政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と想いを通わせ合うようになる。 しかしながら、小説家を目指す多感な妹、ブライオニー(シーアシャ・ローナン)のついた「嘘」が、ロビーに無実の罪を着せ、刑務所送りにしてしまうはめに・・。 {{{: 『つぐない』  2007  Atonement  監督: ジョー・ライト 製作: ティム・ビーヴァン/エリッ...
サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画| 2008/10/14 00:01
ATONEMENT(2007/イギリス)【DVD】 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカヴォイ/ロモーラ・ガライ/シーアシャ・ローナン/ブレンダ・ブレシン/ヴァネッサ・レッドグレーヴ 一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説「贖罪」を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。 仕掛けがある映画で、見応えありました。 今劇場公開もされていて、映画館でみるべきだったと後悔・...
小部屋日記| 2008/10/13 22:28
1935年夏、英国。官僚ジャック・タリスの屋敷では、小説家を夢見る末娘のブライオニー(シアーシャ・ ローナン)が休暇で帰省する兄とその友人を自作の劇で歓待しようと準備。一方、大学卒業後の身の 振り方が定まらない姉セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、ある出来事をきっかけに使用人の息子ロビー (ジェームズ・マカヴォイ)への愛を自覚する。が、ロビーにほのかな想いを抱いていたブライオニーは、 行き違いの積み重ねと嫉妬心から姉とロビーの関係を誤解。その時、タリス家に預けられていた 15歳の従姉妹ローラ(ジュノー・テ...
心の栄養♪映画と英語のジョーク| 2008/10/03 19:12
今週公開作は・・・ 「フィクサー」「王妃の紋章」「ブラックサイト」「ヒットマン」など・・・ 見たい作品が目白押しだけど・・・ やはり、キーラ・ナイトレイが出てる本作を初日のレイトショウで。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★| 2008/05/30 23:17
これ程素晴らしい映画が、何故愛知県では一か所でしか上映されないのか理解できません。。 シネコンも10前後のスクリーンを有しているのなら、一スクリーンぐらいは、こういう映画を上映してもらいたい! ≪つぐない≫★★★★☆ 監督:ジョー・ライト 脚本:クリストファー・ハンプトン 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン <b>★の数は4つ半にしましたが、五つにしても問題ないぐらい素晴らしい映画</b>でした。これほど...
キネマ徒然草| 2008/05/29 02:59
人気ブログランキングの順位は? 一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/05/28 22:44
 一生をかけて、償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた・・・・・。   5月9日、「ハンティング・パーティ」 鑑賞後、「つぐない」を鑑賞しました。こちらは、女性客が9割くらい占めていました。やはり女性に人気があるようです。キーラ・ナイトレイ、やっぱり美しいですよね。スレンダーな体にグリーンのドレスがよくお似合いです。彼女の相手役ロビーには、「ペネロピ」でお馴染みのジェームス・マカヴォイです。「ペネロピ」のマカヴォイだとはまったく気づかず・・・・・。役者さんは、本...
銅版画制作の日々| 2008/05/28 00:02
 『一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。』  コチラの「つぐない」は、ブッカー賞作家イアン・マキューアンの「贖罪」を映画化した4/12公開となったPG-12指定の大河ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  ...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/05/21 06:04

コメント

TBありがとうございました。
13歳の少女がついた嘘、しかし、初恋の
人でありお姉さんを強姦していたと錯覚が
嘘を引き起こしたのかもしれませんね。
その嘘で引き裂かれ、結ばれなかった二人。
ブライオニーの最後のつぐないは、
許されたのでしょうか?
嫉妬はときに真実を曲げてしまうのかもしれませんね。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
posted by シムウナURLat 2008/10/22 23:08 [ コメントを修正する ]
Re:TBありがとうございました
ご来訪・コメント有難うございます。
この作品は、様々な登場人物の立場で鑑賞することによって、色々な観方ができる作品と感じました。
例えば、ブライオニーの立場であれば、ロビーに対する秘めた想いを持っているが為のもの。たとえ姉であれ、好きな人に振り向いて欲しいと思う嫉妬心は、ある意味否めないと思います。
ですが、その嫉妬の対象となるロビーやセシーリアの立場であれば、また観方は変わるでしょう。また、もし二人の関係がもっと対等なものであれば、ブライオニーの嘘による告訴の結果、軽微なもので済めば、また違った結果になっていたかもしれませんが……

難しいところですが、すごく奥深い作品ですね。

>TBありがとうございました。
>13歳の少女がついた嘘、しかし、初恋の
>人でありお姉さんを強姦していたと錯覚が
>嘘を引き起こしたのかもしれませんね。
>その嘘で引き裂かれ、結ばれなかった二人。
>ブライオニーの最後のつぐないは、
>許されたのでしょうか?
>嫉妬はときに真実を曲げてしまうのかもしれませんね。
>
>今度、訪れた際には、
>【評価ポイント】~と
>ブログの記事の最後に、☆5つがあり
>クリックすることで5段階評価ができます。
>もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
2009/02/25 10:29

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 | HOME | [Review] チャーリー・ウィルソンズ・ウォー>>
忍者ブログ[PR]