忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/16 18:06 |
[Review] スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師史上最強と言っても過言ではない、ティム・バートン監督と名優ジョニー・デップのコラボレーション。これまでもダークなのに不快感がほとんど無く、且つコミカルにキャラクターが躍動する映画はいくつかありますが、この作品はその真骨頂と言えるのかもしれません。
第56回ゴールデングローブ賞で、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)、監督賞(ティム・バートン)、主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門/ジョニー・デップ)、主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門/ヘレナ・ボナム・カーター)と4部門がノミネート。うち、作品賞と主演男優賞を見事受賞。血がドバドバ噴出するスプラッター映画は、好き嫌いがはっきりと分かれ、賛否両論が多くあります。特にこの映画は、本当にシリアスに、リアリティを求めて演出すれば気持ち悪いことこの上ないですし。しかし、この作品は元々ミュージカルですし、しかもティム・バートン監督ならではの、コミカル&ファンタジーに仕上がっています。大抵、モノトーンの作品は陰鬱になりがちなのですが。
ですので、どなたでも楽しく(?)観賞できるのではないかと思います。
(『ティム・バートンのコープス・ブライド』でたとえるなら、ミュージカル風に演じているところは、コミカルで色彩溢れる死者の世界、それ以外の部分は、ダークでモノトーン、色味がほとんど無い人間界、というところでしょうか)

勿論、喉元掻っ捌いて血が止め処なく噴出するシーンは、惜しみなく表現されておりますので、そこら辺はご鑑賞の際はご注意を。


この作品は、主演にしても脇役にしても、それぞれ追い求めているものがあるのですが、みんな例外なく屈折しています。性格、というか、対象を追い求めようとしている『方法』そのものが(汗)。
スウィーニー・トッドの何が何でもその首元に刃を切り付けたいと願う復讐心。スウィーニーを自分のものにするために色々と画策したり、妄想に耽るミセス・ラベット(怖さで言えばこの人かもネ。最後の方の台詞"Tobby, Where are you ?"が、『ティム・バートンのコープス・ブライド』での、"Victor, Where are you ?"を彷彿させて、身震いしましたデス……)。スウィーニーの妻と娘に異常なまでの愛情を抱き、手に入れるためには手段を選ばず、時には人生を破滅に追いやるターピン判事。たとえボッコボコに殴られ蹴られながらも、一度恋心を抱いた娘は死んでも追いかける青年アンソニー。
うわーっ、これだけのキャラクターが一度に会した作品は、普通はウゼェ! と感じること請け合いなんでしょう。でも不思議とそうと感じなかったところにも、ティム・バートンの鬼才が発揮されていたのではないのでしょうか。

しかしまぁ、そんな中でもジョニー・デップのアクの強さは、この作品でもいかんなく発揮されているようです。
かつて柔和な笑みを絶やさなかった理髪師ベンジャミン・バーカーとは思えない、本当に同一人物なのか疑ってしまうほどの変貌振りのスウィーニー・トッド。己の復讐を遂行する事に何の躊躇いもなく、進んで『悪役』になる、いやなるだけではなく徹しきることに悦んでいる。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジャック・スパロウと同じように、よくある主人公像ではなく、もっと歪んだ性格・性質を持つ役に惹かれるジョニー・デップにとって、正にうってつけだったのでしょう。

本来ダークな物語が、コミカルなファンタジーに仕上がっているのですから、どことなく商業主義に走っているふうに捉えられるのかもしれません。しかし、それはほとんどと言っていいほどなく、むしろ監督をはじめとする出演者も含めた、ある意味での趣味の世界に走っています。
大抵制作者サイドの趣味の世界に走った作品というのは、失敗に終わる、もしくはほんの一握りの観客しかうけない、というのがお決まりなのですが、不思議ですよね、ティム・バートンとジョニー・デップが関わると、むしろ魅入ってしまう人が多い。それは勿論、彼等の持つ監督もしくは俳優としての魅力もあるのでしょうけれど。

ありきたりな展開もいいけれど、たまにはこれまでとは全くと言っていいほどの雰囲気の作品を鑑賞したい、という方に、お勧めの作品です。

拍手

PR

2008/01/19 12:54 | Comments(0) | TrackBack(59) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
あらすじ19世紀のイギリス。無実の罪で投獄されその首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、かつて自分を陥れた男への復しゅうに燃えていた・・・。感想ハサミ男からカ...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/02/28 22:28
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street 2007年:アメリカ 原作:ヒュー・ウィーラー 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、アラン・リックマン、ヘレナ・ボナム・カーター、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン 19世紀のロンドン....
mama| 2008/12/29 18:06
ミュージカル大好き! ジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーターのミュージカルと聞けば、 監督がティム・バートンでも気になります。(笑) DVDで鑑賞。 19世紀。 ロンドンのフリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカーは 愛する妻と娘と幸せに暮らしていた。
映画、言いたい放題!| 2008/10/14 14:16
 つと、バイトの終わりに棚を見た所、残っていたので借りて来た今作は、ジョニー・デップとティム・バートンという素敵タッグ四回目の作品...
黄昏ミニヨン想録堂| 2008/06/17 02:40
11.スウィーニー・トッド、フリート街の悪魔の理髪師■原題:SweeneyToddTheDemonBarberOfFleetStreet■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:117分■日本語字幕:佐藤恵子■鑑賞日:1月25日、セントラル(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□...
KINTYRE’SDIARY| 2008/03/03 21:41
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ローラ・ミシェル・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、エドワード・サンダース、ジェイミー・キャンベル・バウアー、ジェイン・ワイズナー、サシャ・バロン・コーエン、ティモシー・スポール、アラン・リックマン 評....
デコ親父はいつも減量中| 2008/02/22 23:25
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師’07:米 ◆原題:SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET◆監督: ティム・バートン「チャーリーとチョコレート工場」 「シザーハンズ」◆出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマ...
C'est Joli| 2008/02/18 22:41
 今週4本目、そして今年10本目はスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師でした。今年は映画館に行くペースが例年になくスローペースです。挽回できるのか?!
よしなしごと| 2008/02/17 13:13
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ ヘレナ・ポナム=カーター 製作: アメリカ公式HP 久々に映画館で鑑賞 ジョニデがアカデミー主演男優賞にノミネート されてます。美術賞、衣装デザイン賞にもノミネート。 「ティム・バ...
Cold in Summer| 2008/02/14 11:14
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。今回は大きくネタバレ有りの為、要注意オープニングからいきなり 血が流れ出して進んでいくのがもうかなり おえっぷでやんす〜( ̄ω ̄;)そしてミンチ製造機。。。 おぉぉぉ ヤバイ かなり怖い妻子と幸せに暮らしてい...
HAPPYMANIA| 2008/02/13 04:53
血が騒ぎ 歌に酔いしれ 肉踊る  今でも脳みそから離れないのは「ジョアンナ」の歌。ああ、二度目の掛け合いで歌われる「ジョアンナ」をもう一度聞きたい。こりゃあ、やっぱオリジナル・サウンドトラックを入手するしかないかな。  そう思った私は、結局、このサントラを
空想俳人日記| 2008/02/09 07:33
『スウィーニー・トッド』感想 @2008.1.26 理髪師にして殺人鬼(復讐鬼)。 不謹慎ながら「これほど相性の良いものがあるだろうか!」と真っ先に思ってしまいました。手には研磨された鋭い切れ味のカミソリ。客は何もしなくても自分から急所の喉下を晒してくれる。「さあ....
Ondul Blog ver.β| 2008/02/07 12:28
ストーリーも微妙だし、ジョニー・デップの歌声も微妙。それから、印象に残る曲が無いってのもミュージカル映画としては致命的。好きなシーンは結構あるけどティム・バートンっぽいのはオープニングだけ。グロいだけの中途半端な作品。 設定だけもらってストーリー(オチ)を変えた、ダニー・エルフマンの曲のバージョンが見たい。 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』をもっと詳しく。 『スウィーニー・トッド』をWikipediaで見る。(ネタバレ注意) 2008/1/26 イオンシネマ三川にて鑑...
シネマ・コネクション| 2008/02/05 19:13
(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. and DreamWorks LLC. All Rights Reserved. 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、妻も娘も奪われた男(ジョニー・デ
映画と秋葉原と日記| 2008/02/05 11:46
ジョニー・デップ×ティム・バートン監督コンビ6作目。 私の周りの人達はみんな口を揃えて 『これはつまんなそう』 『いくらジョニー・デップでも、これは観たくない』 とまぁ、つれないこと、つれないこと…(-_-;) それでもジョニー・デップファンの私は挫けず、...
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜| 2008/02/03 18:30
猟奇ものはどうなのだろうと思ったが、徐々にあぁ、そういう作品か。と、いうことになりました。『パイレーツ・オブ・カリビアン』からのジョニーファンはショックかもしれない、猟奇もの。ウチの母がそうだった。血の量は多く、グロテスク。しかしそれよりも、ジョニー・...
MARGARETの徒然草〜DiamondDiva〜| 2008/02/02 23:55
{/hiyoko_cloud/}もう2月になっちゃいましたねぇ…ホント早いです。 一昨日の記事にも書きましたが…ここのところgooブログの調子がよろしくない様子{/face_ikari/}。しかもgooブログの方いくつかで同時多発な状況{/face_ikari/}。 短時間でたくさんのトラックバックをgooブログに送ると、スパムと判断されてフィルターに引っかかるとの説明だけど…そんなに送った憶えもない{/face_ase1/}… 例えばネットが何らかの要因で重いと、送ったトラックバックが反映されなかった...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2008/02/02 21:49
  JOHNNY DEEP の話題作「SWEENEY TODD」、公開されました。   1月22日、MOVX京都にて鑑賞。今や、カリスマ的俳優、ジョニー・デップ再びティム・バートン監督とのコラボで誕生した「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、長いタイトルですね。ほとんど映像はモノクロの世界。大量の血しぶきは赤色で映し出されています。     150年以上人々に語られ続けたスウィーニー・トッド伝説 伝説の始まり  通説によれば、スウィーニー・トッドは...
銅版画制作の日々| 2008/02/01 10:01
 画面上にあまり鮮血がほとばしるので、「気が弱い」私は残酷な場面、何度も目をつぶってしまった。ジョニー・デップが出て、ミュージカルといえどデイトで見る映画ではない。でも怖かったかというとそれほどでもない。残念ながらJ・Dの歌唱力は期待したほどではなかった。「ムーラン・ルージュ」のユアン・マクレガー並みの鍛錬が欲しいなあと思った。(J・Dのファンには辛口で申し訳ない。)  モノクロかと思わせるほど重々しい映像、同じロンドンを描いた「フロム・ヘル」を思い出した。流れ出る真っ赤な血がどろっと重量感があるし、人...
After the Pleistocene| 2008/02/01 09:54
【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】2008年1月19日(土)公開 ...
MoonDreamWorks★Fc2| 2008/01/31 22:35
久々にダークな演出の冴えるティム・バートン作品を観たなーって感じで、結構満足できる作品が観られました。ダークって表現では表現が難しい、この監督の独創美と毒は観ていてクセになりますよねー。コミカルな要素が強いものより、こういうシリアスな作品の方が個人的に...
cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー| 2008/01/31 19:09
□作品オフィシャルサイト「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」□監督 ティム・バートン □原作 ヒュー・ウィーラー □脚本 ジョン・ローガン □キャスト ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン ■鑑賞日 1月19日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ジョニー・デップは金属物(刃物)が似合う(笑) シザー・ハンズもしかり ブロードウェイ・ミュージカルの映画化で、ジョニー・...
京の昼寝〜♪| 2008/01/31 12:11
人気ブログランキングの順位は? 忘れるものか 許すものか スウィーニーが来る! いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/01/31 00:24
ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイム(作詞・作曲)とヒュー・ウィーラーが手掛けたミュージカル 『スウィーニー・トッド』(ト...
映画大好き!おすすめ映画・DVD + USA子育て日記| 2008/01/29 10:49
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師は昨日の午前に鑑賞したが 今年の劇場での鑑賞1作目でホラー物だけど内容に凄く大満足したよ 冒頭からパイカリ/ワールドエンドと同様に歌で始まり最後まで続くと思わず 愚かさが罪で15年も投獄され妻は毒を飲み娘は判事がに
別館ヒガシ日記| 2008/01/27 19:28
公開日 2008/1/19監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン 他【あらすじ】19世紀のロンドン。美しい妻と子に囲まれ、幸福に暮らしていた理髪師のベンジャミン・パーカーは、彼の幸せを妬んだ悪徳判事ターピンによっ...
Good job M| 2008/01/27 16:59
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/ティモシー・スポール/サシャ・バロン・コーエン いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。 ブロードウェイミュージカルの伝説的な作詞作曲家、スティーブン・ソンドハイムによる舞台ミュージカルの映画化。 ジョニー・デップ最新作にしてティム・バートン監督との6度目のコラボ。 19...
小部屋日記| 2008/01/27 13:22
 アメリカ  サスペンス&犯罪&ミュージカル  監督:ティム・バートン  出演:ジョニー・デップ      ヘレナ・ボナム=カーター      アラン・リックマン      ティモシー・スポール 【物語】 19世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営み、妻と....
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽| 2008/01/27 11:26
よく考えたら悲惨な作品です。
My Favorite Things| 2008/01/26 23:27
R-15指定だけあって血なまぐさいシーン続出で、観ていて体が硬直しますが、とても面白く引き込まれる映画でした。 冒頭から流れるオーケストラの曲も迫力があって私好み。劇場で観る価値ありだわぁ~と感激。そして、スウィーニー・トッド(ジョニー・デップ)の歌声も素敵! それだけでもウットリと聞き惚れてしまいます。 ミセス・ラペット(ヘレナ・ボナム=カーター)も高い歌声で、トッドとの歌声とよくあっていました。ラペットの、トッドを諭しているんだか、たきつけているんだかわからないセリフが妙にツボにきて笑えま...
まぁず、なにやってんだか| 2008/01/26 17:25
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のMOVIE 映画を鑑賞しました。秊 2008-02『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(更新:2008/01/26) 評価:★★★★☆ そこは、二度と出られない悪魔の理髪店..
はっしぃの映画三昧!| 2008/01/26 14:29
「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」を観てきました。映画の公開日の1月19日に毎日放送「知っとこ」と言うTV番組で、オセロの松嶋さんがジョニーにインタビューしていたのを放送していました。ジョニーが来日する度に松嶋さんがインタビューすると言...
GOOD☆NEWS| 2008/01/26 10:36
刃物と血が、容赦なかったですね。 僕は痛いのや、血がたくさんのものは苦手なので、
はらやんの映画徒然草| 2008/01/25 23:24
原題:Sweeney Todd:The Demon Barber of Fleet Street 観てしまったぁぁ猟奇連続殺人事件、伝説の殺人理髪師スウィーニー・トッドのブロードウェイミュージカル版をもとにした映画で遂にジョニデが歌い上げる・・ 19世紀のロンドンはフリート街で理髪店を営むベンジャミ
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~| 2008/01/25 01:53
悪徳判事によって無実の罪を着せられ、 妻と娘を奪われた男が15年ぶりにロンドンへ帰ってくる。 復讐のために。 ティムバートン映画のジョニーデップって なんでいつもこう青白い顔なんすか?(-_-;) 「シザーハンズ」のエドワードにしても 「スリーピーホロウ」のイカポ..
ペパーミントの魔術師| 2008/01/24 18:45
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を観てきました〜♪ 19世紀イギリス、港に到着する船に一人の男が乗っていた。無実の罪で投獄されベンジャミン・バーカーは、名前をスウィニー・トッド(ジョニー・デップ)と替え15年ぶりにロンドンに戻って来た。スウィニー・トッドは、フリート街のパイ屋の2階に店を出す・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、鋭い剃刀の切れ味が手に入るかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願...
観たよ〜ん〜| 2008/01/23 07:28
血が走り 憎しみの肉 混ざり合う  いやあ、参りました。脱帽して、理髪師の椅子に深々と腰を下ろしたいと存じます。でも、お願いだから、ヒゲを剃っても首は掻き切らないでね。  まず驚いたのが、ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムとヒュー・ウィーラーが
空想俳人日記| 2008/01/22 22:53
■邦題:スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 ■原題:SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET ■上映時間:117分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:サスペンス、犯罪、ミュージカル ■配給:ワーナー・ブラザース映画 ■公開:2008/01/19 ■劇場:ワーナー・マイカル・シネマズ茨木(劇場2/H席14席) ■パンフレット:700円 ■オフィシャルサイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/swe...
しょうちゃんの映画ブログ| 2008/01/21 23:55
原題: SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET 公開年度: 2008年 監督: ティム・バートン 上映時間: 117分 キャスト:ジョニー・デップ(スウィーニー・トッド)、ヘレナ・ボナム=カーター(ミセス・ラベット)、アラン・リックマン(ターピン判事)、ティ...
スーパーヅカン| 2008/01/21 21:46
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」に関するトラックバックを募集しています。
映画専用トラックバックセンター| 2008/01/21 10:12
この映画の公開があるから、今月のひらりんは「ジョニデ祭り」開催中だったんです。 ここんとこ、DVD見る暇なくて、お祭りも息切れ気味だったけど。
ひらりん的映画ブログ| 2008/01/21 03:25
見てきました~♪  ネタバレしないように書きますが~(無理かも) ホラーなのかな~? と思って見にいったんだけど。 ジョニー・デップですもん・・・どんな内容でも聆 でも、なんか笑える楽しいミュージカルだった漣 町の(食材にするための)人間..
ちわわぱらだいす| 2008/01/21 03:07
スウィーニー・トッド見てきました〜♪ あたしとしては、ジョニー・デップ×ティム・バートンのコンビってことで、気になってたんですが…...
OrdinaryDay*| 2008/01/20 22:20
「デリカテッセン」+「ムーラン・ルージュ」みたいなのかな〜、と思って「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」観ました。 さて、ともかく「チャリーとチョコレート工場」や「パイレーツ・オブ・カ
クマの巣| 2008/01/20 16:38
     ★★★★☆  ブロードウェイの傑作ミュージカルを、 Tim Burton 監督&Johnny Depp主演のコンビで映画化した。 原題は「Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street」。  19世紀のロンドン。 フリート街で理髪師を営む男(Johnny Dep)が、 悪徳判事(Alan Rickman)の計略にはまり、 妻を奪われ、自らは無実の罪で投獄される。 15年後ようやく自由の身になった男は、 妻が自殺し、一人娘は判事に監禁されていることを知...
富久亭日乗| 2008/01/20 16:21
 これは楽しめました。ジョニー&バートンの作品では一番なのではないでしょうか?
eclipse的な独り言 | 2008/01/20 14:48
原題は Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street ミュージカルの『スウィーニー・トッド』を,ティム・バートンが映画化. 第65回ゴールデングロー...
B級生活| 2008/01/20 14:13
{/hiyo_en2/}この辺りって、倉庫街ばかりだと思ったら、こんな立派なマンションができてるのね。 {/kaeru_en4/}時代の変化だよ。時がたてば、街は変わり、人も変わる。 {/hiyo_en2/}街は変わらないのに、人が変わったのが「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」。 {/kaeru_en4/}善良な理髪師が策略で妻子を奪われ、復讐の鬼に変わるというミュージカルだな。 {/hiyo_en2/}監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップといえば、「シザーハンズ」のコンビよね。 ...
【映画がはねたら、都バスに乗って】| 2008/01/20 12:53
仕事じゃないことで(人間関係とでも形容しましょうかね)精神的に午前中から疲れてしまい、残業したらいつまでも終わらなさそうだったので今日は諦めて、映画を見に行く事にしました。ジョニー・デップがGG賞のミュージカル部門で最優秀主演男優賞と、最優秀作品賞を受...
kaoritalyたる所以| 2008/01/20 09:54
  『スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』   いらっしゃいませ。  そして、永遠にさようなら。   ティム・バートン×ジョニー・デップってことで、それだけでこの映画を観に行く人は多いかもしれない。 『シザーハンズ』面白かったものねぇ、『 ティ
唐揚げ大好き!| 2008/01/20 09:06
▼てな訳で、いつものMOVIX昭島に『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を、女子中学生と観に行きました。 ここで言う女子中学生とは、私が通勤中にすれ違う<佐藤寛子似>ではなくて、姪っ子である。 早朝にネット予約したのだが、職場の昼休憩に見たテレビCMで『スウィーニー・トッド』がR15指定だと知って、私は慌てて姪っ子に「大人っぽい格好をして来い」と電話しました。 その甲斐あって、苦もなく館内に入れました^^v ▼この場合のR15指定は、エロス描写ではなく、残酷描写の子供に与える影響を考...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』| 2008/01/20 08:51
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、他 *監督:ティム・バートン 感..
映画レビュー トラックバックセンター| 2008/01/20 04:46
ゴールデン・グローブ賞を受賞した作品、ということで、観ておかないと。 それにジョニー・デップだし、という「スウィーニー・トッド 」。 「UCとしまえん 」は、それなりの人出。 「スウィーニー・トッド 」は、大きめのスクリーンで2~3割。 ま、こんなもんかな?
いい加減社長の日記| 2008/01/19 23:22
【SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET】R-152008/01/19公開(01/19鑑賞)製作国:アメリカ 監督:ティム・バートン原作:スティーヴン・ソンドハイム、ヒュー・ウィーラー出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー...
映画鑑賞★日記・・・| 2008/01/19 23:14
このブログには度々書いているが、監督が持っている独自の世界観を発揮しているという点で筆者の評価が最も高いのはティム・バートンである。評価が高いというよりも、単に好きなのかもしれない。最初は勿論、「バットマン」である。ゴッサム・シティーの世界観は映画の世界で創造された都市構造としては郡を抜いている。なぜならば、ティムの作品の世界観というのは何故か筆者には閉塞的な感じがしてならない。例えば「ビッグ・フィッシュ」もそうなのだが、主役があれだけ色々なところで出会いを繰り返すのに映画でみるととても狭い範囲に感じる。...
利用価値のない日々の雑学| 2008/01/19 20:49
 『いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。』  ●ティム・バートン×ジョニー・デップ作品● ・「シザーハンズ」 ・「エド・ウッド」 ・「スリーピー・ホロウ」 ・「コープス・ブライド」 ・「チャーリーとチョコレート工場」  コチラの「スウィーニー....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/01/19 19:07
ゾクッとしてワクワク。 そして涙。
Akira's VOICE| 2008/01/19 16:56
          【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振い始めるが、彼は目に狂気を宿らせながら、かつて自分を陥れた者への復讐に燃えていた―  監督 : ティム・バートン 『チャーリーとチョコレート工場』『スリーピー・ホロウ』        〜スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化〜【comme...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2008/01/19 16:15
「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」を鑑賞してきましたティム・バートン監督が盟友ジョニー・デップと6度目のコンビを組み、同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。19世紀のロンドンを舞台に、無実の罪を着せられ、愛する者を奪われた理髪師の復讐...
日々“是”精進!| 2008/01/19 14:48

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] シルク | HOME | 日本語テスト 口説き力判定>>
忍者ブログ[PR]