忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/04/30 21:42 |
[Review] アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランドティム・バートンが演出する『不思議の国のアリス』の世界だから、どれくらいギトギトグロテスクな世界が繰り広げられるんだろうと、ワクワクしながら観に行きましたが、

ちょっとパンチ力が足りないように思いました。

やはりこの不景気の荒波の真っただ中。多少なりとも商業主義的な要素を取り入れざるを得なかったのでしょうか。いや、だからこそ、これまでのティム・バートンらしい、あまりにもコアすぎる演出を取り入れた方が、かえって良かったのかも、と思ってしまうのです。

だって。
ティム・バートン作品のファンのマジョリティって、大体のところ、過激なくらいのグロテスク・パンキッシュ大好き人間じゃなんでしょうか? (偏見・差別意見を敢えて覚悟で言ってしまいました)



それはさておき。

ルイス・キャロルの児童文学『不思議の国のアリス』の主人公であるアリスは、大体10歳くらいの、想像力豊かな女の子。自分の空想の世界を広げ、そこで色々な不思議な体験をする。まさに、『永遠の少女』のシンボル的存在。
でも、この作品に登場するアリスは、そろそろ嫁ぐことや将来のことを考えなければならない19歳。空想の世界だけに生きることはできなくなり、否応無く、辛辣で厳しい現実の世界を目の当たりにする。かつて、自分がワンダーランドで不思議な体験をしたことなど、忘却の彼方にしてしまうほどに。

そんな、子供と大人の境目にいる彼女が、再びワンダーランドにやってくる。
ワンダーランドで彼女を待っていたのは、これまでその世界を築き上げてきた、不思議で変な登場人物たち(一部人じゃないのもいます)。
そこで彼女が学んだこと。このワンダーランドは面白い。でも、ずっと居られるわけじゃない。いつか、別れを告げなければならない。それは、自分が大人になればなるほど、現実を直視すればするほどに。
ワンダーランドの住人は、たとえこれから先、何年・何十年経っても、決して変わることなく、その世界に訪れた者を、呆れるくらい面白いやり方で迎え入れてくれるだろう。でも、その世界だって、決して綺麗事だけで全てが成り立っているわけじゃない。そう考えられるようになったのは、それだけ、自分が大人になったから。


『不思議の国のアリス』は、これまでにも幾度と映画化されてきましたが、この作品は、これまでとは似ても似つかない、全くのオリジナルと言ってもいいくらいの、風変りな作品です。

拍手

PR

2010/05/08 23:44 | Comments(0) | TrackBack(13) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
『 アリス・イン・ワンダーランド 』 (2010) 監  督 :ティム・バートンキャスト :ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、 アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー...
さも観たかのような映画レビュー| 2011/02/23 02:58
あらすじ19歳のアリス・キングスレーは、ある日チョッキを着た不思議な白うさぎを追いかけているうちに誤ってうさぎの穴に落ちてしまう。その地下に広がっていたのは、アンダーラ...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...| 2010/12/04 20:09
まずは近況報告から… 昨日、2010年9月11日(土曜日)は夜勤明けで朝7時頃に寝たにも関わらず、何故か午前中に起床。 で、午後からは娘のリクエストでイオン八幡東ショッピングセンターに行く事に。 私としては特に目的も無...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画| 2010/11/23 22:22
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワードアリス・イン・ワンダーランド(原題:Alice in Wonderland)キャッチコピー:世界はもう、マトモではいられない…。製作国:アメリ....
映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評| 2010/08/21 22:34
作品情報 タイトル:アリス・イン・ワンダーランド 制作:2010年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか あらすじ:不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母親に勧められ富豪たちが集まる席で婚約を発表することになっていたが、彼女は自分にはまだ早すぎると半ば困惑していた。そんな時彼女の前に白ウサギが現れ、彼を追いかけ穴に落ちた彼女は再び不思議の世界へ飛び込むことになる。しかし、そこは赤の女王に支配された世...
★★むらの映画鑑賞メモ★★| 2010/08/03 17:59
 意外や、面白い映画だった。  なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら...
映画のブログ| 2010/07/10 07:53
21世紀には「不思議の国のアリス」はこうなった。以下ネタバレあります。 不思議体
オヨメ千感ヤマト| 2010/06/04 08:53
 好きな人はもう何度も観たというアリス・イン・ワンダーランド。ようやく観てきました。今回は3Dじゃなくてもいいかなぁと、2D字幕版です。
よしなしごと| 2010/05/30 13:05
何かとタイミングが合わず観あぐねていましたが、やっと観てきました。 大好きな監督
はらやんの映画徒然草| 2010/05/25 22:14
ティム・バートン&ジョニー・デップ 最高っっ ティム・バートンの 世界観が好きな方には めっちゃお勧めな 作品しかも 3Dで観るに限るじぇ ワタクシ すっかりめっきりワ...
HAPPYMANIA| 2010/05/25 03:52
 「もはやジョニーじゃないっ」初めてジョニーがマッドハッターの扮装をしている写真を見た時に叫んだ私。だけど、映画はと〜〜〜っても楽しみにしていましたティム・バートン監督のアリスの世界ってどんなだろう?って思って。まず公開初日に一人で2Dでじっくり観て、それから家族でゆっくり3Dを観よう―なんて計画してワクワクしていました―【story】19才のアリス(ミア・ワシコウスカ)は、うさぎの穴からアンダーランドと呼ばれる不思議の国(ワンダーランド)に迷い込んでしまう。この世界の住人たちは、皆アリスを知っていた。ア...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2010/05/24 14:02
監督、ティム=バートン。脚本、リンダ=ウールヴァートン。原作、ルイス=キャロル『
erabu| 2010/05/23 21:48
 『アリス、戦う─ワンダーランドの運命を賭けて。』  コチラの「アリス・イン・ワンダーランド」は、ルイス・キャロルの「不思議な国のアリス」と「鏡の国のアリス」をベースに、その後のアリス(ミア・ワシコウスカ)の冒険を描いた4/17公開のアドベンチャー・ファンタ....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2010/05/19 05:43

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] インセプション | HOME | [Review] タイタンの戦い>>
忍者ブログ[PR]