忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/24 05:45 |
[Review] イーオン・フラックス
イーオン・フラックスこの映画のプレ・ヴィジョンを観ても、あまり詳しい説明はないし、未来を描いた映画に良くある、「単なる『完璧に統制された社会』と『それに立ち向かう反抗勢力』を描いた映画なんだろう」とたかをくくっていましたが…


見事にやられたよぅ ママン…… orz


物語の大まかな道筋は、間違いなく「『完璧に統制された社会』と『それに立ち向かう反抗勢力』を描いた映画」です。代表作としては、『マイノリティ・リポート』、『アイ・ロボット』、『アイランド』がそうですね。
これらはそれぞれ、『犯罪予知システム』、『ロボット』、『クローン』を主軸に、鬱陶しいくらいの管理社会が描かれていますが、この『イーオン・フラックス』は、どちらかというと『マイノリティ・リポート』に良く似ています。また、物語の展開の仕方やアプローチの仕方も『マイノリティ・リポート』に似ていると思います。

ただ、大きく違うのは、『マイノリティ・リポート』はミステリー映画で、『犯罪予知システム』という主軸を大きく変えずに真相が明らかになる映画に対し、『イーオン・フラックス』は、ミステリー映画ではないので、黒幕が最初から分かっているものの、『主軸』となるものが後半になって徐々に明らかになっていき、最終的に収束する、というものです。
そういう意味もあってなのか、序盤の段階ではあまりよく物語の展開が良く見えず、また、人物の相関関係もあまりよく分からなかったのですが、中盤から後半にかけて、話の道筋が一気に『一つの点』へと導かれた時は、それこそ『マイノリティ・リポート』以来の感激を味わいました。

なるほど、それなら、プリ・ヴィジョンで『ハウルの動く城』ばりにほとんど情報を出さなかったことも頷けます。最初は「大丈夫かこの映画?」と思ってました。アカデミー主演女優賞のシャーリーズ・セロンが主役なだけに。


それにしても、シャーリーズ・セロンの身体の柔らかいこと柔らかいこと。
昔、バレエをしていたそうですが、それでもあそこまでの柔らかさは無いだろう、って感じでした。むしろ中国雑技団? サーカスのコントーションとか。

また、この映画で難(難というほどのものではありませんが…)を言えば、『全身武器』と銘打っているのに、あまりそういう感じがしないこと。
拳銃と格闘と、隠し武器で戦っているのですが、もちょっと『全身武器』っぽくてもいいのでは。例えば、髪の毛に特製の薬をまぶすと、針のような武器になるとか。
……って、それは妄想のしすぎか。(汗)


この映画のセットや小物で、ちらちらとですが日本形式のものが出ているのはちょっと感激しました(パンフレットを見ると、正確には違うようですが…)。
通行人がさしている傘だったり、主人公イーオンが侵入した黒幕の部屋だったり、主人公の妹の住まいだったり、桜が咲き乱れる公園だったり。
この映画の元は、どうやらアメリカのアニメらしいので、もしかしたら、そこで描写されている背景が、そういう日本テイストのものがあったのかもしれません。一面無機質な灰色を彷彿させる未来社会のセットなだけに、時折出てくる日本テイストのセットは、観ていてちょっと嬉しかったです。

拍手

PR

2006/03/11 23:08 | Comments(0) | TrackBack(5) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
作品情報 タイトル:イーオン・フラックス 制作:2005年・アメリカ 監督:カリン・クサマ 出演:シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカス、ジョニー・リー・ミラー、ソフィー・オコネドー、アメリア・ワーナー、フランシス・マクドーマンド あらすじ:ウイルスにより人類の98%が死滅した西暦2015年。人類は科学者トレバー・グッドチャイルド(マートン・ソーカス)の圧政に怯えながら暮らしていた。グッドチャイルドの暗殺を企てる反政府組織の戦士イーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)は、妹が政府によって殺されたこと...
★★むらの映画鑑賞メモ★★| 2010/08/18 12:38
 『イーオン、君に泣いているヒマはない。』  既に「モンスター」でオスカーをゲットしているし、「スタンドアップ」でも主演女優賞にノミネートされているシャーリーズ・セロン主演。同じく助演女優賞にノミネートされているフランシス・マクドーマンドも出演している....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/01/22 21:06
年末だし、スカッと頭を使わずに楽しめる映画が観たいですねー。 と、借りてきたDVDがこれ。 どうでしょう? 新種の疫病で人類のほとんどが死滅した未来の地球。 天才科学者トレバー・グッドチャイルド開発のワクチンでわずかに生き残った人類は、 ブレーニャと呼ばれる人
映画、言いたい放題!| 2006/12/30 17:33
イーオン・フラックス 2005年   カリン・クサマ 監督シャーリーズ・セロン , マートン・ソーカス , ジョニー・リー・ミラー , ソフィー・オコネドー Man Is Mortal ,,, まだかまだかと公開を待っていたのです。早く来ないかなぁ、、まだかなぁ、、、まだかまだか....
猫姫じゃ| 2006/10/23 12:44
3点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) え~っと・・・ ワタクシ、トレッキー&トレッカーで『スター・ウォーズ』シリーズも何度観た か分からないくらいにSFは好きなのですが、どーも近未来SFは合わない事が 多いんですよね~。 そんな事もあってか、この作品も思っていた以上に・・・ 正直、観終わった瞬間(最中も?)、黒尽くめな格好してモジャモジャなヅラ 被って、「何じゃこりゃ!?」と叫びたい気分になりました。 取り敢えずですねぇ、どこで楽しませたいのか、この作品の幹となる部分が ...
ぶっちゃけ…独り言?| 2006/08/23 03:36

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] 県庁の星 | HOME | [Review] Mr.インクレディブル>>
忍者ブログ[PR]