忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/20 20:43 |
[Review] アメリカン・ギャングスター
アメリカン・ギャングスター1970年代初期のニューヨーク。時代はベトナム戦争、貿易摩擦の真っ只中。政治、経済、軍事、第二次世界大戦が終結して既に20年以上経過しているのに、人間はちっとも進歩していない、そう思えてしまう時代。
人間は進歩していない、そう思える象徴が、ニューヨーク市ハーレム界隈で蔓延していた。それは『麻薬』。アップ系からダウン系まで、多種の麻薬が街を支配し、人の心を支配し、そして人の身体を腐食させる。麻薬の虜になったのは、何もマフィアやギャングだけではない。政治家や芸能人、検察官や、事もあろうか警察官に至るまで、麻薬の持つ『魔力』は、確実に人の心に浸透する。
その麻薬を牛耳る事が出来る者こそ、街のトップをその手に掴むことが出来る。

その『トップ』を潰す事。それは、街を、人を蝕む麻薬を根絶やしにするための手段。
『トップ』に躍り出た者は、『トップ』でありつづけなければならず、しかもそれが『麻薬』という禁断のビジネスであればあるほど、決して尻尾を掴ませてはいけない。『木を隠すには森の中』。まる自分自身も一般市民の一人であるかのように振舞う。『トップ』を潰したい刑事としては、砂漠の中から目的の砂粒を見つけ出すのも同然の事。それでも諦めず、粘り強く捜査を続けるのは、誘惑に負けない己の確固たる信念があるがため。


この作品は、主人公と脇役とで、くっきりと分かれているものがある。
それは、強固な意志を持っているか、そうでないか。自らの信念を持ち、地にしっかりを足をつけているか、意思を持たずに翻弄されるか、あるいは付き従うだけなのか。

強固な意志を持っている人物と言えば、何と言っても主人公の二人である。フランク・ルーカスを演じるデンゼル・ワシントンと、リッチー・ロバーツを演じるラッセル・クロウ。
この作品の、というより、この時代に生きるほとんどの人々は、世界の展開がこれまで以上に速いため、もはや翻弄されるというより、思考することを止めてしまった人が多いように感じる。だから、自分が生きることに精一杯で、もしくは人に付き従うことで何とか生きることができる、というように見える。それは、今の世の中にも通じるところがある。
そんな中でも、しっかりと自分を持ち、地に足をつけて自分の信念を邁進している彼らは、脇役に比べ、非常にくっきりとしているのだ。善か悪かは、彼らの行動と思考の結果に過ぎない。共通しているのは、強固な『意思』。だからこそ、たとえ身内であれ、成すがままに生きる他の人と行動を共にするのは「危うい」と思ったのかもしれない。あまりにも油断が多く、危険だから。別の意味で言うと、頑固すぎて自分の意思にそぐわないものは排除しがちである、というふうにも見受けられるが。

どちらかに偏っているのではなく、両雄がほぼ同じく立ち並ぶように撮影されているから、お互いの距離が近くなればなるほど、その白熱振りは増していくのだろう。
如何にして証拠を残さず、裏社会で暗躍していくか。
如何にして証拠を掴み、裁きの場に引きずり出すか。


前述でも申し上げたが、この作品が今の世の中にも通じるのは、何も『考えることを失った翻弄される人間』のことだけではない。世の中に存在するあるとあらゆる『流れ』を一切無視した秩序作りは、やがて歪みしか生まなくなる、ということだ。
その歪みによって、多くの悲しみ、苦しむ人がいることも事実だし、多くの敵を作ることも事実。
しかしその一方で、『流れ』を無視しなければ作り出せない価値がある場合もあることもまた事実。
強固な『意思』を持つ男達の、食うか食われるかの戦いを描いている傍らで、複雑化が一層激しさを増す今の世の中の、住みにくさ、心地悪さをも表現されている作品であると思う。

拍手

PR

2008/02/02 22:04 | Comments(0) | TrackBack(25) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!
Addict allcinema 映画レビュー| 2009/07/06 12:25
あらすじ1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/03/17 20:28
「エイリアン」や「ブレードランナー」などの作品で知られる英国出身の米監督、リドリー・スコットが2007年、実話をもとに映画化したクライム・サスペンス「アメリカン・ギャングスター」(米、157分)。卓越したビジネス・センスを武器に麻薬王に這い上がった黒人男と、それを追う刑事との闘いといった構図だ。1960年代後半から、70年代前半のベトナム戦争の影を引きずった米国社会を背景に、疲弊した国にはびこる麻薬汚染を本作では指弾している。ギャング社会を描いた映画といえば、フランシス・F・コッポラの「ゴ...
シネマ・ワンダーランド| 2008/09/10 02:16
【アメリカン・ギャングスター(2008) 】2008年2月1日(土)公開 ...
MoonDreamWorks★Fc2| 2008/03/21 23:45
18.アメリカン・ギャングスター■原題:AmericanGangster■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:157分■日本語字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月10日、渋東シネタワー(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:リドリー・スコット□脚本・製...
KINTYRE’SDIARY| 2008/03/19 21:39
 ラッセル・クロウデンゼル・ワシントン   2月12日、東宝シネマズ二条にて鑑賞濃いお二人が熱く共演?結構面白い作品でしたね。   暗黒街のカリスマ、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)と正義をつらぬく刑事、リッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)の闘い監督はあのリドリー・スコット監督です。何と現在70歳だそうで・・・・。こんなパワフル作品を手がけられるとは監督自身もきっと凄い力の持ち主なんでしょうね。    マーティン・スコセッシュ監督のような模倣映画は撮り...
銅版画制作の日々| 2008/03/07 00:58
ずっと観たかったのですが…抜け駆けすると相方の怒りをかうのでガマンしていました。
My Favorite Things| 2008/03/04 23:03
タイトルに何故「アメリカン」とついているのでしょうか? イタリアン・マフィアから
はらやんの映画徒然草| 2008/02/24 13:03
 成功して敵を作るか。 失敗して友を作るか。 1968年〜アメリカ:ベトナム戦争終結までの、麻薬取引の物語である。 黒人ギャングのボス:パンピーが心臓発作で急死した。彼の運転手として、15年間仕えていた、フランクは、東南アジアから、純度の高い麻薬を直接買い付...
江戸川心歩・傑作娯楽小説全集| 2008/02/19 22:44
『アメリカン・ギャングスター』を観ました。1970年代のニューヨークを主な舞台に、独自の麻薬ビジネスで暗黒街に台頭していく男と、警官としての誠実
おきらく楽天 映画生活| 2008/02/17 22:11
人気ブログランキングの順位は? ニューヨーク 1968 2人の闘いが始まる 暗黒外のカリスマ 正義の刑事 獣道を行く男たちの容赦なき闘いの物語 実話に基づく物語
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/02/17 13:45
満 足 度:★★★★★★★★★ (★×10=満点)  監  督:リドリー・スコット キャスト:デンゼル・ワシントン       ラッセル・クロウ       キウェテル・イジョフォー       キューバ・グッディング・Jr     
★試写会中毒★| 2008/02/14 14:21
「アメリカン・ギャングスター」★★★★☆オススメ デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演 リドリー・スコット監督 映画らしい骨太の映画だ、 公開したばかりだというのに、 淋しい観客席、 ロマンスもなければ、輝く希望もない、 ごまかしの予告も作...
soramove| 2008/02/14 08:17
公開日 2008/2/1監督:リドリー・スコット 「グラディエーター」出演:デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/ジョシュ・ブローリン/アーマンド・アサンテ 他【あらすじ】1970年代の初頭、ニューヨークのハーレムを仕切るギャングのボスに仕えてきた運転手・フランク...
Good job M| 2008/02/13 11:49
 アメリカ  サスペンス&犯罪&ドラマ  監督:リドリー・スコット  出演:デンゼル・ワシントン      ラッセル・クロウ      キウェテル・イジョフォー      キューバ・グッディング・Jr 【物語】 1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バン....
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽| 2008/02/11 11:53
≪ストーリー≫ 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組織の中で正義を貫こうとする刑事リッチー・ロバーツは新設された麻薬捜査チームのリーダーに任命され、ドラッグ市場を牛耳る謎の人物に迫って行くのだった。(goo映画より) 主演二人の演技が素晴らしかった。 長尺の映画だけれども、きめ細かな演出で...
ナマケモノの穴| 2008/02/10 19:52
(C) 2007 Universal Studios. 『アメリカン・ギャングスター』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1968年、ニューヨーク。黒人ギャングのボス、バンピーが急死。右腕として仕えてきたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン?)は彼の亡き後、ボスの
映画と秋葉原と日記| 2008/02/07 22:27
「アメリカン・ギャングスター」を観てきました〜♪ 1970年、黒人ギャングのボス、バンピーの右腕として暗躍していたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシトン)は、ボスの死後その座を引き継ぐ。フランクは独自のルートを開発し、タイの奥地から純度100&ヘロインを輸入し、当確を表す・・・警官の汚職がまかり通っていたこの時代、マフィアからの賄賂を一切拒否し、仕事を干されていたリッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)は、エセックス郡の麻薬取締特別チームのチーフにスカウトされる・・・ 人気Blogランキ...
観たよ〜ん〜| 2008/02/07 20:43
□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・ギャングスター」□監督 リドリー・スコット □脚本 スティーヴン・ザイリアン □キャスト デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、キューバ・グッディング・Jr、ジョシュ・ブローリン、キウェテル・イジョフォー、アーマンド・アサンテ、テッド・レヴィン、RZA、ジョン・オーティス、ライマリ・ナダル、ルビー・ディー■鑑賞日 2月3日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> またひとつ骨太な映画に出会えた。 決して派手さはない。 最...
京の昼寝〜♪| 2008/02/07 12:13
長い上映時間ですが、人物説明をきっちりやってくれるので、置いていかれることなく、最後まで楽しく観られました。 フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)が青年実業家のようなピシッとした身なりで、独自のアイデアでのし上がっていくところは、とてもカッコイイです。冷血なところもあるのですが、危機を乗り切っていくところがいいですねぇ。 派手な服は目立つから着るな、と弟に常々言っていたのに、彼女からのプレゼントの豪華な毛皮を着てしまう優しさ。でも、それが命取りになりそうなことで、燃やしてしまうのです。でも怒...
まぁず、なにやってんだか| 2008/02/06 22:27
1970年代のNY。ギャングの運転手だったフランクは、ボスの死後、ベトナムからの
映画細胞~CinemaCell| 2008/02/06 11:36
悪い事をすると必ず捕まります。
Akira's VOICE| 2008/02/05 11:04
1960年代末期から1970年代前半に掛けて、ニューヨークの麻薬ビジネスを仕切った一人の黒人マフィアに関する話。実話である。 デンゼル・ワシントンの”悪役”姿が珍しいです。”悪役”と言っても、大物ギャングなので、”やり手の実業家”と言う見た目ですが、人殺しも躊躇せず実行すると言う冷酷な一面も見せています。逆に、ああ言うことを実行できるから、裏世界でのし上がれるのだと思います。対する刑事役は、ラッセル・クロウ。こう言う物語の刑事にありがちな、家庭生活は崩壊している刑事です。賄賂や脅しにも怯まない、骨のある...
勝手に映画評| 2008/02/03 16:26
デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウの競演だから楽しみにしていた―【story】1970年代の初頭のニューヨーク。誰かに使われる人生から抜け出そうと誓い、麻薬の新しいビジネス・モデルを築きあげることで暗黒街のアメリカン・ドリームを達成していくフランク(デンゼル・ワシントン)。腐敗が蔓延る警察内で、自分だけは腐ったリンゴになるまいと踏ん張り、麻薬ルートの解明や巨悪に立ち向かっていくリッチー(ラッセル・クロウ)。絶対に譲れないスタイルと持った男と男の一騎打ちが始まる―    監督 : リドリー・スコット 『...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2008/02/03 10:18
 『けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!』  コチラの「アメリカン・ギャングスター」は、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演、リドリー・スコット監督の2/1公開となったR-15指定のノンフィクション・クライム・ムービーなのですが、早速観て来...
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/02/03 02:08

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[東京] 白銀の中で春を待つ | HOME | [Review] セブン>>
忍者ブログ[PR]