忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/28 21:25 |
[Review] おくりびと
おくりびと納棺師。遺体を棺に納める人。またその職業。

人の世には様々な出会いと別れがある。どんなに親しい人と出会っても、ずっと傍にいたいと思う人でも、必ず別れる時は来る。たとえ連絡が取りづらくなっても、会いたいと思ってもなかなか会えなくても、この地球上に生きて元気にしているのが分かれば、それだけでも、掛け替えの無い繋がりがあると感じることがある。
でも、人の『死』だけは、どうしようもない。あがらうことも出来ない。会いたいと思っても、もう二度と会うことが出来ない。その声を聞くことも、その温もりに触れることさえも。
だからこそ、綺麗にして送りたい。『死』は確かに永遠の別れであるけれど、新たな旅立ちの始まりでもある。生前、よく笑みをこぼしていた人なら尚更だ。笑って送り出したい     

そんな、日本人の死生観が詰まった、優しくも穏やかな音楽と共に流れる、本年度最高傑作と言っても過言ではない作品。『ラストゲーム 最後の早慶戦』のように、これから死地に向かう学生達の想いを強くストレートに描くのではなく、まるで母親の胎内のように、優しく包み込むような雰囲気を醸し出している作品。
女性の身体を模したチェロ、まるで母親の胎内にいるような雰囲気、雪が溶け春が芽吹く。そして、様々な人生を送り、酸いも甘いも経験し、時には苦しい人生を歩んできた様々な人達の死。この作品には、至るところに『生』と『死』が存在し、交じり合っている。


納棺師という仕事は、派手でもなく目立つものでもなく、静謐だけど地味な職業。また、非常に失礼な言い方になってしまうが、「遺体に触れる」という職業柄、敬遠されがちな職業と思われるのだろう。実際、ほんの数十年前まで、食肉用の牛や豚等の肉類の解体作業は、敬遠されている部落民で行っていたというくらいだ。「汚らわしい仕事は汚らわしい人間に」という歪んだ風潮があったのだろう。その汚らわしい人が捌いた肉を、ほくほくと口にしているくせに。
しかし、そういった仕事が無ければ、私たちは新鮮で安全な肉を口にすることは出来ない。街中の清掃員だってそう。彼らがいなければ、今頃街中はゴミ溜めだ。悪臭と害虫でウヨウヨの世界になってしまう。
そして、納棺師にも同じことが言える。作中の納棺師は、自宅で大往生した方だけが対象ではない。アパートの一室で、寂しく孤独死する人を弔うこともする。初めて納棺の仕事をする人にとってはシュールで且つ強烈な体験だろう。本木雅弘氏のちょっとコミカルめいた演技とBGMで、周囲の鑑賞者はクスクス笑っていた。でも、僕は笑えず、こう思った。「辛くて寂しい時に、一緒にいてあげられなくてごめんなさい。貴方の最期をしっかりと見届けてあげられなくてごめんなさい」と。勿論、フィクションと分かっていても。
誰の目にも留まることの無かった人にも、安らかに眠れるようにお手伝いをする。僕も納棺師のことを理解しているとは程遠い人間だが、少なくとも、穢れた仕事ではない、贖罪の為の仕事ではないことは分かる。

月日は流れ、庄内平野は冬から春へ、大雪で積もりに積もった雪は溶け、花が咲き、新緑が芽吹く。ここにも、時間の流れの尊さと同時に残酷さを表現している。たとえ今わの際でも、もう少し、その人の傍にいたい。時が止まってくれたら、という想いも虚しく、時間は移ろい過ぎていく。
幸せだった時は、もう元に戻れない。その時、この先どう生きていけばいいのか、そんなことを試す意味でも、時間は静かに淡々と流れていく。


確かに、一生のうちで人の死に目に会うのは少ないだろう。だからこそ特別なことと思われがちだ。でも、人は生きている限り、必ず死ぬ。誰一人変えることの出来ない運命の道筋。特別なことではないからこそ、せめて、笑顔で送りたい。綺麗にして送りたい。それは故人のためでもあり、残された僕達がこれから先生きるためにも必要なことだと思う。
生と死、仕事人としての誇り、時間の流れと無常。日頃忘れがちで、でも掛け替えの無いほど大切な要素が詰まった作品だと思う。

2009年2月24日 追記:

departure

-【名】
1.[具体的には] 出発
2.[通例 new~ で] (方針などの) 新発展、新しい試み 〔in, for〕
3.[具体的には] 〔常道・慣習からの〕 離脱、背反 〔from〕



『おくりびと (英題:Departures)』が、第81回 米アカデミー賞 外国語映画賞で、見事オスカーを受賞されました。本当におめでとうございます。

滝田洋二郎監督がおっしゃるように、海外から見た日本の映画というのは、まだまだ時代劇や任侠映画、アニメといったステレオタイプのイメージが強いと思います(それ自体が悪いというわけではありません)。ですが、カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を獲得した柳楽優弥君が出演した『誰も知らない (英題:Nobody knows)』も、現代の日本(の問題)を描いているように、現代日本もしくは現代日本社会をモチーフにした作品も、徐々に世界各国で評価されているように思います。

素人意見で恐縮ながらも、これからの日本映画の世界への躍進に期待したいと思います。

拍手

PR

2008/09/14 12:35 | Comments(0) | TrackBack(28) | Review - Movie

トラックバック

トラックバックURL:
2008年:日本 監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、広末涼子、吉行和子、余貴美子、笹野高史、山崎努 プロのチェリストである大悟は、所属していたオーケストラが突然解散し、妻とともに山形へと帰郷した。就職先を探していたとき「旅のお手伝い」という求人広告を見て....
mama| 2009/12/24 18:19
[おくりびと] ブログ村キーワード 評価:7.5/10点満点 2009年20本目(18作品)です。 2009年に入ってまだ2ヶ月ですが、早くも20本目に突入しました。 ちなみに、昨年の20本目は「王妃の紋章」で、観賞日は4月28日だったことを踏まえると、いかにハイペースで映画を見て..
必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!| 2009/10/21 10:16
幸いなことに両親はまだ健在なので、納棺に立ち会ったことがありません。 葬儀屋とは
はらやんの映画徒然草| 2009/10/15 21:08
TVで鑑賞―【story】楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく―     監督 : 滝田洋二郎 『バッテリー』【comment】第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞作やっと観ました〜日本の作品が栄えある賞を受賞したということで、以前から観てみたいと...
★YUKAの気ままな有閑日記★| 2009/10/06 21:45
監督:滝田洋二郎(あれ? 俺とっちゃたよ) 出演:本木雅弘(いいだしっぺ)広末涼子 山崎努(いぶし銀) 出演:余貴美子 笹野高史 峰岸徹 吉行和子 杉本哲太   「安らかな旅立ちのお手伝い」をする納棺師のお仕事を始めた 一人の男。最初は戸惑うが、徐々に充
おそらく見聞録| 2009/09/15 15:21
監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、広末涼子、杉本哲太、吉行和子、余貴美子、笹野高史、山崎努 評価:93点 いまさらながらDVD鑑賞。 泣いた。久しぶりに号泣した。 一人で見ていてほんとによかった。これが高校生の娘と一緒だったらどれほど困っていたか。 ...
デコ親父はいつも減量中| 2009/09/14 23:32
あらすじ所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だ...
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ| 2009/08/20 23:29
キレイになって、逝ってらっしゃい。
Addict allcinema 映画レビュー| 2009/06/06 14:29
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺師に焦点を当て、重くなりがちなテーマを軽快なタッチでつづる。キャストには本木雅弘、広末涼子、山崎努ら実力派がそろい、主演の本木がみせる見事な納棺技術に注目。[もっと詳しく] 「おくりびと」の原点にある青木新門の『納棺夫日記』のことなど。 「おくりびと」と...
サーカスな日々| 2009/04/05 05:27
いのち芽吹く物語。  
Akira's VOICE| 2009/03/05 17:35
職を失ったチェロ奏者の小林。 ふるさとの山形に戻ってともかくも職探し。 「旅のお手伝い」の求人広告に行って見たら・・・ 納棺師という仕事を通して、故人と遺族の心を繋ぐストレートなヒューマンドラマ。 そして主人公の失われた父親との、心の完了。(ネタバレあり) 本木雅弘が2ヶ月かけて準備したとあって、チェロの演奏、納棺師の所作が上手でした。(本物見てないけど{/ase/}) 一連の作法に則ってご遺体を綺麗にしていくのだけれど、それはまるで茶道のような無駄のない動き。 舞踊のように舞って...
のほほん映画鑑賞| 2009/03/04 11:26
◆本木雅弘さん(のつもり)本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅ればせながら劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想
yanajunのイラスト・まんが道| 2009/03/03 23:16
こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいました自分はあまり感動して泣く方ではないのですが、何でこ...
にき☆ろぐ| 2009/03/02 19:19
滝田洋二郎監督の作品って初めて観ました。 山崎務さんは本当に素敵な俳優さんですね
オヨメ千感ヤマト| 2009/02/09 17:36
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その1本目。 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、 アカデミー賞の外国語作品賞出品の日本代表作に選ばれたとか・・・ いろいろ話題になってるけど・・・
★☆ひらりん的映画ブログ☆★| 2008/11/08 02:02
▼動機 連れてってと言われたので ▼感想 美しき日本の様式美 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。 ▼コメント タイトルに込められた意味と意思。 「納棺師」ではなく「おくりびと...
新!やさぐれ日記| 2008/10/24 07:23
試写会に行く予定だったのですが 仕事が入ったので妹に行ってもらいました。 観てきた彼女は大絶賛!! じゃあ、映画館で観ておく? というわけで映画館へ。 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、 妻と共に故郷の山形に帰ってきた大悟は、 新聞で“旅のお手伝い”と書か
映画、言いたい放題!| 2008/10/23 15:46
試写会に行ってきました{/heart/} おくりびと Staff:滝田洋二郎 Cast: 本木雅弘 広末涼子 山崎努 余貴美子 杉本哲太 峰岸徹 山田辰夫 橘ユキコ 吉行和子 笹野高史 脚本は小山薫堂、音楽は久石譲という豪華ぶり。 広末涼子の大根ぶりは相変わらずでしたが 観てよかった、と思える映画でした。 チェロ奏者の大悟(本木雅弘)は、所属楽団の解散で職を失ってしまい 妻・美香(広末涼子)とともに自分の田舎に戻ることにする。 無き母の残した家で求人広告をみていると、 「年齢問わず...
HARI INI ?| 2008/10/13 22:23
私の弟は葬儀会社に勤務しておりまして、1級葬祭ディレクターという厚労省認定資格ホルダーでもあります。だからこの映画、「笑って泣ける」と大評判になる前から気になってはいたものの、なかなか観に行く時間がありませんでした。
音次郎の夏炉冬扇| 2008/10/13 11:51
「おくりびと」★★★★☆オススメ 本木雅弘 、広末涼子 、山崎努 主演 滝田洋二郎 監督、2008年、130分 高校生のときにボランティアで 老人ホームへお手伝いをしに行っていて、 誰も尋ねてこないおばあさんが急に亡くなった時、 知らせを受けて駆けつけてき...
soramove| 2008/10/02 23:23
「おくりびと」を観てきました〜♪ 楽団のチョロ奏者、小林大悟(本木雅弘)は、突然楽団が解散したことから、チェロを棄て故郷の山形に帰る決心をした。新聞で見つけた求人募集の広告を読み面接に向かった。社長の佐々木(山崎努)に即採用された大悟、仕事内容を聞くと遺体を納棺する仕事だった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、納棺師におくってもらえるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ JUGEMテーマ:父...
観たよ〜ん〜| 2008/10/02 07:10
映画「おくりびと」を観てきました。 人の死や職業観、家族を大切にする気持ちなどいろんなメッセージが詰まっていて、考えさせられつつも最後は涙があふれてきました(;θ;) こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏....
Thanksgiving Day| 2008/09/26 00:49
人はいつか死ぬ。 人を送るその姿もコレだけちがうんだなと。 ルーズソックスで旅立ってったおばあちゃんは 少女のようにかろやかなステップを踏んでるのだろうか? 5分遅刻だとカリカリしていた主が 今までで一番きれいだったと涙して頭を下げる。 納棺師は、そうやっ..
ペパーミントの魔術師| 2008/09/24 01:29
人気ブログランキングの順位は? 人は誰でも、いつか おくりびと、おくられびと。 キレイになって、 逝ってらっしゃい。
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!| 2008/09/24 00:13
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 普段、遺体を棺に納める“納棺師”という言葉すら、耳にすることは少ない。 この映画は東京で楽団解散をきっかけにチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰って来た小林大悟(本木雅弘)がある求人広告を見つけ、何が因果か再就職が納棺...
京の昼寝〜♪| 2008/09/22 21:34
☆私は、この作品を、滝田洋二郎監督や脚本家の小山薫堂が、文芸作品を狙った作品かと思っていたのだが、かなりのパーセンテージでコメディ要素があり、私は今は痛快なものを見たい気分でこの作品を避けていたのだが、意外(遺骸?)にも、その世界にすんなりと入っていけて、楽しんで見た。 多くのブロガーが、この作品を高評価としているが、私は、そんなにもてはやすつもりはない。 結局は、滝田監督の、伊丹十三作品譲りのカタログ作品でしかない。 カタログ作品(異世界紹介作品)である限りにおいては、小山薫堂も、「カノッサの屈辱...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』| 2008/09/21 18:58
 『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話題となっている”納棺師”を題材とした9/13公開のヒューマン・ド....
☆彡映画鑑賞日記☆彡| 2008/09/20 16:38
最盛期が嘘だったかのように一時期はその消息がつかめなかった広末涼子だが、最近はドラマに映画にCMにと、活動の場を広く求めているようだ。女性は離婚後に仕事に走ると島田紳助が云っていたなあ。「おくりびと」を試写会で観た。
MESCALINE DRIVE| 2008/09/19 01:37

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<[Review] イントゥ・ザ・ワイルド | HOME | [Review] ウォンテッド>>
忍者ブログ[PR]