忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/25 15:43 |
[Review] シルク

シルク鑑賞前のこの作品に対する最初のイメージは、『触覚』。絹のような滑らかで上質な質感。確かにそこにあるのに、まるでそこに無いかのようなに感じるのは、まるで儚さ。『パフューム ある人殺しの物語』で見事なまでに表現された『香り』、つまり『嗅覚』と同じように、『触覚』も、『映画』というメディア上では表現することはできない。けれど、洋の東西をまたいで旅し、人々との触れ合いの中で核となる『絹』に、決して表現できない、でもまるで『触れている』かのような感覚を表現しているのではないか、と思っていました。
実際に鑑賞してみると、それまでのイメージとは全く違う。それは、いい意味でも悪い意味でも裏切られたわけではなく、想像をはるかに超えた、芸術作品でした。

確かにそこにあるのに、まるでそこに無いような。触れ得るのに、触れることが出来ないような。
儚さを感じる、一遍の詩。消え入りそうな、一曲の音楽。幻にも思える、一枚の絵。油絵ではなく、水彩画や水墨画のような。
そう、この作品は、作品そのものが『絹』。触れているのに、そこに見えるのに、不安になる、心許なくなる。あまりの手触りのよさに、しばし恍惚にひたるけど、再び目をやると、指の間からするりと滑り落ちてしまう。
それでも、触れていたい、追い求めたいと思うのは、一度その美しさに触れてしまったが故の己の欲望なのでしょうか。


異国の地で、男は絹のような肌の少女に出会い、そしてその肌に触れる。その瞳も、その唇も、雪のような肌も全て、彼の目に焼き付いて離れない。その男の妻も、最初は彼を追い求める。異国の地で何があったのか、表層部分しか聞かされない。心ここにあらずなのは、きっとそれ以上に心奪われる『出会い』があったから。

触れることができない。絹のように儚いから。

男は少女で心の中を満たす。でも、決して全てが満たされるわけではありません。少女は最果ての国、日本に住んでいる。そう簡単には会えない。会えたとしても、その肌に、その憂える温もりに触れられるだろうか……
女は男の肌の温もりを感じる。でも心の温もりは感じない。今の彼の心の中に、自分はいない。こんなにも近くに触れたいものがあるのに、あまりにも遠すぎる。空気のようで、掴み所が無い。もし叶うなら、彼の心を満たす存在に、私がなりたいのに……


最後の方で、マダム・ブランシュが読み上げる手紙。その内容は、全身の毛が弥立つくらい、切なく、そして悲しいものでした。
もう二度と、愛する男の身に触れることは出来ない。でも、せめて、彼の心に触れていたい。留まりたい。彼の心を満たすことが出来れば、もう絹のように心許なくするりと滑り落ちるようなことはなく、不安に駆られることはないから。これからも、ずっと。永遠に。

あなたの幸せのためなら、ためらわずに私を忘れて。
 私も未練を残さず     、告げましょう、さようなら。


これは僕なりの解釈ですが、心の中を満たしたい存在であり続けたいのであれば、「忘れて」という言葉は使わないはずです。あくまで、「触れ得ぬ存在となるくらいなら、目に見える存在としての『私』を忘れて」という意味なのではないのでしょうか。
誰にも消せない温もり。それは、彼の『心』を満たすことで初めて叶えられる願い。人の想いの強さと同時に、人の想いの儚さを、静かに綴った作品です。

拍手

PR

2008/01/20 00:59 | Comments(0) | TrackBack(26) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
あらすじ1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したためエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは蚕業者の原(役所広司)が連れていた、“絹”のように白い肌の少女(芦名星)と出会う。以来...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/01/16 06:53
その頃のヨーロッパ諸国にとって、日本という国は、 果てしなく遠い国だったろうな。 エジプトに行くのですら、ひと月もかかっているのに、 「エンド・オブ・ザ・ワールド」だもの。 結婚したばかりの美しい妻と庭を残し、命がけで何千キロも旅をし、 密航船に乗り、目隠しをされて雪の峠を越え、 言葉も文化も週間も違う異国にただ一人。 そこまでして行って手に入れたいほど
*モナミ*| 2008/10/19 08:47
見ようかどうしようか、相当に迷ったのですが、シルク、幕末、フランスとお題がそろいまして、この私が、見ないわけにもいかないような気になってしまい、つい、見てしまいました………。この映画。 シルク スペシャル・エディション角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る レッド・バイオリンの監督さんとは、知りませんでした………。ちがいすぎ!!! キーラ・ナイトレイが出ていたとは、知りませんでした………。似合わない!!! もう、なんといえばいいんでしょうか、「ファンタジーだと思えというのね」と自分に...
郎女迷々日録 幕末東西| 2008/10/10 16:21
{/kaeru_fine/} タイトルはコリンズ監督ですが、ソフトバンクの王監督も辞任表明しましたねぇ。 野球{/baseball/}が好きな訳ではないのですが、福岡県の経済への影響が心配なピロEKです{/face_gaan/} 昨日{/kaeru_fine/}今季初めて長袖シャツを着ました。 私の住む北部九州地方、随分涼しくなってきましたよ。9月も終盤にきてやっと秋の雰囲気に…{/fallen_mov/} 涼しいので(久しぶりに{/face_ase2/})自転車にでも乗って買い物に行こうと思ったので...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2008/09/28 10:54
19世紀のフランスを舞台に、美しい妻と日本で出会った少女との間で純愛を紡ぐ軍人の心の旅を描くラブロマン。『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの同名傑作小説を、『レッド・バイオリン』のフランソワ・ジラール監督が映像化した。マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、中谷美紀、アルフレッド・モリナら国を越えた豪華キャストの迫真の演技、愛の巡り合わせを彩る坂本龍一の楽曲が胸に熱く迫る。[もっと詳しく] 蜃気楼のような映像を求めたせいなのか、物語そのものが、なんともつかみどころがない。 ...
サーカスな日々| 2008/07/13 03:30
先日新作DVDリリースのカナダ・イタリア・日本合作のフランソワ・ジラール監督作品。原作はアレッサンドロ・バリッコの小説、19世紀のフランス、蚕の卵を求めて日本に旅する男、そこで出会った少女との無言の交流、美しい妻との夫婦愛等を描く大河ロマン。 やはり先日のトーク番組での紹介のように、旅のシーンが多く、主人公マイケル・ピットがフランス〜日本を3往復、でもロードムービーというより、馬車、列車、キャラバン、船、馬等での移動自体が、坂本氏の音楽にのせて、草原、氷原、海、雪山と美しい風景の中を行く映像美の連なり、...
KYOKO〓| 2008/07/06 12:23
この映画を観た女性の方の感想が聞きたい。 女性にとってこの映画は、納得できるもの
はらやんの映画徒然草| 2008/06/28 20:49
試写会のチケットがあったのに、年末忙しくて観られなかった作品です。
My Favorite Things| 2008/02/09 23:22
(C) 2006 Jacques-Yves Gucia/ Picturehouse Productions 『シルク』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は除隊後、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、蚕
映画と秋葉原と日記| 2008/02/03 12:10
人気ブログランキングの順位は? 海を越えてめぐり逢う、 美しく切ない純愛 愛は運命に紡がれ、そして永遠となる
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/01/30 22:07
【シルク】2008年1月19日(土)公開 監督 ・ 脚本  : フ...
MoonDreamWorks★Fc2| 2008/01/29 22:51
良質な卵を求めての極東への行程だから、シルクロードを通るのかと思ったら、とんでもないところを通って行ったものだ。 確かに孵化してしまわない様に帰路は寒いところを通るのは分かるが、行きはシルクロードでいいじゃないかと思っていたら、そうかこの時代は日本にはないがヨーロッパには1832年にフランス、1835年にはドイツにも鉄道が敷かれ、更には馬車なるものが普通にあった訳だ。これならもしかしたらウラジオストク迄よりも、そこから先の方が時間が掛ったに違いない。 しかし、相変わらず酷い時代考証で、この時代...
利用価値のない日々の雑学| 2008/01/29 22:48
「シルク」の試写会に行って来ました。
アートの片隅で| 2008/01/27 21:56
  『シルク』   愛は運命に紡がれ、そして永遠となる   ■19世紀のフランス。戦争帰りの青年エルヴェは美しいエレーヌと結婚し、幸せの只中にいた。その頃、彼の住む村では製糸工場が稼働するが、やがて蚕の疫病が発生してしまう。そこでエルヴェは、世界で最も美
唐揚げ大好き!| 2008/01/27 05:43
主なキャストは、マイケル・ピット、 キーラ・ナイトレイ、 アルフレッド・モリナ。 マイケル・ピットは、 どこかで見た顔だと思っていたら 完全犯罪クラブの高校生でした。 大人になりました!! 日本からは役所広司、中谷美紀が出演。 坂本龍一が音楽を担当しています。 結構奥の深いストーリー。 西洋と東洋、男と女の出会いに 秘められた哀しくて切ない物語。   女性が水面から現れるシーン この場面に意味があります。   役所広司、中谷美紀、 重要な役割をなしています。 モノトーンのきび...
花ごよみ| 2008/01/26 20:29
原題:SILK まるで絹の糸のように、繊細で幻想的な、これは一人の男の内に秘めたる迷い悩み憧れ、そして知る・・ゆり(Lily)の花言葉は純潔、貞操、無邪気、処女性・・ 1860年代フランス、戦場から休暇で村に戻った若き兵士のエルヴェ(マイケル・ピット)を待っていたのは村
茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~| 2008/01/26 18:24
     ★★☆☆☆  蚕を捜しに日本に来たフランス人青年が日本娘に恋をする物語。 原題は「Silk」。  19世紀のフランス。Hervé Joncour (Michael Pitt )は Hélène(Keira Knightley)と幸せな新婚生活を送っていたが、 蚕を求めて日本へ旅立つ。 そこで美しい少女(芦名星)に出会い、 帰国してもその少女が忘れられなくなる。 そんなある日、日本語の恋文が届く。 Hervéは日本の少女が送ってきたのだと思い、 ますます少女への思いは募る。  やがて妻Hélène...
富久亭日乗| 2008/01/25 22:11
イマイチ主役に興味をそそられないが・・・まぁ〜観てみようかな【story】1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は、美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは、蚕業者の原(役所広司)が連れていた“絹”のように白い肌の少女(芦名星)と出会う。以来、エルヴェは少女が頭から離れなくなってしまう―     監督 : フランソワ・ジラール 『レッド・バイオリン』     &...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2008/01/23 18:22
海を越えてめぐり逢う、美しく官能に満ちた純愛。驚きの真実が語られる時、物語は涙の結末へ・・・愛は運命に紡がれ、そして永遠となる。 極東の地で、彼は何に出逢ったのか?・・・絹のように光る肌を持つ少女に魅せられた。 19世紀のフランス。若き軍人エルヴェ(マ...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ| 2008/01/22 15:57
絹ずれの 肌も触れなむ 吐息かな   原作のアレッサンドロ・バリッコの「絹」(白水社刊)は、世界的ベストセラー小説らしい。それを国際プロジェクトで映画化したのが本作。確かに、製作国がカナダ・フランス・イタリア・イギリス・日本となれば、国際プロジェクトと言え
空想俳人日記| 2008/01/22 06:39
■動機 5ヶ国共同制作映画に何故か入っている「芦名星」 ■感想 台詞ないし・・・ ■満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ■あらすじ 1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは蚕業者の原十兵衛(役所広司)が連れていた、“絹”のように白い肌の少女(芦名星)と出会う。以来、エルヴェは少女が頭から離れなくなってしまう。 ■コメント 要するに不倫映画だった訳だ。...
新!やさぐれ日記| 2008/01/21 21:29
試写会で観てきました。「シルク」公式サイトあらすじ:1860年代のフランス。蚕の疫病が発生したため、軍人のエルヴェ(マイケル・ピット)は美しい妻エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)を残して、日本へと旅立つ。幕末の日本に到着したエルヴェは蚕業者の原(役所広司)が連れてい...
かいコ。の気ままに生活| 2008/01/21 19:30
滑り落ちた余韻は,絹の肌触りのよう・・・。
Akira's VOICE| 2008/01/21 16:41
映画「シルク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、芦名星、中谷美紀、アルフレッド・モリナ、國村隼、マーク・レンドール、ケネス・ウェルシュ、本郷奏多、カラム・キース・レニー、他 *監督:..
映画レビュー トラックバックセンター| 2008/01/21 04:26
2007年度 日本・カナダ・イタリア作品 109分 アスミック・エース配給 原題:Silk STAFF 監督:フランソワ・ジラール 脚本:フランソワ・ジラール マイケル・ゴールディング 原作: アレッサンドロ・バリッコ 『絹』 CAST マイケル・ピット キーラ・ナイトレイ 役所広司 芦名星 中谷美紀 「あなたの幸せのためなら、ためらわずに私を忘れてください。私も未練を残さず、告げましょう。さようなら」 これ、女性なら覚えておきたいセリフだねー。言ってやりましょうよ、去っていく男に。クールに。サラ...
pure's movie review| 2008/01/20 21:50
 『愛は運命に紡がれ、そして永遠となる』  コチラの「シルク」は、アレッサンドロ・バリッコの叙事詩的小説「絹」を国際色豊かに映画化したPG-12指定のエピック・ラブ・ロマンで、1/19公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  昨日の「スウィーニー・トッド...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/01/20 19:24

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] GOAL! 2 | HOME | [Review] スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師>>
忍者ブログ[PR]