忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/20 20:44 |
[Review] アンジェラ

アンジェラQ. 誰かを愛するために、必要なこと、大事なことは何ですか?


A. 自分自身を好きになること。
  自分を愛せないのに、どうやって人を愛することができる?
  自分が愛せないものを、どうやって人は愛することが
  
できる?


簡単なようでいて、実はとても難しい。「自分を愛すること」。
ナルシストとは全く違う、ありのままの自分を受け入れ、ありのままの自分を表し、ありのままの自分を労わること。
一番身近にいるのに、一番遠くに見える人間・『自分』。もしかしたら、永遠に見えないのかもしれない。「こうありたい自分」「こうあるべき自分」のオブラートに隠されて。


でも、ありのままの自分を見つめるために、後押ししてくれる人がいたら?
「自信を持って」と頭ごなしに言われるより、「あなたは素晴らしい」と、ありのままを受け入れて言ってくれる人がいたら?


こんなどうしようもない自分でも、自分を受け入れてくれる、真実の自分を見つめてくれる人が傍らにいれば、僕だったら、多分泣くだろう。
「僕のことを、本当に分かってくれる人がいたんだ」と。「ありのままの僕でいいんだ」と。


それに気づかせてくれる人こそ、人生の『天使』なのかもしれない。

 


 


全編がモノクロのパリの街の一角で起きた、決して壮大ではないけれど、「人が人として生きるうえで、本当に大切なものは何か」ということを問いかけ、受け入れる映画です。

眼で見えることしか真実として受け入れない、目先のことしか考えない、まるで自分は世界で最も不幸な人間だと思えて仕方が無い方に、是非観ていただきたいと思います。

真実は、決して眼に見えるものだけとは限らない。
美しいパリの街をモノクロで撮影したのは、単にパリがモノクロの方がずっと映える、というだけでなく、「真実を見て欲しい。もっと眼を凝らして、もっと視野を広げて見て欲しい」というメッセージが込められているのではないのでしょうか。「世界は美しい」「でもその美しさは、観る人それぞれ」。多分、観る人にとってこの映画の『色』は、観る人の分だけあるのでしょうから。

同じように、もっと自分を見つめて欲しい。
変に色に塗りたくられた自分ではなく、ありのままの『自分』という色に染められた『自分』を。難しいことだけれど、でも、「あなたなら出来る」。


27歳の誕生日を迎え、未だ成長できていない自分だけど、一歩踏み出すことが出来るのは、この世でたった一人、『自分』しかいない。
リュック・ベッソン監督の最新作は、まるで他人事とは思えない自分にとって、何物にも変えがたい珠玉の映画だと思います。

しかし、意外にも笑いの要素をしっかりと抑えているのは、さすがかな、と。
『自己』を改めて見つめさせ、心に響く映画でありながらも、コロッとコメディ路線に方向転換して、クスッと笑わせてくれました。

しかもその笑いの要素があまりにも意外性があって、本当に面白かったです。

拍手

PR

2006/05/15 23:28 | Comments(0) | TrackBack(3) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
「ニキータ」や「レオン」などの作品で知られるフランスの鬼才、リュック・ベッソン監督が2005年にパリを舞台にして撮った哲学的ドラマ「アンジェラ」(仏、90分、モノクロ、06年5月初公開)。本作は、ベッソン監督が前作から6年ぶりに演出を手がけ、彼の10本目の作品となった。ベッソンは、「レオン」でナタリー・ポートマンを、「フィフス・エレメント」でミラ・ジョヴォヴィッチなど有能な新人女優を発掘することで有名。本作でも、デンマーク出身のモデルで長身(180㌢)の美人女優、リー・ラスムッセンを天使役...
シネマ・ワンダーランド| 2008/10/21 21:42
 『泣き虫で凶暴 出逢うはずはなかった 君は天使』  5/13に公開になったコチラの「アンジェラ」は、リュック・ベッソンが「ジャンヌ・ダルク」以来6年ぶりに監督した映画なんですよねぇ〜。しかも、10年前に既にこの映画の構想は考えられていたそうで、リュック・ベッ...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2007/12/18 23:33
人生でたった一度だけのラブ・ストーリー 泣き虫で凶暴 出逢うはずはなかった 君は天使─。
映画・DVD blog| 2006/11/03 07:07

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] グッドナイト&グッドラック | HOME | [Review] ナイロビの蜂>>
忍者ブログ[PR]