忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/21 17:45 |
[Review] グリーンマイル

グリーンマイル何で。

何でこんなことに。

助けようとしたのに、何でこんなことに。

助けられなかったから? いや、違う。こんな『力』を、持っていたから。

自分が生来持っている『力』が、全ての災いの原因となる。

でも、それでも。

信じてくれる人もいる。

 



「性悪」な人間の描き方にはちょっとひいてしまった面もあったけど、「人間の善と悪の対比」をはっきり描く上では、ある意味よかったのかもしれません。
やはりこれも、映画館で観たかった……と口惜しく思う作品です。


「正義の役職に勤めているからといって、善人だとは限らない」 「死刑囚だからといって、悪人だとは限らない」
立場は違えど、赤い血の通っている、同じ人間。外見や報道だけでその人の「全て」を計れるものではない。
前に見た漫画『死刑囚042』とは、展開は違えど、同じ感覚を覚えます。

正直、その人自身の「本当の行方」は、どんなに深く付き合っていたとしても、多分分からないのでしょう。
それは、人間が神になれない「人間であるが故の限界」を如実に表しています。


「善と悪」「罪と罰」が恐ろしいまでに交錯する、人間の本質とは何かを深く考えさせられる長編大作です。

拍手

PR

2005/07/18 16:15 | Comments(0) | TrackBack(1) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
大恐慌時代の1935年。ポールはジョージア州にある刑務所の、死刑囚舎房の看守主任。同僚と共に”グリーンマイル”と呼ばれる通路に続く電気椅子で、受刑者を心安らかに死なせてやるのが最大の勤めだった。ある日、双子の少女を惨殺した罪で、大男の黒人コーフィーが送られて....
スーパーヅカン| 2006/09/26 00:25

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<声の特徴 | HOME | [Review] マイ・ボディガード>>
忍者ブログ[PR]