忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/21 15:45 |
[Review] 県庁の星
県庁の星県庁勤めの父曰く、「あり得ない展開だっ!」と… (汗

これは観る人に分かり易く作っているから、でもあると思いますが、それにしても、公務員の『負』の側面が割と大袈裟に表現されているような気がします(ちなみに父の県庁勤務時代の職歴として、内部監査室があり、県庁の内部の動きを見ていたので、多分こういう意見が出ていたと思うのですが……)。
まぁ、もちろん県庁は題材であるに過ぎず、立場の違う人が出会ってからの、「何かを変えていくことは、人の意識こそが最も重要である」ということが目的の映画です。

そういう意味で、コメディ一辺倒の映画かと思いましたが、人の意識が文字通り『改革』し、されていく様子は感動しました。
最後が大団円でなかったことが、個人的にはちょっと納得いきませんが。
でも、それは制作者側の意図なのかもしれませんね。大団円になることこそが、こういうジャンルの映画の王道的な終わりなのですが、そうではない、本当の大団円のラストを描くなら、これからだ、というのが、制作者側の意図だと思います。

行政改革も、経営改革も、何かを成し遂げたらそれが終わりではない。
成し遂げた後から、本当の始まりである。
エリートがちがちの県庁君も、その場凌ぎで逃げてばかりのパートさんも、「そこから」始まっていくんでしょうね。


もう一つのメッセージとすれば、本当に『改革』すべきところは、どんなに小さくても、目の前にある問題である、ということ。そして、その小さな問題を解決できなければ、これから先、大きな問題を解決する事なんてできない、ということ。
もちろん、大きな問題は大事じゃないし後回し、というわけではありませんが、大きな槍応えのある問題ばかり目を向けて、小さな問題に背を向けていれば、それが積もり積もれば大きなしっぺ返しを喰らうことになる。それは、県庁やスーパーだけでなく、どこの世界も同じだと思います。
もちろん、僕も日常の仕事で、それに悩み、叱咤激励を受けて解決していっていますが。

大袈裟ですが、「よし、明日からまた仕事頑張るぞ!」という気にさせられる映画です。
数年前までは、邦画は殆ど見なかったんですよ。
何でだろう? 自分と同じ国の人間で、且つ自分の生きる時代だからこそ、何となく自分をそのまま反映してて、自分が叱責させられているようで、自分が罵倒させられているようで、見向きできなかったからなのかな?
変な例えですが、そういう気分にさせられることが少なからずあります。

でも、最近は結構観るようになりました。
もちろん、ハリウッドをはじめとして邦画が注目されていたり、徐々に日本人俳優の活躍や映画の作りが素晴らしくなっていることもありますが。
何より、「目をそむけずにいよう」という、自分の意識の改革からなんでしょうかね。

映画の世界なんだから「もちろんこれは他人事」という気持ちもなきにしもあらず、ですが。

拍手

PR

2006/03/12 12:37 | Comments(0) | TrackBack(7) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
2006年:日本 原作:桂望実 監督:西谷弘 出演:織田裕二、ベンガル、井川比佐志、奥貫薫、柴咲コウ、石坂浩二、矢島健一、益岡徹、佐々木蔵之介、山口紗弥加、酒井和歌子、紺野まひる、和田聰宏 県庁のキャリア公務員、野村聡は、プライドが高く極端な上昇志向を持....
mama| 2008/08/03 02:57
 『カイカクするのは、ココロです★』  ってなワケで公開2日目のコチラの映画を観てきましたぁ〜♪「THE 有頂天ホテル」の混雑ぶりを目の当たりにしちゃっていたので、朝イチに行ったのですが、割と楽〜に入れてのんびりと観る事が出来ちゃいましたぁ(´▽`) ホッ  ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/01/21 21:31
県庁の星 とクリスチャン織田裕二土曜日に“県庁の星”という邦画が放映された 感のいい方は分かるだろうが舞台の一つになるスーパーは 伊丹十三監督の“スーパーの女”が下書きとなっている“スーパーの女”は伊丹監督の遺作となった作品だが 大手スーパー進出に潰れ...
Cigarの見る風景| 2007/06/13 12:50
「県庁の星」です。 順風満帆の人生を歩むキャリア公務員・野村聡。ある日、人事交流研修のために三流スーパー「満天堂」へと
○o。1日いっぽん映画三昧。o ○| 2007/06/04 11:35
全くの余談ですが 私、福祉の大学行ってたんですよ。 予告とかで「民間、民間」というのが何だか耳に懐かしくて。(笑) DVDで鑑賞。 とある県庁のエリート公務員・野村は 200億円をかけたプロジェクトを踏み台にキャリアの躍進を狙っている。 「県と民間の交流」をプロジ
映画、言いたい放題!| 2007/01/17 02:11
監督:西谷弘 出演:織田裕二、柴咲コウ、井川比佐志、益岡徹、酒井和歌子、石坂浩二 評価:70点 公式サイト (ネタバレあります) 県庁の職員にあれだけのエリート意識があるのかと疑問に思ったが、最近の不祥事をいろいろと見ていると、映画の...
デコ親父はいつも減量中| 2006/12/04 00:24
県庁の星 2006年   西谷弘 監督織田裕二 、柴咲コウ 、石坂浩二 、酒井和歌子 、佐々木蔵之介 、和田聰宏 この監督って、TVドラマ作ってきた人なのね。 で、映画デビュー作。 いぁ、面白かったです。 古典的ストーリーなんだケド、題材が今風。 警察を改革する...
猫姫じゃ| 2006/11/27 13:01

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<アルゴリズム体操 | HOME | [Review] イーオン・フラックス>>
忍者ブログ[PR]