忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/11/20 14:43 |
[Review] コンスタンティン
コンスタンティン昨今、日本の映画がハリウッドに大変な好評を得ているのは周知の通り。
ハリウッド以外でも、ベルリン国際映画祭や、カンヌ国際映画祭などで、高い評価を得ており、日本映画のハリウッド・リメイクがここにきて数多くリリースされています。
『リング』 『呪怨』 『Shall we Dance ?』といった作品がそうですね。

今、ハリウッドでは、日本の映画や映像手法といったものを、広く取り入れようという運動が盛んに行われているのでしょうか?
だって、今回観た『コンスタンティン』は、まさしく、


ハリウッド版 『陰陽師』


なのですから。
特に内容についての詳細な感想を書くまでも無く、この一言で、大体どんな映画かが分かってしまう、そんなストーリーです。

あ、『陰陽師』知らない人もいらっしゃるのか。
要は、超人的能力の持ち主が、悪霊もしくはそれに悪の心を引き起こした人(=悪人)と戦う映画。サイキック・エンターテイメントとしては、正に王道というか定番というかベタ

では何故そんな映画を観続けるのかというと、好きなんですよそういう微妙な構成のB級映画が。
さらにサイキック大好き人間なので、どことなく触発されて仕方ないのです。
ちょっと道を外れた映画観を持っているのです。


というわけで。
そんな感じ↑の映画でした(全然まとまり無い……)。

拍手

PR

2005/05/05 16:05 | Comments(0) | TrackBack(2) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
「コンスタンティン」 感想 主人公ジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーヴス)は本来人の見ることができないものを見ることができ人...
むーびーふぁんたすてぃっく| 2009/12/06 21:36
 『天国と地獄のエージェント あなたはその戦いを、知らない方がいい』  コチラの「コンスタンティン」は、コレもアメコミもんで、スーパーマンやバットマンのDCコミックの大人向けレーベルである「ヴァーティゴ」の「ヘルブレイザー」の実写映画化で、キアヌ・リーヴ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/09/05 20:32

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<真実の行方 | HOME | [Event] 愛・地球博>>
忍者ブログ[PR]