忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/26 10:55 |
[Review] シン・シティ
シン・シティ好き嫌いがはっきりと分かれる映画ですが、僕は好きです。
別にサイコさんとか、殺人快楽主義とかでは決してないのですが(そうだったら自分が困る……)、物語のテンポとしては終始同じなのに、全然飽きが着ませんでした。

3部作のオムニバス構成ですが、同じ街の中での出来事で、各話の登場人物が、間接的にではあるが関係していいます。
『シン・シティ』という名前のごとく、罪がいたるところに蔓延り、何が正義で何が悪なのか観る者にもその感覚を徐々に狂わせていく力があります。が、どの話にも必ず女性が登場し、合法であれ違法であれ、身を挺してでも女性を守ろうとする主人公の姿は正に圧巻。

内容が内容だけに、スカッとした感覚はどこにも無いのに、どこか引き込まれる力があります。
興奮剤のようなアップ系ではないけれど、だからといってダウン系の麻薬のような感覚でもない(何言ってるんだ……)。でも魅入ってしまうのは、独特の魔力を放っているんでしょうか。 Coolなんだけど『24』とは別の匂いがします。
これまた、他のアメコミとは別の路線で描かれていると思います。

この『内容が内容だけに』という意味ですが、それがそのまま『R-15』の意味でもあります。どこもかしこも死体死体死体。ご覧になられる方は、是非ご覚悟の上ご覧ください。
とはいっても、白黒を基調にした映画なので、そこまで身構える心配は無いと思います(これがフルカラーだったら間違いなく失神者続出だわ……)。

拍手

PR

2005/10/03 06:24 | Comments(0) | TrackBack(3) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
この街では、愛さえも闘い 【関連記事】 シン シティ(ブルース・ウィリス) 壁紙1 シン シティ(ジェシカ・アルバ) 壁紙2 シン シテ...
Addict allcinema おすすめ映画レビュー| 2009/10/24 13:39
女は、小刻みに体を震わせていた。足音を立てて近付く。女は一瞬、身をこわばらす。 「吸うかい?」 「ええ。あなたも退屈なの?」 「パーティーじゃなくて、君が目当てさ」 女は、タバコを口にくわえる。俺は、女のタバコに火を点ける。 「何を語っているの?」 女は、緩く微笑んだ。照れをごまかす笑いだ。俺は、女の心が揺れているのを、感じた。 「君は、妙に冷静だ。逃げるのをやめて、現実に立ち向かおうと決心している。でも、一人では、行きたくない」 俺は、女に静かに囁いた。女の息遣いと、同じリズムで。...
映画と写真のブログ| 2009/03/24 15:59
 『この街では、愛さえも闘い』  コチラの「シン・シティ」は、フランク・ミラー原作のコミックをロバート・ロドリゲス監督とフランク・ミラー自らが共同監督を務めたR-15指定のスタイリッシュなクライム・アクションです。  フランク・ミラーと言えば現在公開中の「3...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/02/19 20:05

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<苦しすぎる言い訳 | HOME | [Review] セブンソード>>
忍者ブログ[PR]